FC2ブログ

ただの外国チームとの親善試合・練習試合のことを『テストマッチ』って呼ぶのは止めてもらえないかな? 【ファイルWo5】2010.07.05 


【ファイルWo5】2010.07.05 ただの外国チームとの親善試合・練習試合のことを『テストマッチ』って呼ぶのは止めてもらえないかな?

  いくら何でも、いい加減、気がついて欲しいんだけどね。


 ベスト16を果たし、ベスト8を目指したパラグアイ戦、残念でしたね。

 120分戦い抜いて0対0のタイスコアでした。

PK戦は運の要素が大きいので、これはしょうがありません。

 岡田監督が言っていたように、せめてもう1試合このチームで戦わせてあげたかったという思いはありましたが、グループリーグを2勝1敗、失点2に押さえ堅守で勝ち抜いたこのチームが日本サッカー史に大きな足跡を示したという事実には変わりありません。

 それにしても、日本が0-1で惜敗したオランダは、その後、ブラジルに2-1で勝利しベスト4に進出しました。

 日本が120分0-0で善戦し、PKで惜しくも敗退したパラグアイは、強豪スペインに0-1で惜敗しています。

 この事実から見ても、今回の日本代表チームは、世界のトップチームと堂々と勝負できるチームでした。本当に、スペイン戦やらせてあげたかったな・・・。

 それはともかくとして、一つ気になることがあります。

 アナウンサーが「『テストマッチ4連敗』を乗り越えて!」などという知ったかぶりの台詞を興奮して連呼していて、聞いている方が恥ずかしくなりました。

 日本代表チームが4連敗したのはワールドカップ前の海外チームとの親善試合・調整練習試合です。

 国際Aマッチとは言いながら、怪我しちゃまずい調整試合のどこが『テストマッチ』ですか?

 それから、ドイツワールドカップ直前に開催国のドイツ相手に2―2で引き分けの善戦をしたのも、単なる親善試合・調整練習試合です。

 もちろん、そういった試合が、チームのコンディションを観るのに大切な目安になるのは確かですが、はっきりいって、こんなものは『テストマッチ』と言える代物ではありません。

 これにいちいち一喜一憂して、ジーコジャパンは凄いとか、岡田監督は退陣すべきだとかいった醜態はいくらマスコミの商売とはいえ、少し恥を知った方が良いのではと思います。

 どうやら、メディアは国際親善試合・調整練習試合のことを『テストマッチ』と呼ぶと信じ込んでいるらしいのです。

 これはかなり以前から続いている愚かな珍事です。

 明らかに和製英語以前の間違いなんですけど、同じメディアが同じ英国発祥のスポーツであるラグビーの『テストマッチ』の意味はちゃんと理解しているようなので、頭が痛くなります。

 というより、メディアのラグビー担当者は、ひょっとして、労働者階級のスポーツであるサッカーを内心見下していて、この誤用を腹の中でせせら笑っているのではないでしょうか?

『テストマッチ=test match』と単なる『エキジビションゲーム=exhibition game (also known as an exhibition match, exhibition, demonstration, demo, exhibit or friendly) 』とは全く別物です。

 一応日本サッカーの定義ではキリンチャレンジカップのような国際Aマッチは『テストマッチ』のカテゴリーに入るらしいのですが、メディアは、ただの練習試合も外国チームとやれば例え相手が2軍でも『テストマッチ、テストマッチ』と『なんとかの一つ覚え』のように『テストマッチ』の大安売りです。

 挙げ句の果てには、地元の大学生チームとの練習試合も『テストマッチ』!

 そもそも、時差ボケでアウェイの対戦相手と戦うキリンチャレンジカップの勝ち負けを本気の真剣勝負と思う人はどれぐらいいるでしょう?

 あれも賞金は懸かっていますが、スポンサーの社員以外は『単なるエキジビションゲーム』と思った方が無難です。


 エキジビションゲーム(あるいは最近マスコミがよく使うフレンドリーマッチ)はどんなに真剣にやっても、所詮はエキジビションゲームに過ぎません。


『テストマッチ』でまず思い浮かべるは、同じイングランド発祥のラグビーで使われる用語で、『お互いに実力を認め合った国と国とのフル代表同士威信をかけた戦争に匹敵する国際試合の真剣勝負』のことを言います。

 ラグビーでは、『テストマッチ』こそが、最高の試合と位置づけられ、『テストマッチ』に出場できた選手は国の誇りで、テストマッチに出場した数を『キャップ数』というのです。


 だから、世界の訳の分からない有象無象(うぞうむぞう)の国が集まってワールドカップを行うという発想は、イングランド貴族のスポーツ、特にラグビーの世界では長い間、眼中にはなく、サッカーのFIFAワールドカップ2010が第19回大会なのに対し、ニュージーランドで開催される2011年ラグビーワールドカップはまだ、ようやく第7回にすぎません。(2019年第9回は日本開催)

 そもそも、イギリス、もしくはヨーロッパ貴族発祥のスポーツは、食うに困らない貴族が、名誉をかけて戦う疑似戦争、決闘なので、本来は雨が降ろうが槍が降ろうがやるのです。ラグビー、サッカー、テニス、ゴルフ等等。

 それで、どちらかというとその伝統が色濃い、ラグビーは食うに困らない貴族の名誉のアマチュアイズムが重んじられ、プロ化が遅れたのです。

 脳震盪を起こして薬缶の水をかけられて戦線復帰するのが日常茶飯事のスポーツで収支にあう試合数をこなすのはきついということもあったのでしょうが、貴族でもないプロはラグビーに専念できる反面、怪我で職を瞬時に失ってしまうリスクがあるのです。

 サッカーなら新聞紙を丸めてガムテープで止めてボールにしてもできますが、ラグビーは楕円球がないと始まりませんし、ポロに至っては、馬を持っていないことにはできません。(試合では、最低2頭以上。ポロの日本人の登録競技人口は現在なんと3人!)

 現在FIFA(国際サッカー連盟)加盟国が206カ国もあるのは、サッカーがボールさえあれば出来る庶民のスポーツだからなのですね。

 少年時代のペレがボロ切れのボールやテニスボールでサッカーの練習したなんて逸話は、ラグビーやポロなんかではあり得ません。

 お互い認め合った貴族同士という側面も、オックスフォード対ケンブリッジというような対抗戦にも現れています。

 それを日本で真似たのが早慶戦やアメリカ発祥のスポーツなのにその流れをくんだ東京6大学野球なのです。

 いくら弱くても東大は東京6大学から外してはならないのです。

 因みに、1930年に南米ウルグアイで開催された第一回サッカーワールドカップではイングランドは、はなから参加していません。

 理由は当時ヨーロッパから南米に渡るには2週間余りの船旅を要したこともあるようですが、それ以前に、『どうして南米くんだりまで行って、有象無象のチームと試合をしなければならないのか』ということだったようです。

 結局ヨーロッパではフランス、ベルギー、ユーゴスラビア、ルーマニアの4カ国が参加したにとどまり、結果は開催国で旅の疲れがなかったウルグアイが優勝しました。とほほ。


 同じくイングランド貴族のスポーツ、クリケットでも、『テストマッチ』は最も伝統・格式があり最高レベルの試合を意味します。

 因みに、サッカーで一試合に3得点を決めることを意味する『ハットトリック』も元来は『クリケット用語』で、『1つの回の中で、3球で3人の打者をアウトにすること。これを達成したボウラー(投手)には、帽子(ハット)が贈られその名誉が讃えられたこと』に由来するそうです。


 対デンマーク戦後の岡田監督がいみじくもこう発言しています

※  ※  ※

「結果として予選リーグを突破したというのはあるが、この3試合を通して、やはり世界の中でトップレベルと本当の試合をなかなかできない。

 W杯以外は親善試合しかできない。

 手探りの状況が「これぐらいでこれぐらいできる」「ここで無理するとやられる」ということを選手たちが肌で感じてつかみだしたのは非常に大きい。

 ボールをつないでいくのは得意、しかしカウンターを受ける、そのさじ加減の判断が、選手たちに出来るようになった。そこが一番大きい」

※  ※  ※

 とても的確な現状分析だと思います。

 さらに帰国後の記者会見でも、
『日本代表チームがさらに強くなるには』
 という質問に、岡田監督は

『強豪と真剣勝負をする環境をつくること』

と答えていました。


 だから、ワールドカップは日本が経験できる殆ど唯一の貴重な『テストマッチ』=『真剣勝負』の機会なのです。

 ついこの前までの酷い岡田監督叩きも忘れて、日本代表チームの実力がワールドクラスに近づいたと言って喜ぶまえに、メディアは自分のレベルの低さを自覚して欲しいものです。

 代表チームの実力をあげるより、『テストマッチ』という愚かな言葉の誤用を正すことの方が遙かに容易なのですから。

スポンサーサイト



『リスカ傷』って何? マスメディアって何考えてるの? 【ファイルWo4】2008.05.17 


【ファイルWo4】2008.05.17 『リスカ傷』って何? マスメディアって何考えてるの?
 2008.5.16 10:32 産経ニュースに

『リスカ傷「まだ残ってる」加護ちゃんが会見』

 って見出しがありました。

 一瞬、『カスリ傷』のことだって思いました。

 どうも手首を切る自殺(もしくは自傷行為)のことを『リストカット』って言って、それを最近の若い人は『リスカ』と呼ぶらしいのです。

『テレカ』や『スイカ』やあと、関西ではレモンスカッシュのことを『レスカ』って言うらしくって、そういえば、名古屋駅に『エスカ』という地下街がありました。

『リスカ』って流行なの?
 その流行語(?)をそのまま記事はおろか、見出しにしていいわけ?
 自殺という重い行為をそんなふざけた『喫茶店の名前のような』『軽い言葉』で呼んでいいの?『喫茶リスカ』ってあっても不思議じゃないもの。

 産経は、その流行を認定するのかな?そんなに若い連中に媚びたいの?
 新聞記者って、言葉のプロじゃないの?
 一体何考えてるんだろう?

 私は先日、松本人志氏がラジオで『マスコミが硫化水素の記事を載せるのは、その行為を煽っているだけだ!』って怒っていたという記事を書いたばかりです。

 これは、タレントの加護亜依さんが、香港映画撮影のため、出発前に成田空港で約2年2カ月ぶりに公の場に登場、記者会見したという記事なんですけど、この子は、度重なる喫煙が原因で所属事務所解雇になって、活動休止したんですよね。

『未成年(当時)アイドルが何度も喫煙した』っていうことが、社会的に悪影響を及ぼすっていうことで、解雇になったわけでしょ?

 それならば、アイドルの自殺未遂はもっと影響が大きいはずじゃないですか!

※  ※  ※
 大勢の報道陣を前に加護は、リストカット体験を「必要とされていないと思ったときに…。人間として最悪なことをやってしまった」と振り返り、「(傷は)まだ残ってます。もう絶対やらないと決めました」と自責の念をにじませた。
※  ※  ※

 そんなことまで大勢の報道陣を前にしゃべんなきゃなんないわけ?

 アイドルが自殺未遂したと言うことをエピソードみたいに記事にするばかりではなく、それを『リスカ』って何?

 昔、『オヤジ狩り』といった言葉が流行って、それをそのままメディアが使って、私の知っている人にも被害にあった人がいたんですけど、「じゃあ、被害者は『狩られたオヤジ』なわけ?」って、とても腹が立ちました。

 これを煽ったのも、馬鹿みたいな報道をしたメディアです。

 本当にいいかげんにして欲しいものです。

 『狩られる』べきは、こういう無責任なマスコミです。

テレビの耳障りな言葉  【ファイルWo3】2008.04.04 

【ファイルWo3】2008.04.04 テレビの耳障りな言葉

『嬉しかったです』なんて、一昔前は、成人が言ったら恥ずかしい言葉だったはずなんですけどねえ


 以前、テレビのプロ野球中継を観ていたら、女性アナウンサーが出てきて、耳障りな甲高い声で「先ほどホームランを打った高橋由伸選手にインタビューしましたら『いい場面で打てて嬉しかったです』と言っていました」だって・・・。

 高橋由伸選手って慶應義塾大学卒でしたね。慶應出て『嬉しかったです』なんて言うんだろうか?って思いました。今のご時勢なら、言うかもしれません。

『です』というのは、『だ』の丁寧語なので、

『嬉しかったです』の『です』を『だ』に換えたら、

『嬉しかっただ』になります。

 ほら!おかしいでしょ?恥ずかしいでしょ?

 普通は『嬉しかった』で止めるか、『嬉しゅうございました』『嬉しく思いました』『嬉しいことでございました』『嬉しい気持ちがしました』って言っていました。

 ところが、最近はプロのモノ書きでさえ、『嬉しかったです』『楽しかったです』『美味しかったです』と書きます。この『です』を『だ』に置き換えると、

 嬉しかったです⇒嬉しかっただ
 楽しかったです⇒楽しかっただ
 美味しかったです⇒美味しかっただ

 ということになります。

『オラは死んじまっただ~♪』という『ナンセンス・フォーク』の歴史的名曲『帰って来たヨッパライ』の歌詞みたいです。

「帰って来たヨッパライ」:ザ・フォーク・クルセダーズ(The Folk Crusaders)

 面白いから、一度聴いてね☆


『The Folk Crusaders』って、日本語にすれば『民謡十字軍』だねえ。

 カッコワル~イ!

 天才バカボンのパパは『これでいいのだ』と言っていますが、これを『です』に直すと『これでいいのです』になって、文法的に正しいのです。(『正しいです』は間違いです)

 今のアナウンサーはバカボンのパパ以上のナンセンスな日本語を使っているわけです。

 更に言うと、『楽しかったです』という言い方は、小学生の文章を真似るときに使われていました。

例えばこんな具合に・・・。

 小学生の絵日記の例



 あと、次のニュースを紹介する時に、ただ単に
『次です』って言うようになったのは何時からでしょう?

 要するに『次だ』って言っているわけなんですけど、こんな日本語あるのでしょうか?

 あと、『○○等』と言えば済むのに、『○○など~、など!』と、民謡の合いの手の『ハイ~、ハイ!』のように言うのがバカっぽくて、思わず餌をやって頭を撫でてあげたくなります。

『だらしない』ってなあに?  【ファイルWo2】2007.11.02 


【ファイルWo2】2007.11.02 『だらしない』ってなあに?

 スジャータちゃんは、庶民が好きで、よく庶民の真似をします。

 それで、最近お行儀が悪くなりました。行儀がいい庶民もいるわけですから、何か勘違いしているようです。

 今もマントルピース横のロッキングチェアで足を組んで、ふんぞり返って、ペットボトルのジュースをラッパ飲みしています。

 それはそれで、とっても可愛いのですが、シルベさんとしてはスジャータちゃんの先生の立場から注意しないわけにはいきません。

「スジャータちゃん、だらしないよ」

 シルベさんが注意すると、珍しい玩具をみつけた子供のように、スジャータちゃんの顔がぱっと輝きました。

「シルベさん、今なんていったの?」

「なんていったのじゃありません。だらしのない格好は止めなさい」

「『だらしない』ってなあに?それって庶民の言葉?」

「何言ってるんですか!『だらしない』は『だらしない』でしょ。庶民も上流階級もありません」

「口を差し挟むようですが…」

 メリーさんが割って入った。

「『だらしない』は、庶民の言葉ですらありません。下俗の言葉です。正しい日本語は『しだらがない』です」

「『しだらがない』って?」

「だからシルベさんが言っていた『だらしない』のことです。『しだらがない』を下品な人達がひっくりかえして『だらしがない』にしたのです。つまりは符牒・隠語(ふちょう・いんご)の類(たぐい)ですね」

「なんだあ。『だらしない』って下品な言葉なんだね。スジャータ、うれしいよお!庶民を通り越して下品になれるんだね。さっそく使うよお」

「スジャータお嬢様、いけません!」

 メリーさんが強い口調でたしなめた。

「えっ、本当ですか?」

「本当ですよ。だから『しだらがない』ことを、『ふしだら』というのです。『ふだらし』なんて言葉は無いでしょう?」

「そういわれてみればそうですね」

「『しだら』とは邦楽の手拍子のことで、『しだらがない』とは調子が乱れることを意味していたのでこの言葉ができたという説があります。
 また、『しだら』がインドの言葉『スートラ』から来たという説もあります。『修多羅』ですね。これは、金襴(きんらん)の立派な袈裟(けさ)に付けられる美しい飾り紐のことです。この紐がないとお袈裟をキッチリと身に着けることができません。その様子を『修多羅が無い』と言うようになったのです」

「『スートラ』って、植木等さんの『スースースーダララッタ』にも似ていますね。植木さんはご実家が、お寺だっていうことだし、歌詞は青島幸男さんだけれども・・・。
『しだら』がひっくり返ったのは、『あらたしい(新たしい)』が『あたらしい』になったのと同じですか?」

「そうです」

「だったら、『やど(宿)』を『どや』って引っ繰り返して簡易宿泊所を表現するのと同じですか?手品師や芸人が『たね』を引っ繰り返して『ねた』言うのと同じですか?ジャズマンが『ベース』を引っ繰り返して『スーベ』言うのと同じですか?ジャズマンが『ピアノ』を引っ繰り返して『ヤノピ』と言うのと同じですか?ジャズマンが『トロンボーン』を引っ繰り返して『ボントロ』と言うのと同じですか?ジャズマンが『ラッパ』を引っ繰り返して『パツラ』と言うのと同じですか?ジャズやってた芸人の『タモリ』が本名の『森田』を引っ繰り返したのと同じですか」

「わーい!シルベさんは下品な言葉を沢山知っているね!さすがは庶民だね」

「そうですよ。いまシルベさんが例示した言葉を使う人達はみんな下品で軽薄な人達でしょ?」

「メリーさん。そんな、下品で軽薄だって決め付けなくても・・・。メリーさんは固いなあ!」

「そうか、シルベさんは、下品で軽薄な庶民なんだね。シルベさんを庶民学の先生に選んだスジャータちゃんは本当に偉いねえ。えっへん!
 スジャータ、シルベさんのことをますます尊敬しちゃったよお!シルベ先生、これからもよろしくね☆」

「スジャータちゃん、そういうのは尊敬しているとは言いません!」
 シルベさんは、スジャータちゃんの先生を引き受けたことを心底後悔した。

『手持ちブタさ』ってなあに? 【ファイルWo1】2007.02.17



【ファイルWo1】2007.02.17 『手持ちブタさ』ってなあに?

 上は、『手持ち豚さん』のピコリンの図
 することが無く、退屈で退屈で、豚さんを手に持って遊んでいます。

 何時ものお店で、ランチパスタを食べ終わって優雅にコーヒーを飲んでいたら、前のテーブルに掛けていた3人連れのおばちゃんたちの一人が『手持ちブタさだから!』って言いました。

 コーヒーが口の中に無くてよかったよお!

『手持ち無沙汰(てもちぶさた)』なら、

 手持ち(てもち)=すること
 無沙汰(ぶさた)=ほおっておくこと
 だから、何もすることが無く暇を持て余して退屈なことですねえ。

『手持ちブタさ』ってどういう意味かなあ?

『ご無沙汰しています』は『ごブタさしています』っていうのかなあ?

 でも、面白いから書いちゃいました。嬉しいなっ☆
 外に出ると、こういう発見があるから楽しいなっ☆

『きらきらアフロ』で、笑福亭鶴瓶師匠と、松嶋尚美師匠が、『写真の焼き増し(やきまし)』のことを『焼き回し(やきまわし)』って思い込んでいたんだって。

 番組で、鶴瓶師匠なんか『焼いて回すんやから、焼き回しやろ!』って逆切れしていました。

『市中引き回し』みたいだねえ。『市中焼き回し』って刑があったら、恐いねえ。

 あと、『チャンピオン』のことを二人とも『チャンピョン』と言うと思っていたんだって。そういえば、『長崎チャンピョン』っていうラーメンがありましたねえ。
 あれ?『長崎チャンポン』でしたっけ・・・。

 えっ、何ですか?西出さん。

『関西では、プラスチックのことをプラッチック、カリフォルニアのことを、カルホルニアって言うねんで。ごっついやろ!』

プロフィール

眼とろん星人

Author:眼とろん星人
FC2ブログへようこそ!

年別アーカイブ一覧

訪問者カウンダ―

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR