FC2ブログ

西出さんの 幻想 【ファイルN2】2008.07.21 



【ファイルN2】2008.07.21 西出さんの 幻想


セミ

                  作  西出 満寿夫


 ある朝、私はセミの声で目がさめた。

 やけに大きい声だ。それもそのはず。セミは私の頭の中にいる。

 内耳の更に内側から、爆竹のような声で鼓膜をゆすっているのだ。

 セミは頭の中の木の枝にとまって、じゃばらの腹を震わせながら、声を限りに鳴き喚いている。

 今朝がた羽化したばかりなのだろう。白みがかったセミの下の枝には褐色の抜け殻が人間の胎児の形でしがみついている。

 私の脳から漿液を吸い取って成長したに違いない。道理で最近とみに記憶力が悪くなってきたはずだ。

 多分、私の一番貴重な時代の記憶を吸い取って、生き延びてきたに違いない。

 私の記憶の残骸が、セミの抜け殻なのだろう。

 私の小さな分身が私の頭の中の森深く分け入っていく。
 私は兼ねてからポケットに忍ばせていた折畳式の補注網を広げ、背後から忍び寄りセミを捕獲した。

 網の中に手を差し入れて掴むと、セミは破裂した水道管のようにけたたましい悲鳴を噴出させ、あたりに撒き散らした。

 私はその騒音に鼓膜を叩かれ、一瞬気が遠くなった。
 

 そして堪らず掌中のセミを握りつぶした。

 セミは一瞬の断末魔を爆発させて粉々に砕け散り、その跡にぽっかり開いた穴のような森林の静寂があたりを包み込んだ。

 破片の中から、黒い毛糸球が出てきた。

 私は毛糸の端をピンセットでつまむとゆっくりと慎重に引っ張った。

 ある程度ほどけると、糸は自然にほぐれていく。

 弾みをつけて地面に転がすと毛玉は少しずつ小さくなりながら、まるで親犬の元に駆けていく子犬のように森の小道をどんどん転がっていった。私は慌ててその後をついていく。

 突然森が途切れ、視界が広がった。

 そこには深い緑をたたえた湖があって、見ると、すっかり伸びきった糸の端が湖に浸かっていた。

 風にそよぐ見たことも無いような奇怪な枝ぶりの広葉樹の葉が私を差し招くように揺らめいていた。

 糸は水面に髪の毛のような薄い皺をかたどりながら、湖の中に曳き込まれていく。

 黒い糸は、湖の緑に染まり、空から降り注ぐ陽光を吸い込んで光りだした。

 一筋の光の糸は、深い森の大気を鋭利な刃物のように切り取った。

 私は立ちくらみがして、思わずしゃがみ込んだ。

 気を取り直して立ち上がろうとすると、帽子のようなものが、ばさりと音を立てて頭から落ちた。

 なんだか頭が軽くなって、とっても涼しくなった。

 帽子は良く見ると、眉毛の上からすっぱり切り取られた私の頭部だった。

 断面がてらてらと鮮やかな赤で光っていた。

 中には所々黒い種が入っていた。

 私の頭はスイカだった。

 私は喉が渇いていたので、それを貪り食った。

 豊かな果汁が私の喉から胸元に筋を引いて滴り落ちた。
 
 とても美味しいスイカだった。

 喉の渇きが癒え、私は何故かとても愉快な気持ちがして、スイカの皮の帽子を被り直し、大きな声で笑い出した。

スポンサーサイト



西出さんの童話 かちかち山 【ファイルN1】2008.01.16 


【ファイルN1】2008.01.16 西出さんの童話 かちかち山

 僕は、かちかち山の話を最初から最後まで通して真面目に聞いたことがない。
どういう童話だったか、断片的にしかしらないのだ。
しかしながら今更絵本を探して読むのも面倒だ。
ということで、僕の記憶にある断片を、僕のでっちあげたストーリーで適当に再構成してみよう。
創作の訓練にもなるし。

 かちかちやま(西出 満寿男 改訂版)

 むかしむかし、かちかちやまという、かちかちいうお山がありました。
そこにはうさぎさんとたぬきさんが住んでいました。
うさぎさんとたぬきさんは大の仲良しなのですが、少々困った問題があります。
 うさぎさんがいじわるで、たぬきさんはお人よしなのです。
 よく世間では、すっとぼけている振りをしているくせに、裏では権謀術数を張り巡らせている人をたぬきといいます。
 しかし、かちかちやまのたぬきさんは、げんこつやまのたぬきさん同様本物のお人よしなのです。あれ、この場合、『おたぬきよし』というのが正しいのでしょうか。
 童話というのは、どうぶつを擬人化することでなりたつので、やはり『お人よし』が正解なのでしょう。
 もっとも、かちかちやまのたぬきさんは、げんこつやまのたぬきさんほど、マザコンではありませんけどね。

 かちかちやまのたぬきさんには、親友がいます。彼の名前は、みどりのたぬきさんといいます。みどりのたぬきさんは、毎朝、はやおきをして、横断歩道で子供の安全なおうだんを確保します。
 そして、あかいきつねさんとはライバル関係にあります。

 ところで、花のお江戸では、天かすの乗ったうどんを『たぬきうどん』、天かすの乗ったそばを『たぬきそば』といいます。
 天かすは、天麩羅のタネ(具)を抜いているから、『タネ抜き』で『たぬき』です。
 そして、お揚げの乗ったうどんを、『きつねうどん』。お揚げの乗ったそばを、『きつねそば』といいます。

 一方、上方では、天かすの乗ったうどん・そばには特に名前はついていません。すうどんや、かけそばにサービスで天かすを乗っけてくれることさえあります。

 そして、お揚げの乗ったうどんを、『きつね』、『きつねうどん』。『けつねうろん』、または『しのだ』といいます。これは、信太(しのだ)の森の葛の葉狐(くずのはぎつね)に由来します。葛の葉狐は、陰陽師の安倍清明の母親ともいわれていますね。

 恋しくば 訪ね来てみよ 和泉なる 信太の森の うらみ葛の葉

 という歌をみなさん、聞いたことがあるでしょう。無い人は、この機会におぼえましょうね。

 一方、お揚げの乗ったそばを、『たぬき』といいます。このばあい単に『たぬき』言いますよ。『たぬきそば』とは絶対言いませんよ。気をつけてね。ここ試験に出るよ。

 ややこしいので、旅に出たときは注意しようね。
なにしろ、そばあれるぎーの江戸っ子が、上方で、『たぬきうどん』のつもりで、『たぬき』を頼んだらたいへんですからね。
『たぬきうどん』と注文しても、全く言葉が通じないか、当然のように、揚げののった、おそばがでてきますよ。

 僕なんか、一度上方で、『きつねそば』くださいと言ったら、お店の人は混乱して5分ほど固まっていましたから。彼にとって、『きつね』は『うどん』に決まっているんですね。これを『きつねそば』と言われても、困ってしまいますものね。

 閑話休題(それはさておき)。

 あるひ、うさぎさんは、たぬきさんに、とっても素敵な提案をしました。
明日、湖にクルージングにでかけようよ。
 でも、ぼくクルーザーなんてもっていないよ。
 そんなことぼくに任せなよ。用意するから。
 細工は隆隆仕上げをごろうじろってね。大船に乗ったつもりで、ぜひ安心してくれたまえ。
 大船って、いったいどれぐらいの大きさの船だい。
 そりゃあ、タイタニック号ぐらいの巨大豪華客船だよ。
 たぬきさんは、不思議な胸騒ぎがしました。

 あくるひ二人が湖畔にいってみると、ボートが2艘並んでいます。
 たぬきさんは言いました。これクルーザーじゃないよ、ボートだよ。
 ごめんごめん。クルーザーが調達できなかったんだ。そのかわり2艘あるから、これで舟遊びとしゃれこもうじゃないか。
 そりゃあ豪気な話だね。

 一艘は木のボートで、もう一艘はどろのボートです。
 うさぎさんはいいました。
 あっちのは、木のボートで、オールでこがなきゃだめだ。そして、こっちのボートは、粘土、すなわちセラミックでできた最新式だ。船外機もついているから、漕がなくていいよ。
 たぬきさんは、最新式のに乗りなよ。ぼくは木のボートで十分さ。

 わるいねえ。うさぎさんは、いい人だねえ。じゃあお言葉にあまえるとしよう。

 友達ならあたりまえさ。

 そう言いながら、うさぎさんはたぬきさんにヘッドロックを掛け、たぬきさんのあたまのてっぺんに、げんこつをぐりぐりとねじ込みました。

 うさぎさん、やめておくれよ。ぼくはげんこつやまのたぬきさんじゃないよ。痛いじゃないか。

 かわいそうに、たぬきさんの頭のてっぺんにはおおきなおおきな『じゃりっぱげ』ができました。

 ぶうぶういいながら、たぬきさんがボートに乗り込むと、うさぎさんがスターターを引きました。勢いよくエンジンがかかりました。

 ボートは、ずんずん岸をはなれていきます。
 案の定、ボートは水を含んで溶けだし、ぶくぶくと沈みはじめました。

 うさぎさんは、くわえ煙草で目を細めながら、そのようすを楽しそうに眺めると、のんびりとボートを漕ぎ寄せました。

 そして、たぬきさんがおぼれる寸前を見計らってオールをさしのべ、助けました。

 これでぼくは君の命の恩人だ。ぼくは君の『いのちの父B』だ。

 だからこれから家来になるんだよ。それが、ものの道理というものだよ。自然の摂理というものだねえ。

 次の日、うさぎさんは、早速家来の『たぬき』に用事を言いつけました。

 たぬき君、君は僕の家来だから、さっそく、そこの『まき』を運んでくれたまえ。

 へえ、実はぼくは、二宮金次郎さんに憧れていたんだ。うれしいなあ。

 じゃあ、僕が背負わせてあげよう。これはスペイン製の高級な『まき』でね、『カルメン・マキ』というんだ。

 そう言ってから、うさぎさんは、たぬきさんに『カルメン・マキ』をしょわせ、火打石を元気よく打ち鳴らしました。

 なんだか、背中でかちかちいうね。
 そりゃあそうだよ。ここはかちかちやまだもん。
 でも、今は、ぼーぼーいっているね。
 そりゃあ、なんだあ。かちかちやまは別名ぼーぼーやまともいうんだよ。
 へえ、うさぎさんは物知りなんだね。『物知り館(やかた)』なんだね。

 その言葉が言い終わらぬうちに、たぬきさんは、突然、『あちょー』と叫びながら、全力疾走で駆け出しました。

 世界新記録です。

 この事態を重く見た世界陸連は、短距離走において『火のついたまきを背負って走ると失格になる』というルールを作りました。中・長距離走において、そのルールが適応除外になったのは、それだけの距離を走る前に焼死するとことが実験で証明されたからです。

 うさぎさんは、火をついたまきを下ろせば簡単なのに、どうして背負ったまま走るのだろう。たぬきさんのすることは理解できないなあと頭を掻きました。

 たぬきさんの背中が火脹れになって、焼け爛れました。

 うさぎさんは、親切にたぬきさんを介抱しました。
 そして、いいお薬があるよといいながら、薬を患部に擦り込みました。

 すると、たぬきさんは、また、先程のように、まるで背中に火がついたかのように駆け出しました。
 あれっ。まちがえた。これくすりじゃなかった。からしだよ。
 ひどいなあ、たぬきさん。
 ごめんごめん。それじゃあ、からしを水風呂で落としなよ。

 しんせつどうもありがとう。でも、『ともだちなら当たり前』は、もうしないでおくれよ。

 いやだなあ、たぬきさん。僕は同じ手は使わないよ。きみの頭にハゲを作ると言う当初の目的はすでに達成したからね。

 そういうとうさぎさんは、なべに蓋をし、南京錠を掛けました。
 
 うさぎさんはせっせせっせと、どんどんどんどんまきをくべ、なべを紅蓮(ぐれん)の炎がつつみました。

 しばらくたつと、なべがぐらぐらとにえ、そのうち、とてもおいしそうな匂いが漂ってきました。うさぎさんは、にこにこと舌なめずりをしました。

 おいしいおいしいたぬきなべができました。うさぎさんはかちかちやまのみんなに、なべをふるまいました。みんなあまりのおいしさに大喜びです。

 みんな、かっぽんかっぽんと舌鼓、腹鼓を打ちました。それに味をしめたうさぎさんは、たぬきなべのお店を開業しました。

 みどりのたぬきさんもげんこつやまのたぬきさんも、いつの間にか行方しれずになりました。

 うさぎさんの開店した、たぬきなべ屋はたいそう流行って、一大チェーン店になりました。うさぎさんは、ライセンス料で思う存分、おなかいっぱい私腹を肥やしました。

 大金持ちになった、うさぎさんは、遊びほうけて暮らせる結構な身分になりました。本当にうらやましい限りです。

 でもねえ、いくら金持ちでも、娯楽施設に乏しいかちかちやまでは、お金の使いようがありませんよ。

 あまりにたいくつなので、うさぎさんは『なにか面白いことは無いかなあ』と鵜の目鷹の目で来る日も来る日も、日がな一日、きょろきょろと当たりを見回して暮らしていたのでした。
 いや、うさぎさんだから、『兎』の目鷹の目が正しいのかなあ。

 そこに、お誂え向きに、かめさんが通りがかりました。
さて、ひまつぶしに、かめさんと競争でもをするか。
 うさぎさんは、あくびをしながら、伸びをすると、ニンマリとほくそ笑みました。
 すたーたーはかえるさんです。

 ぴすとるが、ぱーんとなりました。
 青い空に鮮やかな白煙がまいあがりました。

 競争がはじまりました。

 めでたしめでたし。

プロフィール

眼とろん星人

Author:眼とろん星人
FC2ブログへようこそ!

年別アーカイブ一覧

訪問者カウンダ―

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR