FC2ブログ

京都祇園祭に行ってきたよ。その23(木賊山、孟宗山、占出山、鶏鉾) 【ファイルT32】2008.02.29 

【ファイルT32】2008.02.29 京都祇園祭に行ってきたよ。その23(木賊山、孟宗山、占出山、鶏鉾)

木賊山、孟宗山、占出山、鶏鉾の巡行風景


 祇園祭について最初から読まれる方はこちら。

 今回は、
10木賊山(とくさやま:仏光寺通西洞院西入)
11孟宗山(もうそうやま:烏丸通四条上ル)
12占出山(うらでやま:錦小路通室町東入)
13鶏鉾(にわとりほこ: 室町通四条下ル)
 です。


10木賊山(とくさやま:仏光寺通西洞院西入)

 世阿弥作の謡曲『木賊』を題材にした山です。

 父と別れた松若(まつわか)は、都の僧に伴われて父を探しに故郷信濃に下り、国伏屋の里(園原?)で木賊(とくさ=砥草とくさの意)を刈る老人に会います。老翁ははぐれたわが子と巡り会うため宿を作り、旅人を集めているといい、わが子が好きだった小謡曲舞(こうたくせまい)を舞います。この老翁こそ松若の父だったという話です。

 頭は春日(かすが)仏師の作と伝えられます。春日仏師というのは、奈良仏師の流派をさすもので、特定の人物名ではありません。桃山時代の作とされています。





 前懸は『唐人交易(とうじんこうえき)図』綴織(つづれおり)です。






 胴縣は飲中八仙(いんちゅうはっせん)図です。





11孟宗山(もうそうやま:烏丸通四条上ル)

 孝子説話集『二十四孝』に載る孟宗に取材した山です。

 孟宗は三国時代の人で、年老いて病に苦しむ母が筍を食べたがったため、厳冬の雪中をさまよい、ついに掘り当てて持ち帰り食べさせると病が治ったという話です。

 落語で、『孝行の話はいいけど、唐の国の親というのは、あれが食いたいこれが食いたいって、食い意地がはってわがままだなあ!』って話が出てきます。

 応仁の乱以前から名前が載る由緒ある山で、別名を笋(たけのこ)山ともいいます。

 ちなみに、京都人にとって、『この前の戦争』というのは『応仁の乱』のことを指したりします、

 なお、笋(たけのこ)山を出す、中京区烏丸通(なかぎょうくからすまどおり⇒『とりまる』じゃないよ!)四条上ル笋町(しじょうあがるたけかんなちょう)は、京都の中心地ともいうべき烏丸四条の北、錦市場までの間にあるオフィス街で、ほとんどがビルとなり居住する人が極端に少ないため、人材確保や運営に多大な苦労をされているそうです。

 本当にがんばってほしいものですね。

 前懸は『紺地五爪群龍図』で『蝦夷錦(えぞにしき)』と称されます。その上の水引は群鳥が飛翔する図柄で最近復元新調したものです。





 雪まみれで筍をもってるのは分かるんだけど、雨よけのビニールが邪魔だねえ。




 
 胴縣は『仙境山水人物図』綴錦。仙境に寒山拾得(かんざんじっとく)や虎渓三笑(こけいさんしょう)、西王母(せいおうぼ)などの禅画主題、仙人などを点景として配しています。文化5年(1808)新調。





 

12 占出山(うらでやま:錦小路通室町東入)

 
『日本書紀』によると、三韓征伐(さんかんせいばつ)に先立ち、神功皇后が肥前松浦の玉島川の岩上から釣り糸を垂れ、戦勝ならば魚を、と祈願したところ、細鱗の魚が釣れたということです。

 皇后は喜び『珍しい魚』といったため、この地を『めずら』と名づけ、後に『松浦(まつら)』)としたといいます。

 魚を釣って占ったため、これ以後鮎の字をこの魚に宛て、『あゆ』と読むことになったということです。

 なお、CHINAでは『鮎』は鯰(なまず)を意味するそうです。
 
 山の名前は、昔は『あいわい山』『鮎祝山』などと呼ばれていましたが、江戸初期に『占出山』とされたと伝わります。

『鮎釣山(あゆつりやま)』とも呼ばれます。

 船鉾とともに、神功皇后の三韓征伐に取材した山で、ともに安産守護の腹帯を授与します。

 安産守護の霊験により、女院や公家の姫君から安全御礼として奉納された衣装が多く、宝永5年(1708)のものを始め数多くの衣装が保存されており、衣装もちの占出山と知られています。

 三韓征伐については、他に船鉾の記事で書いたのでご参照ください。


 また、長くなったので、別項を設けました。

 よろしければ、こちらもご参照ください。


 神功皇后の三韓征伐は、日本を代表する京都祇園祭で、これほどまでに重要な位置を占める『物語り』であるにも関わらず(32分の2)、どうして徹底的に抹殺されようとしているのか、私には全く理解ができません。

 日本では安産・鮎=神功皇后の三韓征伐といった常識があったのですが、今の価値観で、もって過去を裁き、差別だ侵略だと伝統・習俗そのものの由来を抹殺するのは、文化に対する侮辱であり冒涜です。

 神功皇后像は木芯の竹籠を被せて衣装を着け、頭(かしら)部は簡単な顔をつけた木芯に神面をつけます。下着の上に安産祈願の晒木綿(さらしもめん)腹帯を巻いて形を整え着付けをしますが、着付けについては神性を保つために公開しません。




 
 前懸は、日本三景の『宮島』綴織です。生駒兵部(いこまひょうぶ)作。平成3年新調。




 
 胴縣は、日本三景の『松島(昭和60年)』と『天橋立(昭和62年)』綴織です。紋屋次郎兵衛(もんやじろべえ)作。写真は天橋立かな?





 見送は、『双龍宝尽額牡丹鳳凰文図』綴織です。





13 鶏鉾(にわとりほこ: 室町通四条下ル)


 『諫鼓』に取材した鉾です。

 三皇五帝の堯(ぎょう)の時代に天下が大いに治まり、政治に不満がある時叩かせたという太鼓に、訴え出るものがいなかったため太鼓の中に鶏が巣を作ったというお話です。

 他方、天岩戸における永世(とこよ)の長啼鳥(ながなきどり)に因むという説もあります。保存会は、こちらの説をとっているそうです。

 稚児人形は、文久3年(1863)の製作。作者は山口源ノ光好(みなもとのみつよし)だが、名前はついていません。幕末の人形らしく面長で大人びた感じ。口をやや開き、はを見せるのが特徴。雄鶏を中央に据えた天冠を戴き、胸に鞨鼓(かっこ)をつけ、両手にばちを持っています。衣装は狩衣(かりぎぬ)に振る袖、袴を着けています。





 前懸は18世紀初頭、ペルシャサザビー朝の花唐草段通。ヘラット絨毯と称されています。





 迫力のある辻廻し





 胴縣は昭和55年に住吉明神ゆかりの清水寺絵馬に描かれた『御朱印角倉(すみのくら)船図』刺繍を新調。











 見送は、飾毛綴織(かざりけつづれおり)。ベルギー製で、重要文化財。鯉山の見送りとセットになっています。もとは4枚セットと思われ、東京の前田育徳会が完全なものを所蔵しています。

 さらに明治2年に消失まししたが、東京芝の増上寺本尊内陣背後に掛けられていたものは、一連の中心になるもっとも大きなものであったことが判明しているそうです。

 伝来は不明。図柄は叙事詩『イーリアス』より『出陣するヘクトールと妻子の別れ』の場面を描いたものです。育徳会所蔵のものを実見し、絹部に残っていた色を元に近年復元新調されました。





 ということで、次回も巡行の記事です。



 次回はこちら。

スポンサーサイト



日本を代表する祭りである京都祇園祭の『船鉾』『占出山』の由来である神功皇后の三韓征伐の話って、どうしてタブーなのさ!(祇園祭22の2) 【ファイルH13】2008.02.29 


【ファイルH13】2008.02.29 日本を代表する祭りである京都祇園祭の『船鉾』『占出山』の由来である神功皇后の三韓征伐の話って、どうしてタブーなのさ!(祇園祭22の2)

 
(祇園祭22その1)を読まれる方はこちら。

http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/40694521.html

祇園祭について最初から読まれる方はこちら。

http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/34800676.html

 そんなことを書いていたら、なんと!

 1976年から考古学会等は、宮内庁が管理する古代の天皇等の墓「陵墓」についての立ち入り調査を要求しいたのですが、2008年2月22日、日本考古学協会など考古・歴史学の16学会は22日、宮内庁が管理する古代の天皇らの墓「陵墓」についての立ち入り調査を、奈良市の神功(じんぐう)皇后陵(五社神(ごさし)古墳、4世紀後半~5世紀初め)で初めて実施しました。(←これは読売新聞HPを参照したのですが、再度アクセスしたら、この記事は削除されていました。本当にこの手の問題はきな臭いのです)

 この人たちって、『三韓征伐』を歴史から抹殺したがっている人たちじゃないの?どうして神功皇后稜から調査するのかな?やることが露骨だねえ。


『三韓征伐』って、古事記・日本書紀だけじゃなくて、好太王(満州に起こった高句麗の王)の碑文にも載っています。

『百済と新羅は元来、属国であった。それで昔から朝貢していた。しかるに倭人が辛卯の年(391年)海を渡ってやってきて、百済や□□や新羅を破って自分の臣民にしてしまった』

 更に400年には、好太王は新羅に協力して日本を破り、遠く任那(みなま)加羅(から)まで進撃しました。この時は加羅の兵は日本軍とともに戦いました。このときに敗れた日本軍は、404年には北進して高句麗に攻め入り平壤近くまで進出したそうです。

 広開土王碑(こうかいどおうひ)=好太王碑(こうたいおうひ)の記述については、在日朝鮮人の歴史学者李進熙や、北朝鮮の学者から、日本軍による改竄・捏造説っていう無茶苦茶なでっちあげがあって、日教組の教師も、それに便乗して、教育現場で生徒をそう洗脳していました。

 ところが、2006年4月に中華人民共和国の社会科学院の徐建新により、1881年に作成された現存最古の拓本と1884年に大日本帝国陸軍砲兵大尉の酒匂景信が参謀本部に持ち帰って解読した、いわゆる酒匂本とが完全に一致していることが発表されて、旧日本陸軍による改竄・捏造説が成立しないことが確定したんだけどねえ。

 日本の考古学界っていうのは、石器を古い地層に入れて歴史を改ざんしたり、杜撰な調査で高松塚古墳の壁画に対して、取り返しのつかない汚損をした人たちだよね。こんな人たちに調査させて大丈夫かな?

『陵墓』はすでに王朝が絶えたエジプトのピラミッドと根本的に異なります。現在も存在する皇室のお墓で、現在も日本人の崇敬の対象なのです。

『あくまで墳丘への立ち入りが目的で、発掘までは望んでいない。遺跡発掘の多くは、開発に伴って消滅してしまう遺跡が対象。陵墓については将来も宮内庁によって守られるため発掘する緊急性はない。発掘調査は国民的合意が必要で、国民の気持ちを無視して調査したいとは思わない。(今尾文昭・奈良県立橿原考古学研究所総括研究員談:産経新聞HP2008.2.21 01:15より)』

 っていうことだそうです。今回の調査は、3時間の予定で発掘や実測はできないということですが、既成事実を作ってこのままなし崩しに調査が進むのではないかと言う懸念の声もあるようです。

 先述の今尾文昭括研究員によると、『神功皇后は第14代仲哀天皇の后で、新羅征討で知られるが、実在しなかったとの説も強い』っていうことですが、それなら、一般的な祇園祭の説明の叙述で、『三韓征伐』どころか『新羅征討』という言葉すら狩られ、『外征』『遠征』と書き換えられるのはまだましな方で、それ以外の場では神功皇后や三韓征伐に触れること自体がタブー視される風潮について学問的にどう思われるか、お聞きしたいものです。

 戦後の歴史家が応神天皇以前の天皇の名前をあげたがらないのは、このタブーゆえでしょう?

 日本語もしょっちゅう読み間違えるくせに、どういうわけか漢字の朝鮮語読みがスラスラできる日本のアナウンサーに『神功皇后』が正しく読めるか調査したらいかが?

 私は頭が悪いので『城南一和=そんなむいるふぁ』なんてとても読めませんでした。

 これは「統一協会」(統一教会)系企業、「一和」(イルファ)をスポンサーとする韓国・城南市のサッカークラブチームらしいのですが、どうして日本のマスコミは漢字の日本語読みも怪しくなった日本人に漢字の朝鮮語読みを強要するのか理解できません。

【広辞苑第五版】
じんぐう‐こうごう【神功皇后】‥クワウ‥
 仲哀天皇の皇后。名は息長足媛おきながたらしひめ。開化天皇第5世の孫、息長宿禰王の女むすめ。天皇とともに熊襲くまそ征服に向い、天皇香椎宮に崩御の後、新羅しらぎを攻略して凱旋し、誉田別皇子ほむたわけのみこ(応神天皇)を筑紫で出産、摂政70年にして崩。(記紀伝承による)

 御懐妊中に出陣なさって勝利し、無事出産されたから、安産の神様なのですね。

 対馬の和珥津(わにのつ)に立ち寄り、そこから順風に恵まれ、新羅に押し渡りました。
 新羅王は大いに恐れて戦わずして、素旆(しらはた)を掲げて降伏しました。新羅王はその時、神功皇后に向かってこう誓いました。

『これより自分は御馬甘(みまかい=飼部=みうまかい=御馬飼)になって毎年春秋二度、馬梳(うまぐし)と馬鞭(うまのむち)を献納します。また、毎年、男女たちを調(みつぎ)として(労働力として)送りとどけます。東から出る太陽が西から出、阿利那礼(ありなれ)河が川上に流れ、川の石が天に昇って星になるようなことがない限り、この献納物を怠ることはございません』

 そこで神功皇后は、墨江大神(すみのえおおかみ)の荒御霊(あらみたま)をそこに祀り鎮めました。新羅王波沙寐錦(はさむきん)は、微叱己智波珍干岐(みしこちはちんかんき)を人質として出したほか、金銀や錦を八十艘(そう)分も提供したといいます。

 新羅が簡単に降参したことを聞いて、隣国の高麗(こま)と百済(くだら)の王たちは、自ら日本軍の人にやってきて、今後日本に貢(みつぎもの)を奉ることを叩頭(こうとう=頭を地につけて拝礼すること)して約束したわけです。神功皇后はその両国を内宮家(うつみやけ)としました。これがいわゆる三韓です。

『古事記』は百済を渡屯家(けたのみやけ)としたと書いていますが、高麗の国には触れていません。

 私は、今の歴史学者やメディア・教育者に対して、歴史に対する探究心よりもイデオロギーが優先するのではないかという不信感を拭いがたく持っています。少しでも神功皇后や三韓征伐を否定する要素が出てきたら、『日本軍による改竄・捏造説』の時のように、大騒ぎしたいというのが本音じゃないかって勘繰ってしまうのです。

 大体、左翼の人たちは、三韓征伐は朝鮮の植民地化(真実は両国の条約に基づく併合)を正当化するために日本軍部がフレームアップしたといちゃもんをつけますが、そうでないことは、祇園祭を見れば分かります。

『船鉾』(神功皇后の三韓征伐出陣の船)=御神体に元和2年(1616年)の銘あり
『占出山』(神功皇后が三韓征伐出陣の際、勝敗を占った故事による山)=天明8年(1788年)の大火で焼け残ったということは、それ以前から存在していた。

 また、現在休み鉾(大火や兵乱などで中断して復興していない鉾)に『大船鉾』があります。祇園祭=日本の文化にしめる神功皇后の三韓征伐の重要さがわかります。

『大船鉾』(神功皇后の三韓征伐凱旋の船)=元治の兵乱(1864年、蛤御門の変)で焼失。


 神功皇后という軍務と出産とを両立させた勇壮なスーパーヒロインが活躍する歴史物語を日本人がずっと支持してきたという伝統をどうしてタブー視し、断絶させなければならないのか私には理解できません。神功皇后が、ずっと庶民から皇室まで武運長久と安産の神様として、愛され、信仰されてきたことをどう考えているのでしょう?

 CHINAでは女性を家庭に閉じ込める愛玩物とみなし、纏足(てんそく)という野蛮な風習を押し付けて奇形した子供の大きさのままの足でヨチヨチチョコマカ歩かせていたことを考えれば、誇るべきことだと思いますがねえ。日本では宦官と並ぶ、この愚かな風習を取り入れませんでした。纏足で走行不能となったことで、災害時には男性より死亡率が高く、また早くに夫をなくし困難の中で子育てに励む母親の苦労は大変なものだったといいます。

『孝経(こうきょう)』には、『身体髪膚((しんたいはつぷ))これを父母(ふぼ)に受く、あえて毀傷(きしよう)せざるは孝(こう)の始(はじめ)なり』=という言葉があって、親からもらった体は傷つけてはなりません。忠と孝を重んずる儒教国家はこれを守らねばならないのですが、CHINAは纏足をするし、韓国では美容整形が大流行で、親が元の顔だと娘の整形がばれるので、母・娘で整形手術をするそうです。

 ところで、この纏足。台湾では日本統治時代初期に台湾総督府が辮髪・アヘンとならぶ台湾の悪習であると位置づけ、追放運動を行ったおかげで廃れたのですが、大陸では、1949年の中華人民共和国の建国後、さらには1960年代後半から1970年代前半まで続いた、文化大革命で反革命的行為と見なされるまで、完全にはなくならなかったそうです。


 科学的調査っていう前に、国民にちゃんとした歴史文化を教える義務があるでしょうに!

 何が、隣国との共通の歴史認識ですか?歴史なんて、国内でも説が別れて当然なのに、共通認識を定めるっていったら、政治以外ないでしょう!

 この人たちは、学問を政治に売り渡すつもりなのでしょうかね?よくこんな馬鹿げたことを批判できずにいられますね。本当にこの人たちは学者なんでしょうか?


 次回に続きます

 次回はこちら。

http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/40695066.html

日本を代表する祭りである京都祇園祭の『船鉾』『占出山』の由来である神功皇后の三韓征伐の話って、どうしてタブーなのさ!(祇園祭22の1) 【ファイルH12】2008.02.29 


【ファイルH12】2008.02.29 日本を代表する祭りである京都祇園祭の『船鉾』『占出山』の由来である神功皇后の三韓征伐の話って、どうしてタブーなのさ!(祇園祭22の1)

 祇園祭について最初から読まれる方はこちら。

http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/34800676.html

日本っておかしな国だね。

 神功皇后の三韓征伐は、日本を代表する京都祇園祭で、『船鉾』『占出山』と、これほどまでに重要な位置を占める『物語り』であるにも関わらず(32分の2)、どうして徹底的に抹殺されようとしているのか、私には全く理解ができません。

 それから、休み鉾の『大船鉾』も神功皇后の三韓征伐に由来するのです。


 日本では武運長久、安産・鮎=神功皇后の三韓征伐といった常識があったのですが、今の価値観で、もって過去を裁き、差別だ侵略だと伝統・習俗そのものの由来を抹殺するのは、文化に対する侮辱であり冒涜です。


 歴史的名称も侵略を正当化する差別語だから狩れというのかな?

 それなら志賀島の金印には『漢委奴國王』と刻まれていますが、これは決して、『漢の委の奴の國王(かんのわのなこくおう)』ではありません。

『漢の委奴國王(かんのわどこくおう)』と読むのが正しいのです。『匈奴(きょうど)』という国がありましたが、これは決して『きょうのなのくに』ではないでしょう。

 それから、倭は『狗奴国(くなこく)』と戦ったそうですが、『漢委奴國王』が『かんのわのなこくおう』なら、『狗奴国』は『くのなこく』と読まなければおかしいでしょう。

『狗奴国』って本当は『くどこく』でしょう?

 常識で考えたらわかります。

 CHINAの国名は、一文字で表記されています。

 殷、周、秦、漢、魏、蜀、呉、晋、隋、唐、宋、元、明、清…

 これに対し、周辺の夷狄国は、二文字または三文字で表記されました。

 匈奴、東胡、烏桓、靺鞨、鮮卑、拓跋、高句麗、新羅、高麗、渤海、突厥、吐蕃、委奴…

 いずれも、動物や昆虫などの名前をつけて、馬鹿にして呼んだ名前です。

『蒙古(無知で愚鈍)』『匈奴(不吉な下郎)』『烏孫(カラスの末裔)』『穢貊(汚いイタチ)』『靺鞨(サソリのような奴)』

『倭奴(わど)』というのは『首の曲がった劣ったちびの奴隷』という意味です。

 その証拠に韓国・朝鮮人はいまだに、普段から日本人のことを『倭奴(ウェノム=わど)』という差別語を日常生活で堂々と使っていて、その言葉を使ったからといって、同国人はおろか日本人からも糾弾されることは決してありません。

 ところが、日本では例えば、『バカチョンカメラ』は韓国・朝鮮人とは全く無関係な言葉にかかわらず、彼らに対する差別語として狩られます。嘘をついてまで差別語をでっちあげて糾弾するのです。

 それから、『狗』ってイヌのことです。『狗奴国』は『犬の奴隷の国』です。

 左翼の人なんかは『国家独裁資本主義の走狗(そうく=敵の手先のこと)』なんて言い回しをします。

『首の曲がった劣ったちびの奴隷』と『犬の奴隷』が戦ったんですね。それにしても、日本の歴史学者って、自国の古事記や日本書紀より、自国が『宇宙の支配者』で、自分以外は化け物・奴隷だと思っている国の人たちの書いた、日本の部族を『首の曲がった劣ったちびの奴隷』や『犬の奴隷』呼ばわりした歴史書を信用するんですね。本当におかしな人たちです。

『漢委奴國王』という言葉の持つ明白な差別性を、嘘をついてまで隠蔽し、かばいたてしようとしている一方で、『三韓征伐』という歴史的呼称と神功皇后を歴史から抹殺しようとする人間の精神構造が全く理解できません。

 現在、中華人民共和国は、こういう差別意識・中華意識でもって、チベット、ウイグル、満州をはじめとした他民族を滅ぼそうとしてるというのにです。


『三韓征伐』という言葉を狩るのなら、明白な差別語である『漢委奴國王』という金印を溶かして言葉も史実も完全に抹殺すべきです。

 それ以前に、アメリカという侵略に建国起源を持つ国家の存在そのものを抹殺すべきではないですか。アメリカという国名自体、イタリアの侵略者『アメリゴ=ヴェスプッチ』の名に因んだもので、ネイティヴアメリカンにとっては侵略・虐殺の記憶を想起させる差別語じゃないですか。私はそれらの語を狩ることに対して強く反対するものですが、日本の学者・メディアの自虐売国思考というのはいったいどうなっているのでしょう。アメリカが白人の国で、日本人が黄色人種だからいけないのでしょうか?

 それは、大東亜戦争前の欧米列強の有色人種差別のメンタリティーと同じじゃないですか。

 私は、こういう反日自虐報道に都合の悪い問題を抱えているため、メディアは日本の祭りのルーツであるこんなすばらしい祇園祭についてきちんと報道しないのではないかと勘ぐってしまいます。

 私は、『漢委奴國王(かんのわどこくおう)』も、『三韓征伐』も、『アメリカ』も歴史的呼称・事実である以上、狩るべきではないと思います。

(その2に続く)

http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/40694580.html

コツメカワウソさんも可愛いよ! ファイルC38】2008.02.26 

【ファイルC38】2008.02.26 コツメカワウソさんも可愛いよ!

とっても愛嬌があるねえ。

 
 コツメカワウソさんは、インドネシア、中華人民共和国南部、インド南部、フィリピン、東南アジアなどのマングローブの沼地や淡水の湿地帯、河の河口付近などに生息しています。

 一番小さなカワウソさんだそうです。

『天才!志村どうぶつ園』の青木さやかさんのコーナーに、コツメカワウソの赤ちゃんが出ていました。赤ちゃんも可愛いけど、成長しても可愛いよ。
 
 大阪海遊館で海君を撮ったとき、コツメカワウソさんを結構な枚数撮ったのですが、遠い上に動きが早すぎてぶれて旨く撮れませんでした。

 辛うじて撮れた写真がこれです。

 足には小さな爪と水かきを持っています。





 大勢でじゃれっこして、とっても可愛かったよ。





 神戸市立王子動物園では、コアラさんちの近くに住んでいて、やっぱりちょこまか動くんだけど、日照があって、立ち止まってポーズをとってくれたので、こちらを紹介します。

 水族館でも、動物園でも会えるのは、嬉しいね☆

 さっそく来てくれたコツメカワウソさん。こんにちは。
 




 この子は茶色と灰色の毛並みです。
 




 口元を押さえて笑っています。上品だねえ。





 主に軟体動物、カニや小さな水生動物などを食べます。カニや貝類を噛み砕けるように、結構鋭い歯を持っています。この角度は少し怖いねえ。咬まれたら痛そうだねえ。





 お澄まししています。





 なんか叫んでいますね。





 葉っぱをくわえて物思いにふけります。





 考えるコツメカワウソさん。





 上を向いて生きるコツメカワウソさん。





 ということで、とっても可愛いよ。見かけたら遊んであげてね。  

大阪十三(じゅうそう)の波平通り・天才サザエボン。ウルフルズ・ スティーヴン・セガール(十三その2)【ファイルH11】2008.02.23 

【ファイルH11】2008.02.23 大阪十三(じゅうそう)の波平通り・天才サザエボン。ウルフルズ・ スティーヴン・ セガール(十三その2)

やっぱり十三は凄い街だねえ

 
 前回に続き、大阪の十三(じゅうそう)の紹介です。


 そういえば、前回書き忘れましたが、東京上野に十三や櫛店(じゅうさんやくしてん)っていう老舗のつげの櫛屋さんがありますね。屋号の由来は、九(く)と四(し)を加えると十三になるところから『十三や』だそうです。

 それはともかく、十三駅前には『波平通り』という通りがあります。

『鉄わん波平』の看板がかかっています。変なのお!






サザエさんの波平父さんが、サイボーグになって、鉄腕アトムに変身しています。


『鉄わん波平』さんの団体さん。
 




 波平父さんったら、こんなところで飲み歩いてないで、早く帰んなきゃフネさんに怒られるねえ。

『鉄腕アトム』の作者手塚治虫さんの母校の北野高校が近所にあるので、『鉄わん』はわかりますが、『波平』さんの長谷川町子さんとのつながりはあるのでしょうか。



実は昔このあたりで、『天才サザエボン』というキャラクターが流行ったことがありました。


『天才サザエボン』というのは、もともと路上販売のおじさんが市販の天才バカボンのパパのキーホルダーの人形の顔と、サザエさんのキーホルダーの人形の髪型をカッターナイフで切って無理やり強引に接着剤でくっつけたものを路上で販売していたのです。

 一個一個手製の加工なので、数は作れませんが、地元で地味な人気商品になりました。

『かわいい☆』って、女子中高生がカバンにくっつけていたそうです。

 その後、それをダウンタウンの番組等で、テレビが紹介して人気に火がつき、それに目をつけた業者が大量生産して大々的に売り出しました。

その当時、大阪土産で買った量産型『天才サザエボン』。

 




 すごいねえ!捨てずに持ってて、ここでネタに使えてよかったよ☆ハンドメイドのオリジナル『天才サザエボン』をまだ持っている人っているのかな?

 零細な手作りのときは問題なかったのですが、さすがに大々的に売られると、これが著作権上の問題になって、結局このキーホルダーは販売停止になりました。

 その名残りが、『波平通り』の『鉄わん波平』の看板ではないかと思います。看板だけだったらいいのかな?

 大阪は面白いねえ。何でもありだねえ。


 ライブハウス・十三ファンダンゴはウルフルズがインディーズ時代によく活動していたことで有名です。その影響で、十三駅周辺ではたまに若者ミュージシャンが街頭ライブを行っている光景が見られるんだって。

 ウルフルズって、今もオンエアされているタケダタケダタケダ武田薬品のアリナミンのTV-CMタイアップ・ソング『泣けてくる』の

―― なんだか泣けてくる 思わず泣けてくる♪ ――

 のフレーズが耳に残りますね。

十三ファンダンゴと武田薬品工業大阪工場の十三つながりかな?






ドアがアートしています。






ライブ出演者の打ち上げに良く使われるお店だそうです。






阪急のガード下。

 



 




 阪急十三駅東駅前商店街の入り口です。
 




 十三にある『ニューヨーク』。

 




 関西でよく見かける立ち食い蕎麦屋さん。
 




商店街を抜けてしばらくいったところに合気道道場『天心道場』があります。

 




何を隠そう、ここのかつての道場長はハリウッドのアクションスターのスティーヴン・セガール(合気道7段)さんだったのです。『沈黙の戦艦』を始めとする沈黙シリーズで有名ですね。


 セガールさんは、ここの現道場長の藤谷美也子さんのご主人でした。マスオさん状態で奥様の実家の道場を継いだのです。よくよく十三はサザエさんに縁があるねえ。

 そのせいで、セガールさんは大阪弁がご堪能で、阪神タイガースのファンだそうです。

 ある日家族に黙って忽然と姿を消して、ハリウッドに進出。その後の活躍はみなさんご存知の通りです。セガールさん無茶するねえ!

『天心道場』の近所にとっても安い自動販売機がありました。
 




 80円の缶もあるよ。
 




質屋さんの看板。『ひち』って表記してあるねえ。

 




 東京では『しちや』だねえ。平仮名にしたら、『しちや』が正しいはずだねえ。

 でも、江戸っ子は『ひ』と『し』の区別が付かないねえ。『日の丸』は『しのまる』だし、『お姫様』は『おしめさま』だねえ。だから、『しちや』と書いて『ひちや』って発音するかもしれないねえ。橘家圓蔵師匠(元、月の家圓鏡さん)なんか、江戸なまりが酷かったねえ。

 江戸っ子の発音の表記を大阪がするっていうのも面白いねえ。

十三駅構内にあった、関西では『崎陽軒のシウマイ』に匹敵する『551蓬莱』の豚まん屋さん。

 




 ということで、大阪十三はやっぱり面白いねえ。注目スポットだねえ。

大阪十三(じゅうそう)は13番目の船着場(十三その1) 【ファイルH10】2008.02.21

【ファイルH10】2008.02.21 大阪十三(じゅうそう)は13番目の船着場(十三その1)

渡し舟が来るまで、今里屋久兵衛さんの十三焼きを食べるんだよお!

 阪急十三駅の看板。






 に行ったついでに十三(じゅうそう)界隈を見てきました。

 十三(じゅうそう)は、大阪の地名です。

 阪急は梅田(うめだ)駅から神戸線、宝塚線、京都線の三複線が平並走し、十三駅で分岐します。三複線並走の情景は、鉄道ファンには結構有名なスポットです。

 それで、阪急梅田駅は日本の私鉄では1フロアの一番大きなターミナル駅です。

 十三駅は、JR大阪駅のある梅田から西へ大きな淀川を渡ったところにあります。

 阪急の淀川鉄橋から写した淀川。





 十三は、いわゆる歓楽街で庶民の町です。ディープな大阪の町です。

 阪急神戸線というのは関東で言えば東急東横線みたいな感じの鉄道で(というより東急がマネしたんだけど)沿線には高級住宅地がはりついているのですが、十三は庶民の町です。

 昔ここにあった淀川の渡しが、摂津国において上流から13番目だったことからこの名前がついたそうです。

 十三大橋の顕彰碑によると、『かつての、淀川の下流は大川・中津川・神崎川に分流していた。ここ中津川は中国地方への交通要衡に当たることから古くから橋があった』とあります。

 しかしながら、慶長10年(1605)の絵図には『渡し』が描かれているそうです(同上による)。

 という事は、江戸の幕府は畿内・江戸の統治を磐石にするために、わざわざ橋を撤去したんですね。

 西国から京や江戸へ旅する人は、まず十三の渡しを渡り、京街道を歩くか、天満へ出て三十石船で京へ行くコースをとっていました。

 明治11年になって成小路村住民による私設の十三橋(長さ85間・幅10尺の木製橋)が完成します。

 それにしても、どうして十三と書いて『じゅうそう』って読むのでしょう。

 謎です。

 十三湊(とさみなと)って地名が青森にありましたけどね。
 伊丹十三(いたみじゅうぞう)という映画監督もいらっしゃいました。
 日本SFの始祖の一人と呼ばれる作家の海野十三さんはジュウザ説とジュウゾウ説があるようです。

 とにかく、それで、大阪の人は劇画の『ゴルゴ13(ゴルゴサーティーン)』を『ゴルゴじゅうそう』と読むそうです。

 淀川大橋に行ってみました。琵琶湖淀川水系は滋賀から京阪神地方の大きな水がめです。





 それもそのはず、琵琶湖に流入する河川や木津川などを含めた淀川水系全体の支流(支川)数は965本で日本一多いのです。    

 滋賀・京都・大阪・神戸の人は大体ここの水を飲んでいます。『六甲のおいしい水』とか『灘の宮水』は水道には入っていません。それから、淀川は京都大阪間の水運が発達していました。上方落語の大ネタ『三十石船』が有名です。

 ただ、『水がめ』というのは関東風な呼び方で、関西では『水壷(みずつぼ)』というのが正しいと思うのですが…。淀川の川筋は、江戸時代と較べてみても今とはかなり違っていました。

 十三の渡し場跡の碑。雰囲気は『矢切の渡し』みたいな感じです。





 右側の看板は、昔の淀川の川筋を示した地図になっています。かなり流れが変えられていることがわかります。

 十三の渡し舟がここから出ていたわけですが、船待ちの人を当て込んだ御茶屋さんがあって、焼餅を売って大層繁盛していました。葛飾柴又もお団子が有名だものね。

 それが、『今里屋久兵衛(いまざとやきゅうべえ)』の『十三焼き(じゅうそうやき)』です。

 今も十三大橋のたもとにある老舗、今里屋久兵衛のお店。





 店内はこんな感じです。さすがは創業享保12年(1727年)の歴史を感じさせます。






 もちに粘りがあって、漉し餡が上品な甘さで、素朴なお味が懐かしくってとっても美味しいよ。添加物や保存料をいっさい使っていないそうです。

 葛飾柴又のお団子より、私はこちらの方が好きです。あちらもおいしいんですけど、餡子は中に包まないとねえ。





 お店のおねえさんが、若かりし頃は、ここも賑やかだったけど、今は自転車しか通らないっておっしゃっていました。

 今では、夏の淀川花火大会の時期だけ、とっても賑わいます。

 阪急十三駅の西改札口前にも今里屋久兵衛さんの出店があります。





 それから、十三で有名なのは、名門『旧制大阪一中』だった、現在の大阪府立北野高等学校です。





 とてもモダンでかっこいい校舎です。

 2003年に卒業生でもある建築家竹山聖さんの設計により、現在の新校舎が完成しました。

 ここの卒業生に、先ごろ大阪府知事になられ、北野高校時代にはラグビー部で活躍された橋下徹弁護士がいらっしゃいます。

 あと、漫画家の手塚治虫さん、『八木・宇田アンテナ』の開発者八木次元大阪大学総長、『椰子の実』の作曲家の大中寅二さん、数学者で京都大学名誉教授の森毅さん、画家の佐伯祐三さん、作家の梶井基次郎さん、作家の野間宏さん、俳優の森繁久弥さん、日本マクドナルド創業者藤田田さん、元衆議院議員故新井将敬さん、等々多分野に亘る人材を輩出しているそうです。

 そういえば、NHKアナウンサーの有働由美子さんは、なんでもかんでも平板イントネーションで発音しますが、北野高校出身(神戸女学院大学卒)で関西なまりを隠すためだったのですね。なまるんだったらアナウンサーなんかやんなきゃいいのに。

『30分遅刻しましたね』って言って橋下知事を怒らせた大阪支局の藤井彩子アナウンサーは北野高校で橋下知事と同級生だったんだって。

 選挙で府民に選ばれた人だよ。『場を和ませるつもりだった』ってNHKは謝らないんだねえ。民放で人気が出たタレント弁護士だから、意地悪してるんだねえ。正当な政策批判しても、意地悪にしか見えないから損なのにねえ。NHKは、大阪支局も勘違いしてるねえ。

 NHKは日本語はおかしいし、挨拶しないし、インサイダーはやるし、不祥事起こすし、反日放送するし、よく日本人から受信料取るねえ。正しい日本史が理解できる普通の知性と誠実さをもってる職員は冷や飯食わされてるんだろうねえ。出世のためなら、歴史をひん曲げられるんだねえ。

 そりゃあ、そんな連中が幹部やってるんだから綱紀が乱れるのは当たり前だよ。

『八木・宇田アンテナ(やぎ うだアンテナ、英語:Yagi-Uda Antenna)』は今でもテレビ放送、FM放送の受信用やアマチュア無線、業務無線の基地局用などに使われている、棒を縦横に組み合わせた洗濯物かけのような形の皆さんご存知のアンテナで、世界的な大発明です。


 欧米の学界や軍部では、八木・宇田アンテナの指向性に注目し、これを使用してレーダーの性能を飛躍的に向上させ、航空機の機首に搭載しました。

 しかしながら、肝心の日本の学界や軍部では殆ど注目されませんでした。

 そのため、1942年に山下 奉文(やました ともゆき)第25軍司令官率いる日本軍がイギリスと華僑に侵略抑圧搾取されていたシンガポールを解放し、イギリス製のレーダーの存在を知ったとき、捕虜のイギリス兵から技術書の中にあった"YAGI"が日本人発明者の名前だと聞かされ驚いたそうです。

 このレーダーの存在が、大東亜戦争での、日本敗戦の一因になったということです。日本軍は一体なにやってたのさあ!視認とレーダーじゃ全然勝負にならないよお!

 2007年現在においてもこれほど汎用性が高く、抜群の精度を誇るアンテナは開発されていないと言われているそうです。

 ですから、この発明は電気技術史に残るものとして1995年IEEEマイルストーンに認定されているんだって。凄いねえ!

 校舎のデザインがモダンだねえ。





 鉄腕アトムの漫画に出てきそうな形の屋根だねえ。





 それにしても、十三駅前の街並みは教育環境としてはあまりよろしくありません。そのケバケバシサしい風景は、映画『ブラックレイン』のロケでも使われました。こういう街が名門高校の通学路というところが大阪らしいところです。





 ゴチャゴチャっとした風景です。





 狭い路地には大衆酒場もあります。





 この環境が橋下知事のざっくばらんなお人柄を形成したであろうことは創造に難くありません。


 お地蔵さんも立ってるよ!





 武田 武田 タケダ~ タケダ タケダ タケダ~ タケダ タ~ケ~ダ~~~~~♪

 のコマーシャルで全景が航空撮影された武田薬品工業大阪工場です。





 淀川大橋方向から撮った写真。





 ウルトラQのDVDの特典映像にこのコマーシャル映像が入っていました。

 ウルトラQ、ウルトラマンやウルトラセブンも大阪の道修町(どしょうまち)に本社がある武田薬品がスポンサーでした。

 それで、視聴率が取れたご褒美に、ウルトラマン・ウルトラセブンでは前後半2話にわたる関西ロケを挙行しました。

 ウルトラマン 大阪ロケ 古代怪獣ゴモラ登場 第26話「怪獣殿下(前篇)」、第27話「怪獣殿下(後篇)」

 ウルトラセブン 神戸ロケ 宇宙ロボットキング・ジョー登場 第14話「ウルトラ警備隊西へ 前編」、第15話「ウルトラ警備隊西へ 後編」

 でも武田さんは、研究所を、発祥の地である大阪から神奈川県藤沢市に移転しちゃうんだねえ。う~む。

 ということで、今回はこのへんで、ごきげんよう。

 十三はまだまだ楽しいよ。



 最後に船着場のひなちゃん屋。



十三 やまもとの『スジねぎ焼き』 【ファイルF22】2008.02.19 

【ファイルF22】2008.02.19 十三 やまもとの『スジねぎ焼き』


とても有名なねぎ焼き屋さんだよ


 少し古くなった記事だけど、大阪には欠かせないお好み焼きの記事なので、載せるね。

 十三 やまもとの『ねぎ焼き』は有名です。『ねぎ焼き』っていうのは、ねぎを沢山使ったお好み焼きで、山本益博さんや田中康夫さんも絶賛していました。

 そういった権威付けはどうでもいいんですけど、美味しいお店です。

 開店20分ほど前にきたらば、うへえ、行列ができているよ。

 先頭に9人の大学生の団体が並んでいます。やな予感…。
 
 こんな並ぶ店に団体で来るんじゃないよお!その手の店なら回りに沢山あるのにねえ!

 隣に並んでいる別のおばちゃんが鞄をぐいぐい押し付けてきます。

 これが礼儀無用の関西だと思えば腹が立たないかっていうと、やっぱり立ちます。

 開店の時間が来て、ぞくぞくと席が塞がりますが、あと数人というところで、座れませんでした。カウンター席が20席です。

 オバちゃんが注文を聞きます。豚とイカをいれてとか、けっこうややこしい注文もあるのですが、全部暗記しています。すごい!

 あの連中さえいなければ一巡目で座れたのです。

 団体ですから、一番食べるのが遅い人間が食べ終わるまで帰りません。

 二人いる女の子がくっちゃくっちゃべりながら、恐ろしいスローペースで、ちんたら食べています。

 リーダー格の男子学生がさすがに周囲に気を使ってきょろきょろしていますが、この二人は全く動じません。神経というものが通っていないのだからしょうがありません。

 可愛いほうの女の子が特に態度が悪くて、あまり食べ方が美味しそうではありません。はっきり言って不味そうに食べています。いちいち小皿に移して、箸で突きまわしてなんか汚い食べ方です。

 頬杖付いて、少しずつ食べます。それも、育ちが悪いのに格好をつけてお上品ぶりっこしているのがミエミエなのです。

 容貌と態度のデカさとワガママさから見て、多分、この中ではアイドル的存在なのでしょう。いかにも集団の和を乱しそうなタイプです。

 同性に無茶苦茶嫌われるのに、異性にはモテる一番タチが悪いタイプです。

 かなり後から食べ始めた他の女性客も、とうの昔に食べ終えているのです。

 行列を見て入店を諦める人もいます。この連中がいなければ、とうの昔に9人分行列は減っているのです。

 この連中さえ普通に食べていれば、今頃私はとうの昔に食べ始めているはずです。

 そうこうしているうちに、個人客がお勘定をして、もう少しで私だという瞬間に、この女子大生が『ごちそうさま』といいました。まだ、『ねぎ焼き』は沢山残っています。

 もっと座ってて良いから全部食べなよお!

 私を長時間並ばせるための悪意がある嫌がらせとしか思えません。

 第一、店に対してとっても失礼です。

 
 リーダー格の男子学生が奢りで支払って、出るときに『こんなに並んでるのか?』ってわざとらしく言います。
 
『並んでるってなか?』ってあたりまえだよ!あんたたちだって並んでいたじゃないのさあ!学生は頭が悪いよお!常識無いよお!


 並ぶほど美味しい店だって、自慢するためにカッコつけて大勢つれてきたくせに、わざとらしいんだよお!

 結局50分ほど並んでたよお!
  

 席に着いたら、並んでいたときに注文して、既に作り始めていた牛スジがすぐに出て行きましたよ。ということは、学生たちがあれ以上腰を落ちつけていたら、私の『スジねぎ焼』が焦げていたところです。

 ふざけるんじゃないよお!

 おばちゃんがお醤油のタレを刷毛で塗って、レモンを絞ってかけてくれました。

 これが名物『スジねぎ焼』です。





 気分を取り直して、さて、食べるよお!

 牛スジの固まりは繊維に沿って、ハラリとひも状に崩れるたびに、甘辛い味が広がります。コンニャクの弾力がアクセントになります。

 ねぎ沢山でふわふわで、上品なお醤油味にレモンが牛スジの癖をまろやかに消していて美味しいねえ。

 斜めだったご機嫌がすぐに直っちゃいました。

 これが断面です。





 ごちそうさまでした。

 後味さっぱりで、粉ものにありがちな、食後の胸焼けとは無縁です。

 会津屋さんの元祖たこ焼きhttp://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/archive/2007/11/27
にしても、大阪は薄口醤油の上品な味が本来なんですね。

 私は、ソース・マヨネーズのコテコテ味も好きですけど。元祖のお味がいいねえ。

 お店はこんな感じです。





 それで、この時は丁度、梅田エスト店が3周年だそうで、特性コップをお土産にもらいました。よかったねえ。




王子動物園のコアラさん 【ファイルC37】2008.02.17 

【ファイルC37】2008.02.17 王子動物園のコアラさん

コアラも木から降りる

 コアラさんは、あんまり動きません。起きているだけでめっけものです。

 以前の記事でもそうでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/archive/2006/11/09

 それで、でんぐり返りのパンダさんの写真を撮った時もコアラさんちに行ったのですが、こっちの子は木にしがみついて寝ていました。





 こっちの子は起きてました。よかったねえ。





『ねえ、コアラさん』

『なんだい?』





『少し動いてもらえないかなあ?パンダさんはでんぐり返りをしてくれたよ』
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/archive/2008/01/26

『あの人たちは、暇だからねえ。こっちはじっとしているのに忙しいんだよ

 でも、今日は特別サービスで動いてあげよう』





 そう言って、コアラさんはもたもたと木を降り始めます。



 そろそろと足場を探りながら降ろす足が、危なっかしいねえ。





 地上に降りたら、スタスタと結構すばしっこいのです。





 周りをきょろきょろ見渡して、次に登る木を物色します。





『これに決めた!』

 すばやく駆け寄ります。





『やっ!』と木に飛びつきます。案外俊敏ですね。やればできるじゃん☆





『こんなもんでいいかい?』






『でも、さっきの木の方が良かったかも知れないねえ』





『ごめんごめん。ご苦労様ついでにもっと上に登ってもらえないかな?』

『う~ん。面倒くさいねえ』

 と言いつつ、登ってくれます。降りるのより、登りの方が得意のようです。

『てっぺんまで、まだあるなあ…』 





『でも、かなり高いねえ』





『ここに落ち着くことにするよ』





 ということで、動かなくなりました。


 そうこうしていると、さっき寝ていたコアラさんが目を覚ましました。

 足で、あごをカイカイしています。





『なんだい、君、人の寝起きを写して酷いなあ!』

少しご機嫌斜めです。耳も少し斜めです。





 そういったきり、動かなくなりました。やれやれ



マンガ『ひな鳥ひなちゃん』(つくねちゃんシリーズ55~56) 【ファイルMZ30】20008.02.15 

【ファイルMZ30】20008.02.15 マンガ『ひな鳥ひなちゃん』(つくねちゃんシリーズ55~56)


好き嫌い?(つくねちゃんシリーズ55)


 




ホワイトデーは難しいくま~(つくねちゃんシリーズ56)


 




 熊の手は文字通り、熊の手をお醤油で姿煮にしたものだそうです。

 うへえ!グロテスクだよお!

 熊は右手で蜂蜜をすくって、ぺろぺろ舐めるので、右手が柔らかくて美味しいとされ、調理されるそうです。

 熊の手は満漢全席(まんかんぜんせき)のメニューにある料理です。

 満漢全席は清朝の乾隆帝の時代から始まった満州族の料理に、征服した漢族の料理を加え、選りすぐったメニューを取りそろえて宴席に出す宴会様式だそうです。

 満漢全席を『中華料理』と呼ぶ人がいますが、清朝は満州族の国で、満州族は、その時被支配階級だった、漢民族の中華人民共和国とも中華民国とも関係ありませんから、その呼称は誤りです。強いて言うなら、支那=CHINA料理としか呼びようがありません。

 満州は満州族が発祥した固有の領土で、清朝は『満州封禁令(まんしゅうきんふうれい)』と、『漢民族の満州への移住禁止令』を出しています。

 つまり、清の時代に満州に住んでいた漢民族は密入国の不法外国人でした。

 戦後、漢族の中華人民共和国によって、満州国は侵略され、満州族も満州語も満州文字も滅ぼされようとしています。

 日本は満州を侵略したってヒステリックに叫ぶ人たちは、国どころか、民族文化が抹殺されようとしているのに、どうして黙っていられるのでしょう?

 スピルバーグのダルフール(国連によると、これまでに20万人が死亡し、200万人が避難)に対する抗議も、ハリウッドの脚本家のストと同レベルの通り一遍のベタ記事扱いです。

 昔20万人しかいなかった狭い南京城で、日本軍が30万人虐殺したという人たちが、現在進行形の20万人虐殺をなぜシカトできるのでしょう?

 私には全く理解が出来ません。

ジャン=ポール・エヴァンのチョコレートでバレンタイン 【ファイルS21】 2008.02.14 

【ファイルS21】 2008.02.14 ジャン=ポール・エヴァンのチョコレートでバレンタイン


チョコの値打ちが分からない人にあげるぐらいなら、断然自分チョコ!!

 
 
 今年のチョコは、前回ご紹介したおフランスはパリに本店を持つ、新宿伊勢丹ジャン=ポール・エヴァンのもので、スジャータちゃんがお土産に買いました。

 ですから、バレンタイン記事としてUPしてありますが、バレンタイン仕様ではありません。美味しいよ☆

 こんなパッケージです。





 これが2006年パリの「サロンドショコラ」プラリネ部門1位を獲得したサフィルです。




 包丁で切って断面を見ましょう。





 箱の中身はこんなかんじで、8個入りです。









 では、下の写真の番号順にそれぞれのお味をご紹介しましょう





 箱に入っていたイラストの説明書を参考にしました。形が紛らわしくて、間違っているものがあるかもしれないけど、その時はごめんね。

①サフィル

 サフィルは2006年パリの「サロンドショコラ」プラリネ部門1位に輝きました。

 サフィルってフランス語でサファイアのことなんだって。サファイアチョコだね☆

「サロンドショコラ」は、パリで行われる世界最大のチョコレートの祭典です。

 プラリネとは、アーモンドやヘーゼルナッツと煮詰めた砂糖液をすりつぶして作ったペースト状のものにカカオバターや特別なフレーバーを加えたもので、粒チョコレートのフィリング(中身)として使われます。

 食感のあるピスキュイ(卵黄と卵白を別にして泡立てて生地を作る別立て法で焼いた生地のこと)にあわせて作ってあります。

 柔らかくてまろやかなチョコの中にざらっとした歯ごたえのヘーゼルナッツクリームがはいっています。コーヒーのような深いこくが味の奥にに混ざっていて、とっても良いお味です。

 奇をてらわない、スタンダードな味で好感がもてます。


② ル・プティ・プレ

 苦味があるとろっとしてスムースなダークキャラメルソフトガナッシュは、大人のテイストです。チョレートケーキのダークチョコクリームをコーティングして、完成度を高くしたような感じだといえば近いかな?


③ マノン

 キャラメル風味のムースガナッシュとミルクチョコレートの優しい組み合わせ。甘いキャラメルが柔らかくて泡立ちの良いムース状になって口の中で溶け、ミルクチョコの味と混ざります。甘くって懐かしい味です。


④ ロシェ

 アーモンドとヘーゼルナッツの組み合わせがおいしいねえ。プラリネにするとチョコと味がよく混ざります。ミルクチョコレートのナッツチョコだけれど、裏ごしした和菓子みたいな食感です。


⑤ コスタリカ

 3種のオレンジを使ったリキュールとハーフビターチョコレートの薫り高い組み合わせのチョコです。

 オレンジの味、皮の苦味もほんのりとあるリキュールがトロリ滑らか。ビターチョコのほろ苦さが調和しています。


⑥ サロメ

 バニラ風味のムースガナッシュが中に入っていて、これがとっても泡立て良くクリーミィで口溶けの感じが上品です。バニラの風味が表に出ていて、生クリーム感覚で食べられます。甘党の方お勧めです。


⑦ ブラジリア

 コーヒー風味のガナッシュとビターチョコレートの情熱的な組み合わせだそうです。
ブラックチョコレートの味でガナッシュのペーストにコーヒーの苦味と酸味があります。


⑧ バイア
 オレンジの皮で香り付けしたムースガナッシュをハーフビターチョコレートでやさしく包んであります。

 オレンジの味が利いていてムースガナッシュの甘さと柔らかさにハーフビターチョコレートのかりっとした食感と苦味がアクセントになって、とっても個性的なチョコです。気に入りました。

 私は②、⑥、⑧が好きだねえ。次は単品で買おうっと!

プロフィール

眼とろん星人

Author:眼とろん星人
FC2ブログへようこそ!

年別アーカイブ一覧

訪問者カウンダ―

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR