FC2ブログ

王子動物園のインドクジャクさんは綺麗だねえ 【ファイルC41】2008.03.30 

【ファイルC41】2008.03.30 王子動物園のインドクジャクさんは綺麗だねえ

羽を大きく広げてくれます

 
 インドクジャクさんちにいったらば、ご主人がおもいっきり羽を広げて見せてくれました。





『いらっしゃいませ~☆どうぞご覧くださいらっしゃいませ~。良かったら、ぜんぜん鏡とか合わしちゃってください・・・』って、柳原可奈子さんのカリスマショップ店員のまねしてるんじゃないよお!

 落語家の桂九雀(かつら くじゃく)さんは、2代目桂 枝雀(かつら しじゃく)さんのお弟子さんです。

 でも、こちらのクジャクさんは、『孔雀さん』で、特に誰かに弟子入りしたと言う話は聞いたことがありません。

 そうこうしていると、奥さんがフレームの中に入ってきました。





 でも、せっかくご主人が羽を広げているのに、見向きもせずに、思いっきりカメラ目線です。





『ひどいじゃないのさあ!結構これって疲れるんだからね。ちゃんと見てなよ』

『でも、あんたは毎日そればっかしやってるんだから、いいかげん飽きちゃったわよ』

 ということで、クジャクさんちも結構大変みたいです。

 それにしても、クジャク君は羽の後ろも綺麗です。





 クジャク君が広げる羽は、一般に尾羽と思われています。実は私もそう思っていたのですが本当は、上尾筒(じょうびとう)といって、雌にアピールするための羽なのだそうです。

 ですから、この写真でも褐色をした実際の尾羽がちゃんと写っていますね。


 奥さんの酷い仕打ちに、クジャク君は、羽を閉じて、枝にとまっていじけてしまいました。やれやれ・・・。





 羽を閉じても、見事ですね。

 孔雀さんはキジ科の鳥です。インドクジャクさんはインド、スリランカの森林に住んでいます。

 主に草、種子、木の実、穀類、昆虫などを食べます。

 また、サソリ等の毒虫や毒蛇類を好んで食べるので、益鳥なのだそうです。それでもって、邪気を払う象徴として孔雀明王の名で仏教では信仰の対象にもなっています。


 オス1羽にメス4~5羽の群れで、繁殖期にはオスは上尾筒(じょうびとう)を広げ求愛します。1回の産卵は8~20個です。

 このオスの見事な上尾筒は、これまで、ダーウィンさんが提唱した性淘汰(せいとうた)説によって説明されてきました。

 性淘汰とは、異性をめぐる闘いを通じてある『形質(クジャクさんの場合だったら、見事な羽)』の持ち主がモテて、子孫を残して進化して行く現象です。


 一方、最近の進化論では、イスラエル人の生物学者アモツ・ザハビ(Amotz Zahavi)さんによって提唱された『ハンディキャップ理論 (Handicap theory)』というのが流行っています。

『ハンディキャップ理論』によると、クジャクのオスの羽が見事なのは、こういうことになります。

 こんな羽は重くって必要ないし、天敵から逃げるのにも不便だし、第一邪魔ですね。

 これが、ハンディキャップ理論だと、『自分はこれだけ重い羽というハンディキャップを背負っても、生きていけるだけの体力があるんだぞ。えっへん!』ということになるらしいのです。

 アモツ・ザハビさんは、それによって、メスに対して、寄生性生物への耐性や栄養状態の良さをアピールしているのだと考えているんだって!


 アモツ・ザハビさんがハンディキャップ理論でうまく説明した例には、ガゼルの行動があります。

 ガゼルは、捕食者であるライオンやチータによって脅かされるとき奇妙な行動をします。
 というのは、ガゼルはそういう場面に遭遇した場合、まず最初にゆっくり走り、次に非常に高く跳ねるのです。

 どうして、わざわざ敵に見つかって狙われるような行動を取るのか理解できず、動物学者は頭を抱えました。結局、他のガゼルにチータの存在を知らせているんじゃないかってことになっていました。

 ところがアモツ・ザハビさんはこの行動をこう説明したのです。

 他の仲間より自分が高くジャンプすることを捕食者に見せ付けることによって、『自分はこれだけ健康で調子が良い個体だから、追っかけても捕まらないよ!だから狙わないでね』っていうことをアピールしているんだって!

 でも、適者生存説そのものに反対している今西錦司博士がこう書いていたのを読んだ記憶があります。

『短距離ランナーのライオンやチータがガゼルを追いかける場合、逃げるガゼルに加速がついて、長距離走に持ち込まれたら、到底追いつけない。ライオンやチータはその前に捕まえなければならないから、予めターゲットを決めて追いかける。

 つまり、誰が速いか遅いかではなくて、たまたまターゲットになった運が悪い固体が獲物になるだけだから、適者が生き残るのではない。

 適者生存じゃなくて、運がいいのが生き残るだけだ。

 今西博士は、進化というのは、ネオダーウィニズムの『突然変異で生存に有利な形質を獲得した個体が適者生存で生き残り、その結果進化が生じる』という論理に反対して、進化というのは『そのような形質を種として選択したのだ』という言い方をするのです。

 ネオダーウィニズムの人たちはそれに対し、『種として選択した』というのが、分からないし、そんなのは科学ではないという反論をしています。

 ということで、現在ネオダーウィニズムが進化論の主流らしいのですが、こういう議論と言うのは、結構素人でも無責任に楽しめるので、私は好きです。

 それにしても、クジャクの羽の模様と言うのは、どういう仕組みで織り成されているのか、どう考えても不思議です。こういうふうに他者から見えるっていうデザインは誰がしたのでしょう?

 私には今西博士の説明以上のことを言うのは無理があるように思えるのですが・・・。

 今回は孔雀さんでした。
スポンサーサイト



チベット問題。福田首相の発言と産経新聞とUSA TODAYのIOC批判。 【ファイルG39の追加その4】 2008.03.30 


【ファイルG39の追加その4】 2008.03.30 チベット問題。福田首相の発言と産経新聞とUSA TODAYのIOC批判。

 産経新聞に福田首相のインタビューが載っていました。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080329/plc0803292043008-n1.htm

「チベット騒乱と五輪結びつけるべきではない」 首相インタビュー詳報・下(3月29日) (1/2ページ)っていう見出しです。

 2008.3.29 20:43のチベットについての発言の記事なんですけど、本文にはこうあります。

「これ、今年はね、日中関係は大事な年です。それは日中平和友好条約締結30周年ということもあり、胡錦濤国家主席の訪日もあります。北海道洞爺湖サミット、北京五輪というような日中が交流する重要な行事が続きます。日中関係を発展させるよい機会だというふうに思います。チベット問題が発生し、国際社会で波紋を広げていますが、この問題については事態を重視して、日本としても、われわれとしても懸念をいたしている。早期にかつ平和裏にこの問題が沈静化されていくことを強く期待しています。中国側には透明性の確保を促すとともに、双方が受け入れられる形で、関係者間の対話が行われることを歓迎すると、こういう立場を中国には既にもう伝えています。関係者間で冷静に早期に解決してほしいと考えています。状況改善のためのメッセージをそういうふうな形で伝えています。まあ一方ね、声高に批判したり、そして今から五輪と関連させるようなことをうんぬんするということが今の段階で適当であるかどうかはよく考えなければいけないと思っています」

 わかり難い日本語だねえ!典型的な役人の書く文章だねえ。

 でもねえ。本文の内容と見出しが違うよ!

 記事は記者が書いて、見出しは編集が書くので、日本の新聞にはよくあるのです。首相は記事の通りの発言をしているはずなのです。

 誰が「チベット騒乱と五輪結びつけるべきではない」 なんて言っていますか?

 福田首相は『この問題が沈静化されていくことを強く期待してい』て『透明性の確保を促すとともに、双方が受け入れられる形で、関係者間の対話が行われることを歓迎する』という『日本の立場』を『既に伝えている』。『関係者間(CHINA当局とチベット人)で冷静に早期に解決してほしい』って、『考えてい』て、そんでもって『今から五輪と関連させるようなことをうんぬんするということ』が『今の段階で適当であるか』『よく考えなければいけないと思っている』だけなんですよ。

 これでも、日本語が分かりにくいので、さらに要約すると、実際に日本政府がやったことは、『日本の立場』を外務省から電話で伝えただけで、『五輪とチベット問題を関連させることが今の段階で適当であるかを考え中』って言っただけなんです。

 首相は『チベット騒乱と五輪結びつけるべきではない』なんて言っていません。それはそれで一つの意見でしょ?それより悪質ですよ!

 なんでそういう言い方するか?っていうと、結局、万が一親分のアメリカが『ボイコットする』って言った場合、それに従うって言うことなんですよ。『チベット騒乱と五輪結びつけるべきではない』なんて言い切って、そうなったら、首相は嘘をついたことになるから、その時の保険として、『今がそういう決断をする時期か、考え中』って言っているわけです。

 つまり日本政府は自分の考えを持っていないって言うことです。ただ、『責任を取りたくない』と言っているだけなのです。

  日本以外の国の『人権主義者』はこんなことを言ったら、怒ります。つまり日頃『人権』って大騒ぎしている人たちは、『人権』とは関係ないんですよ。

 また、産経新聞で、USA TODAYのクリスティーヌ・ブレナン女史が書いたIOC批判記事が載っていました。以下がその記事です。

 USA TODAY チベット騒乱で“糾弾”「IOCはなぜ沈黙する」
2008.3.29 22:46 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080329/amr0803292244017-n1.htm

 米紙USA TODAYは、チベット族に対する弾圧が続く中国で五輪が開かれることに関し、国際オリンピック委員会(IOC)を痛烈に批判するコラムを運動面で掲載した。クリスティーヌ・ブレナン氏による記事の抄訳は次の通り。

 北京五輪と言って思い浮かべるのは抗議活動や取り締まり、検閲、死などスポーツ以外のことばかり。まだ3月だ。6、7月にはどうなっているのだろう。

 IOCは7年近くの間、中国に圧政的方法を改めるよう求めることができた。中国をもっと開かれた社会にすることは、北京に五輪を与える主たる理由だったのだ。残念なことに、IOCは中国に変化を促すことを何もしてこなかった。中国に五輪を与えたことで、共産主義政権に敢然と異議を唱えた人々の生活を悪化させた。勇気をもって立ち上がった人々への弾圧が増えているのを無視し続けることは、五輪が近づくにつれ不可能になっている。

 人権団体はIOCに、中国の変化に影響を及ぼすよう要望してきた。中国が何よりも気にかけているのは五輪を通じて自らの国を誇示できるかどうかであり、その意味では、IOCが中国政府に持つ力は巨大だ。

 ロゲIOC会長は「人権団体には(IOC本部がある)ローザンヌで定期的に会っており、尊敬の念は持っているが、IOCは中国に成り代わって仕事をする役目までは負わない。私の神聖なる優先事項はスポーツ選手のためによい大会を保証することだ」と語る。

 だが、ロゲ氏が動かないことは、氏が守りたいと願う選手や五輪の状況をより悪くするだけだ。中国に意見を言わないことは、中国の政策を嫌悪する人々をさらに怒らせることになる。

 IOCは2004年五輪の前に会場整備の遅れについてアテネに厳しく当たることには躊躇(ちゅうちょ)しなかった。それが今、(アフリカのスーダンの紛争地)ダルフールやチベットでの人権というもっと重要な問題で発言を拒んでいる。IOCは、スポーツを通して世界をひとつにしようとの高い志の組織というよりも、土木技師の集団か何かのようだ。

 06年冬季五輪のスピードスケートの米人金メダリスト、ジョーイ・チーク氏は「五輪とは人権のため人々が力を合わせる方法だとIOCは言うが、なぜ今回はそれについてはっきり言わないのか」と訴えている。

 ※  ※  ※

 ということです。

 しかしながら、抄訳というのは著作権があるから仕方がないんでしょうけど、かなりソフトに直しているのです。

 まあ良いんですけどね。他社は無視してるし、要領よくまとめてあります。産経が一番良心的です。


 例えば、

【まだ3月だ。6、7月にはどうなっているのだろう。 IOCは7年近くの間、中国に圧政的方法を改めるよう求めることができた。中国をもっと開かれた社会にすることは、北京に五輪を与える主たる理由だったのだ。】

 っていう文章の原文はこうなっています。

This is March. The Summer Olympics don't begin until Aug. 8.

Can you imagine what June and July will look like?

One wonders if the International Olympic Committee is beginning to panic, because if it isn't, it should. For nearly seven years, it has had the opportunity to demand, behind the scenes, that Communist China change its repressive ways. Making China a more open society was one of the major reasons for giving the Olympics to Beijing — that, and selling billions of Cokes and Big Macs.


『look like』は似るっていうことですから、
あなたは、6月、7月がどのようになるかを想像することができますか?っていうことですね、

『ほぼ7年間、CHINA共産党に対して抑圧的な道を是正することを要求する機会があった』っていうことですけど、この『For nearly seven years』っていうのは、おそらくブラッド・ピットの主演した、映画『セブン・イヤーズ・イン・チベット』にひっかけているんでしょうね。
 ブラッド・ピット扮する登山家ハラーは、ラサで当時14歳で好奇心旺盛なダライ・ラマ14世と出会い、親しく交流するんですけど、その生活もCHINA人民解放軍のチベット侵略によって終わりを告げるっていう話です。最後にその際に100万人以上のチベット人が虐殺されたっていうテロップで終わります。

 このために『セブン・イヤーズ・イン・チベット』はCHINAで上映禁止となって、映画監督のデヴィッド・シューリスおよび主演者のブラッド・ピットは生涯CHINAへの立ち入りを禁止されたんです。だから、映画の大半はアルゼンチンで撮影されています。

 さらに、

【CHINAをより開かれた社会にして、何十億のコカコーラとビッグマックを販売するのが、オリンピックを北京に与えた、主要な理由の1つでした。】

って書いていますね。USA TODAYのクリスティーヌ・ブレナン女史は辛辣ですね。

 日本の新聞がここまで書くような時代はくるのでしょうか?日本の北京オリンピックオフィシャルスポンサーに対して皮肉の記事を書くということが。

 もし、機会があれば『セブン・イヤーズ・イン・チベット』を一度ご覧になってくださいね。

 それから、

【06年冬季五輪のスピードスケートの米人金メダリスト、ジョーイ・チーク氏】という人は、どういう人かというと、
トリノオリンピックで、USOCの金メダルボーナス(2万5000ドル)を Right To Play(ノルウェーの元オリンピックのチャンピオンの ヨハン・オラフ・コスによって組織された運動選手が運営する国際的な人道主義機関)に寄付して以来、寄付を続けているんですね。
 それで、ダルフール問題についてずっと発言しているわけです。

 私は、外国、特にアメリカを引き合いに出して日本のことをどうこう言うのは好きじゃないんですけど、日本の反戦平和の人って何やってるんでしょうね。

 平和憲法どころか、空襲による虐殺や核兵器で3回も民間人殺しをして(広島・長崎・第五福竜丸)一度は核戦争を起こしかけて(キューバ危機)、戦争ばっかりやってる国でもこういう意見が多いのに、非武装中立なんて言って、自衛隊すら廃止しろって言っていた人達は一体何処に行っちゃったんだろう?

 最後に、私の英語はとても頼りないので、ちゃんと和訳できる人は、良ろしければ訳してくださいね。
 原文はこちら
http://www.usatoday.com/sports/columnist/brennan/2008-03-26-ioc-china_N.htm

銀座木村屋總本店のあんぱん 【ファイルS25】 2008.03.28 

【ファイルS25】 2008.03.28 銀座木村屋總本店のあんぱん


あんぱんの元祖です

 
 銀座に行ったら食べたくなります。

 あんぱんは、木村屋(現・木村屋總本店)創業者で、茨城県出身の元士族・木村安兵衛さんとその次男の木村英三郎さんが考案し、1874年に銀座の店で売り出したところ好評を博したとされます。

 翌年、山岡鉄舟を通して明治天皇にも献上されました。

 銀座の木村屋さんはいつもはやっています。





 どれにしようかな?迷うよ!

 結局、買ったのは、左=小倉あんぱん、右=栗あんぱん、後=柚子あんぱんです。





 まず、スタンダードな小倉あんぱんです。





 ここのパンは酒種生地で表面がパリッとしていて、生地がしっとりして香りがなんとも言えず良いんですよ。甘くってとろりの粒餡なんですけど、柔らかくて歯でスパッと噛み切れて、口の中で熔けます。

 次は栗あんぱんです。





 栗はほこほこしていて齧るとパカって割れます。和栗のあっさりした餡で、後味がとってもいいねえ。栗にバターと洋酒で風味を付けているそうです。パンと良くマッチしています。

 次は柚子あんぱんです。





 裏ごしした柚子の餡です。上品なマーマレードみたいな風味でさっぱりしています。柚子独特の苦味がアクセントになっています。デザートに最適です。

木村屋のあんぱんは、菓子パンというより、ケーキはもたれるし、和菓子は物足りないし、っていう時に最適です。コーヒーにも紅茶にも緑茶にも合います。お腹にもたれないしね。

銀座界隈の夜景 【ファイルPho9】2008.03.26

【ファイルPho9】2008.03.26 銀座界隈の夜景


お金が余っていて使いきれない人が来る街だねえ


 前回に続いて、ついでに、夜景もご覧に入れます。

 まず銀座の老舗、不二家です。

  


 

 鳩居堂(きゅうきょどう)付近です。

  


 


 ドトールコーヒーも他所よりお洒落。

  


 

 松坂屋付近。

  


 

 銀座和光のライトアップ。昭和29年の『ゴジラ』では、クライマックスで壊されました。戦後復興のシンボルです。

  


 

 銀座和光のショウウィンドウ。青竹と、よそんちのビルのイルミネーションが重なっています。

  


 

 タクシードライバー風に。

  


 


 グッチのお店。金色がゴージャスだねえ。

  


 

ディオールとアルマーニタワー。昼間とは感じが違うねえ。ここの間の通りを入ったすぐ右側がベルギーチョコのピエールマルコリーニです。

  


 

 有楽町阪急百貨店のシャンデリアです。

  


 

ということで、久しぶりの銀座は、楽しかったよ。

チベット問題。CHINA警察官がデモ隊に扮装して刀を振り回す!?! 【ファイルG39の追加その3】 2008.03.25 



   ↑問題の写真。
【ファイルG39の追加その3】 2008.03.25 チベット問題。CHINA警察官がデモ隊に扮装して刀を振り回す!?!

 コスプレやって、人に罪を擦り付けるんじゃないよ!

 大紀元(だいきげん、中:大紀元、英:The Epoch Times)という法輪功系の報道機関があります。 同社が発行する大紀元時報新聞では、中国共産党の言論統制に従うことなく、同党に批判的、反体制的な記事を多く掲載しているそうです。

 日本のマスメディアが『新華社通信』の情報を禄に批判もせずに垂れ流している以上、引用させていただきますね。

【3月22日】
 3月14日にチベット・ラサ市で発生したデモ隊列と中共軍の衝突事件で、タイ華僑の女性が、デモ隊の中にチベット人を装った警察官が刀を手に潜入していたのを目撃していた。

 ダライ・ラマオフィス宗教事務スポークスマンのヌガワン・ニェンドラ氏が18日、国際ラジオ「希望之声」の記者に対し、明らかにした。この女性は、BBC放送の番組で中国大使館が提供したニュース写真の中に、チベット人に扮した警察官の写真を見つけたという。

 当該の女性はラサ市で研究しており、現地の警察官と親しくなりよく派出所に行っていたので他の警察官のことも知っていた。14日、ラサ市でチベット人によるデモ行進が行われ、当時彼女と他の外国人達は八角街の派出所に名義上「保護」のために集められた。その際、警察官が手に刀を持ち、逮捕した人と共に派出所に入って来たのをその目で目撃。その後、その警察官は、チベット人の服を脱ぎ捨て警察の制服に着替えたという。

 ニェンドラ氏によると、この女性がもともと警察官の友人であり、当時その近辺は危険であったため多くの外国人と共に派出所の中に「保護」されていた。それは中共が全ての外国人に早く、チベットから離れさせることを決めたからだという。そのため外国人らは「保護」され派出所の中で待たされ、一刻も早くチベットから離れるよう促された。この女性は、こうしたことを目にして、やっと、警察官がチベット人に扮してデモ隊に潜入していたということは人に話してはいけない秘密なのだということを知ったという。

 女性は、インドのチベット人亡命組織にこの事を知らせた。17日の集会において、チベット人組織は外部に対しチベット人に扮した警察官の写真を発表した。中国大使館はメディアに対し前後に2枚の写真を提供したが、その写真からはチベット人に扮した警察官は消えていた。


http://jp.epochtimes.com/jp/2008/03/html/d53827.html


 あれだけ、酷いCHINA当局のダライ・ラマへの侮辱コメントを垂れ流すんだったら、こっちも報道すべきです。

 ちなみに、ニューヨーク・タイムズにはこうあります。
Published: March 24, 2008

Tibetans also say the security forces were unusually passive at the beginning. One monk reached by telephone said other monks noticed that several officers were more interested in shooting video of the violence than stopping it. “They were just watching,” the monk said. “They tried to make some videos and use their cameras to take some photos.”

 ざっとこんな意味です。

 また、チベット人は、事件当初、保安部隊は異常に鎮圧に対して消極的であったと言います。
 電話で連絡が取れた1人の僧によると、他の僧が、数人の警察官は騒乱の制止より暴力行為のビデオ撮影に興味を持っていることに気付いたと言いました。 「彼らはただ見ていました。彼らは録画し、写真の撮影を試みていました。」

 つまり、2つの記事を総合すると、

 まず、チベット人になりすましたCHINAの警察官が乱暴狼藉を働き、それをひたすら、ビデオ・写真で記録します。

 当然、その時は全く警察は鎮圧せずにやりたい放題やらせます。

 CHINA当局の発表した映像には警察官が映っていなかったのは、こうして撮った映像だからですね!そして、外国人に『危険だから保護する』といって、その場所から移動させます。

 その後、警官の制服に着替えた警察官・軍隊は、発砲し、砲弾を撃ち込み、戦車でチベット人を轢き殺します。


 私はこの話が本当だと思います。なぜならば、『南京大虐殺』とやらを日本兵がしたそうですが、CHINAの便衣兵(市民に化けたゲリラ)がまったく同じ事をやったからです。

 同じくニューヨーク・タイムズの記事から

1938.01.04
元支那軍将校が避難民の中に。南京の犯罪を日本兵のせいに
―――――大佐一味がが白状

 こういう見出しで、この将校が『南京で略奪したこと、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、その翌日には日本兵が襲ったふうにしたことをアメリカ人たちや他の外国人たちのいる前で白状した』と報じています。

 また、上海のアメリカ系英字新聞『チャイナ・プレス』(1938.01.25)は、安全区で武器携行した1575人の将校と、兵士が摘発され、彼らは「略奪・煽動、強姦にたずさわったと報じました。

 安全区の市民=便衣兵は、夜、日本兵が手薄になると略奪に出かけ、持ち帰った盗品の闇市を開いていました。

 CHINAのやることは、全然進歩がありません!

 外国の報道機関を締め出した今のCHINAを禄に批判せず、20万人しかいなかった南京で日本人が30万人虐殺したという、東京裁判ですら否定した出鱈目を70年も報道し続ける日本のメディアって何?

秋葉原のお土産のおかず編だよ  【ファイルF23】2008.03.23 

【ファイルF23】2008.03.23 秋葉原のお土産のおかず編だよ


『はろうきていのおでん缶』と『ドジッ子妹のおでんカレー』


 まず、秋葉原名物のおでん缶です。

 種類はあるのですが、私が選んだのは、『はろうきていのおでん缶物語弐』です。

 弐(=2)ということは壱(=1)もあるんだろうねえ。

 たまごのきていちゃんかわいいねえ。





 出汁が効いたお汁です。





 大根はトロッとした鍋底大根。

 ちくわも柔らかくてジューシーです。
 こんにゃくの歯ごたえもきりっとしていいですねえ。
 はんぺんも良い具合に魚の味が出ています。
 鶉が白身の弾力と黄身のとろみが美味しい。
 サトイモ大好き。

 おでんはとっても美味しいと思いました。
 量は少ないけど、缶詰だったらこんなものかな?


 お次は『ドジッ子妹のおでんカレー』だよ。




 めしあがれお兄ちゃん

 おでんとカレーと兄妹が奏(かな)でるハーモニー

 牛スジ入り

 ワッショイ!!ワッショイ!!

 ドジッ子の妹 キターーーー(((゜∀゜)))ーーーー!!!!!
って文字が躍っています。


 昆布だしのまろやかさと甘さがあるピリカラカレー。





 こんにゃくは不思議な食感です。
 大根はみずみずしくて、結構アリかも。
 牛すじはビーフですから、美味しいと思います。
 昆布は少し『うへえ』です。
 鶉はまずまず。白身の弾力がけっこういけます。
 ちくわは少し無理があるかも・・・。
 不味くはありません。

 こういう料理だと思えばけっこうイケるかも?でも、なにもカレーのおでんにしなくても…。
 やっぱり、妹さんは『ドジッ子』だねえ。話の種にどうぞ。


 何?ノレン君?女の兄弟なんてそんな良いもんじゃないって?

「何言ってんのさあ!美人で優しい姉とドジッ子弟の奏でるハーモニーだよお!スジャータ、よくノレンにお料理作ってやってるじゃない」

「姉貴は、『ノレン出来たよ。ほら食べな。』ってもってくるだろ?」

「どうして、私が『めしあがれノレンちゃん』なんて言わなくちゃなんないのさ!生意気だよお」

 また、喧嘩がはじまりました。やれやれ。

『北京オリンピックを支援する議員の会』名簿を石碑にして世界遺産に!  【ファイルG39の追加その2】 2008.03.23 


【ファイルG39の追加その2】 2008.03.23 『北京オリンピックを支援する議員の会』名簿を石碑にして世界遺産に!

 日本の政治家がチベットの市民蜂起を潰そうとしている理由

 CHINA共産党のチベットでの虐殺行為に対し、欧米人は有色人種に対して『やっぱり連中は野蛮だった。植民地にして『人権』という崇高な理念を教えてやったのに理解していない』ぐらいにしか思っないんじゃないの?アヘン戦争でCHINAを侵略したイギリスなんかは、『こんな連中だから、植民地支配をしてやったんだ』って溜飲を下げているのかもしれません。

 少なくとも、彼らのボイコット運動には当事者意識が欠けています。第一、北京オリンピックに決定したのはあんたたちでしょ?それ以前に、欧米がCHINAを蚕食して植民地支配したのがことの発端です。

 それにしても、国連(連合国と訳すのが正しい)の『拒否権を持つ』安保常任理事国って、アメリカ、イギリス、ロシア(旧ソ連)、フランス、CHINA』だったよね。全部侵略植民地政策を採った核兵器を持つ無茶苦茶な国じゃない。


 大阪が候補国中、一番最初に落選して、北京が決まった時点で、悪質な冗談だと思っていたのですが、決まったものは決まったもので、こうなることは目に見えていました。

 オリンピックの選考過程を振り返りましょう。

 2008年夏季オリンピック開催地投票( 2001年7月13日にモスクワで開かれた第112回IOC総会)
都市       国        1回目     2回目
北京      中華人民共和国   44      56
トロント       カナダ     20      22
パリ       フランス     15      18
イスタンブール   トルコ     17      9
大阪        日本      6 (1回目最下位で落選。2回目に進めず)


 うへえ!改めて驚くねえ。ぶっちぎり1位だよお!

 北京オリンピックの特色として、以下があげられるそうです。

「東西文化の交流」=ダルフール虐殺で大活躍。ミャンマー軍事政権へも支援しているそうです。
「緑の五輪」=砂漠化で黄砂酷し!日本が送った苗木は片っ端から盗まれ、山の地肌を緑のペンキで塗る。
「発展途上国初の五輪」=人権感覚に関しては、発展途上どころか、発展しようとする気がハナからない。
「節約型五輪」=インフラ整備を日本に押し付けた。


 ところが、何を勘違いしたのか、日本人に対する悪意の自虐売国利権のためか、日本の国会では、超党派の『北京オリンピックを支援する議員の会』ができました。

 例えば長野オリンピックや札幌オリンピックや、東京オリンピックが開催されたときに、海外に『支援する会』なんてできたことがあるわけ?

 特に『長野オリンピックを支援する会』なんて、CHINAの共産党の要人が結成したなんて聞いたことないんですけどね。

『北京オリンピックを支援する議員の会』って、結局のところ、『北京オリンピック=CHINA』で得られる利権のためなら、CHINAの漢民族の庶民やいわゆる55少数民族の人権なんか、関係ねえのおっぱっぴいの人達なのです。
 
 官房長官当時(平成5年8月4日)、『慰安婦問題』に関し、ありもしない『政府・軍の関与、強制』を認め謝罪した『売国自虐利権の親玉』の河野洋平さんが会長になっているのは笑ってしまいます。

 保守も革新もありません。このメンバー見たら、メディアがチベット問題をうやむやに報道する理由が分かります。これはブレーキのない車ですね。うへえ!『仲良きことは美しいかな』だよお!


 以下にその人たちの名簿を記します。自虐ついでに石碑に刻んで、ポタラ宮の前と日本の人権行政を司る『法務省』の門前に建立して世界遺産登録申請したら?


 北京オリンピックを支援する議員の会名簿。

会長
河野洋平 自民党(党籍離脱中) 衆議院神奈川17区

会長代理
中川秀直 自民党 衆議院広島4区 、鳩山由紀夫 民主党 衆議院北海道9区

副会長
加藤紘一 自民党 衆議院 、高村正彦 自民党 衆議院 、古賀誠 自民党 衆議院
島村宜伸 自民党 衆議院 、谷垣禎一 自民党 衆議院 、中馬弘毅 自民党 衆議院
津島雄二 自民党 衆議院 、 二階俊博 自民党 衆議院 、額賀福志郎 自民党 衆議院
福田康夫 自民党 衆議院 、町村信孝 自民党 衆議院 、森山眞弓 自民党 衆議院
山崎拓 自民党 衆議院 、片山虎之助 自民党 非議員(落選中)
岡田克也 民主党  衆議院、 川端達夫 民主党  衆議院 、輿石東 民主党  参議院
田名部匡省 民主党 参議院 、北側一雄 公明党  衆議院 、漆原良夫 公明党  衆議院


顧問
海部俊樹 自民党 衆議院、小泉純一郎 自民党 衆議院 、森喜朗 自民党 衆議院
青木幹雄 自民党 参議院、小沢一郎 民主党  衆議院 、 羽田孜 民主党 衆議院
横路孝弘 民主党  衆議院 、渡部恒三 民主党  衆議院 、今泉昭 民主党  非議員(引退)、小川敏夫 民主党  参議院 、 綿貫民輔 国民新党 衆議院 、
志位和夫 共産党 衆議院 、福島瑞穂 社民党 参議院


幹事長
野田毅 自民党 衆議院熊本2区

幹事長代理
大島理森 自民党 衆議院

副幹事長
逢沢一郎 自民党 衆議院、石原伸晃 自民党 衆議院 、衛藤征士郎 自民党 衆議院
川崎二郎 自民党 衆議院、 河村建夫 自民党 衆議院 、斉藤斗志二 自民党 衆議院
船田元 自民党 衆議院 、保利耕輔 自民党 衆議院 、小野清子 自民党 参議院
中曽根弘文 自民党 参議院 、真鍋賢二 自民党 非議院(落選中)
赤松広隆 民主党  衆議院


幹事
伊藤信太郎 自民党 衆議院、井上信治 自民党 衆議院 、今津寛 自民党 衆議院
遠藤利明 自民党 衆議院、大村秀章 自民党 衆議院 、小野寺五典 自民党 衆議院
小渕優子 自民党 衆議院 、岸田文雄 自民党 衆議院 、北川知克 自民党 衆議院
木村義雄 自民党 衆議院 、竹下亘 自民党 衆議院 、谷本龍哉 自民党 衆議院
西村明宏 自民党 衆議院 、荻原健司 自民党 参議院 、武見敬三 自民党 参議院
林芳正 自民党 参議院 、山本一太 自民党 参議院 、奥村展三 民主党  衆議院
近藤昭一 民主党  衆議院 、長安豊 民主党  衆議院 、北澤俊美 民主党  参議院
田端正広 公明党 衆議院、穀田恵二 共産党 衆議院 、小池晃 共産党  参議院
照屋寛徳 社民党 衆議院


事務総長
小坂憲次 自民党 衆議院

事務局長
鈴木恒夫 自民党 衆議院

事務局次長
馳浩 自民党 衆議院 、橋本聖子 自民党 参議院、藤村修 民主党  衆議院

メンバー
愛知和男 自民党 衆議院 、あかま二郎 自民党 衆議院、安次富修 自民党 衆議院 、
麻生太郎 自民党 衆議院 、石田真敏 自民党 衆議院、伊藤公介 自民党 衆議院、
伊藤忠彦 自民党 衆議院、猪口邦子 自民党 衆議院 、今井宏 自民党 衆議院 、
井脇ノブ子 自民党 衆議院 、江崎鉄磨 自民党 衆議院 、江渡聡徳 自民党 衆議院、
大野松茂 自民党 衆議院、岡下信子 自民党 衆議院、奥野信亮 自民党 衆議院 、
鍵田忠兵衛 自民党 衆議院 、加藤勝信 自民党 衆議院 、金子善次郎 自民党 衆議院、
上川陽子 自民党 衆議院 、亀井善太郎 自民党 衆議院 、亀岡偉民 自民党 衆議院、
河井克行 自民党 衆議院、北村茂男 自民党 衆議院 、北村誠吾 自民党 衆議院 、
木原誠二 自民党 衆議院、木村勉 自民党 衆議院 、河野太郎 自民党 衆議院、
後藤茂之 自民党 衆議院、後藤田正純 自民党 衆議院、桜井郁三 自民党 衆議院 、
櫻田義孝 自民党 衆議院、佐田玄一郎 自民党 衆議院 、塩谷立 自民党 衆議院 、
新藤義孝 自民党 衆議院 、菅原一秀 自民党 衆議院、鈴木馨祐 自民党 衆議院 、
関芳弘 自民党 衆議院 、園田博之 自民党 衆議院 、平将明 自民党 衆議院、
高木毅 自民党 衆議院 、武田良太 自民党 衆議院、竹本直一 自民党 衆議院 、
田中和徳 自民党 衆議院 、谷公一 自民党 衆議院 、土屋品子 自民党 衆議院 、
土屋正忠 自民党 衆議院 、土井亨 自民党 衆議院 、土井真樹 自民党 衆議院、
富岡勉 自民党 衆議院、中野清 自民党 衆議院 、中山成彬 自民党 衆議院 、
並木正芳 自民党 衆議院 、西村康稔 自民党 衆議院 、 西本勝子 自民党 衆議院、
丹羽秀樹 自民党 衆議院、野田聖子 自民党 衆議院 、萩生田光一 自民党 衆議院 、
橋本岳 自民党 衆議院 、林幹雄 自民党 衆議院、原田憲治 自民党 衆議院 、
広津素子 自民党 衆議院 、藤野真紀子 自民党 衆議院、牧原秀樹 自民党 衆議院 、
松島みどり 自民党 衆議院 、松浪健四郎 自民党 衆議院 、松本純 自民党 衆議院、
松本文明 自民党 衆議院 、三ツ林隆志 自民党 衆議院 、三原朝彦 自民党 衆議院 、
山口俊一 自民党 衆議院、山本明彦 自民党 衆議院、山本幸三 自民党 衆議院、
吉川貴盛 自民党 衆議院、渡辺具能 自民党 衆議院、秋元司 自民党 参議院 、
浅野勝人 自民党 参議院、有村治子 自民党 参議院 、魚住汎英 自民党 参議院、
岡田直樹 自民党 参議院、岡田広 自民党 参議院 、金田勝年 自民党 参議院 、
加納時男 自民党 参議院 、岸宏一 自民党 参議院 、木村仁 自民党 参議院 、
山東昭子 自民党 参議院 、鈴木政二 自民党 参議院 、伊達忠一 自民党 参議院 、
谷川秀善 自民党 参議院、田村耕太郎 自民党 参議院、常田享詳 自民党 参議院、
保坂三蔵 自民党 参議院 、松田岩夫 自民党 参議院、山本順三 自民党 参議院、
吉田博美 自民党 参議院、若林正俊 自民党 参議院 、

公明党
北側一雄幹事長(衆議院・大阪16区)

 合計225人の衆参両院の議員が会に参加している。


 名簿には入っていませんが、政界復帰した、辻元清美さんのブログ2007年10月11日付けでは、『新しい中国大使と面談』を嬉々として報告されていました。

【新しい中国の特命全権大使、崔天凱さんと社民党本部で面談しました。
中国とは旧社会党以来の長いお付き合いです。今年は社民党の青年訪中団がうかがいます。今後も青年交流を互いに進めていこう、と確認しました。(中略)外交面でも平和政策を進めていきたい、と話して面談を終えました。】

 あのさあ!青年交流ってご存知ですか?日本の青年はまず、南京の『虐殺記念館』につれてかれるんですよ。ありもしない、日本兵が行ったというグロテスクで残虐非道な人形展示でもって判断力が未熟な青年を洗脳して、『反日自虐日本人』増やそうとしているわけですね。

 多分彼女も北京オリンピックを支援しているんでしょう。日本人は恥ずかしいねえ。

チベット問題についての、まっとうな報道 【ファイルG39の追加】 2008.03.22 

【ファイルG39の追加】 2008.03.22 チベット問題についての、まっとうな報道


ムーブ(大阪朝日放送=ABC放送)と勝谷誠彦さんと宮崎哲弥さんは偉いねえ


 チベット問題について、マスコミ批判をしたけど、ネットサーフィンをしていたら、You Tubeで、まっとうな報道をしている『ムーブ』という番組を見つけました。

 著作権は朝日放送株式会社にあります。でも、思いっきり関西ローカルだったらしいんだよ!キー局のテレビ朝日は、絶対こんな番組流さないだろうしね。

 だから、あえて載っけるよ!大阪朝日放送は偉いよ!大阪の報道は偉いよ。

 わかりやすいので、よろしければご覧ください。

前半



後半



 初めてYou Tubeの埋め込み記事をUPします。

 WIKI文法で、方法は『ARASHI LIFE』さんのこちらの記事で勉強させていただきました。ありがとうございます。
http://blogs.yahoo.co.jp/eb000131256/4318361.html

銀座界隈の風景 【ファイルPho8】2008.03.21 

【ファイルPho8】2008.03.21 銀座界隈の風景


ここはいつも賑やかだねえ


 ○○銀座と言うのは、日本中にあります。でも、ここが元祖で本家の銀座にある銀座さんです。

 ということで、チョコレートパフェの食後に、銀ブラとしゃれこみました。

 厳密に言うと、本来『銀ブラ』は、ただ単に、『銀座をブラブラすること』ではなく、吉井勇、菊池寛、芥川龍之介等多くの文学者がカフェーパウリスタの『ブラジルコーヒー』を銀座で飲みにいくことをそう言っていたそうです。

 文学青年のスノッブな言い回しで、気障な言葉だったわけですね。

 後に、それが一般化して『銀座をブラブラすること』がそう言われるようになったらしいのです。

 永井荷風なんかはこういう気取った繁華街は嫌いだったみたいだけどね。

 ディオールのお店があります。

  




 銀座と言えば、和光と三越です。

  




 2007年8月に発表された路線価によると、三越や和光の前は、鳩居堂(きゅうきょどう)前と並んで「路線価日本一」だそうです。【銀座4丁目三越前1㎡当たり 24,960千円 =2,496万円】

 ですから、その土地に見合った高収益店しか、店を持てません。それで、いきおい高級ブランドショップが軒をつらねることになります。

 銀座三越のライオンさんはずっとここに座っています。銀座の最も有名な待ち合わせ場所で、銀座のシンボルです。

  




 日本一値段が高い土地の上に君臨していて、動こうとしない三越ライオンさんは凄いねえ!座っている面積の土地代でマンションが買えるねえ!

 和光の手摺はお洒落ですね。

  




 ガラスに景色が映っています。

  




 蛇が二重に巻き付いています。

  




 御木本真珠店のディスプレイです。西洋の観光客の人に人気みたいで、皆さん写真を取りまくっていました。

  




 創立者である御木本幸吉さんは、1893年、アコヤ貝より半円真珠5個を発見し、半円真珠の養殖に成功。世界初の人工の真珠が誕生しました。

 1899年、東京・銀座の弥左衛門町(現在の並木通り付近)に世界初の真珠店である御木本真珠店をオープン。
 1905年、完全な球形を持った真円真珠を発明。06年、御木本真珠店をここ銀座4丁目に新築移転したのです。
 

 松屋銀座(Matsuya Ginza)のビルもピカピカです。

  




 マネキンさんのポーズが生意気だねえ。スジャータちゃんが同じポーズをとって、シルベさん向かって『バ~カ』って言って怒られてました。うへえ!

  




 西洋の人が被写体になったら、写真の雰囲気が違ってくるね。髪の毛と肌の色かな?

 ヴァイオリニストの確か諏訪内 晶子(すわない あきこ)さんが書いてたと思うけど、日本と西洋ではコンサートホールの客席が、全然違うんだって。日本人は髪の毛が黒いけど、向こうは金髪の人が多いから、明るいんだって。

 ファッション雑誌でも、日本のモデルの場合と西洋人のモデルの場合だと写真の雰囲気が違うけど、どうしてかな?ってずっと疑問でした。

 なんだ!銀座で普通に撮っても、これだけ違ってくるんだね。

 
 はっきり言ってこんなところに立たれたら、営業妨害だと思うんだけどねえ。

  




 カルティエがあります。昔は『カルチェ』といったらライターだったらしいけど、いまは嫌煙ブームでライターも肩身が狭いですね。

  




 面白いデザインのビルです。日照対策かな?

  




 バーバリーの看板で少しびっくり。

  




 岡本太郎作のオブジェ『若い時計台」です。銀座の柳も映っています。





 代表作の壁画『明日の神話』は結局渋谷に設置されることになりましたね。現在岡本太郎記念館になっている南青山のアトリエにも近いし落ち着くところに落ち着いたのかな?

 大阪吹田市の太陽の塔のそばでも良かった気もします。

 岡本太郎さんは、日本の画壇では評価低かったけどね。亡くなった後のほうが評価が高いのかもしれないねえ。


 有楽町のガード下です。こうやって撮ると結構素敵です。

  


 

秋葉原のお菓子だよ  【ファイルS24】 2008.03.20 

【ファイルS24】 2008.03.20 秋葉原のお菓子だよ


メイドクッキー・めざしチョコ・一心太郎のげんこつ飴

 
 アキバ系のおみやげ物はいろいろ楽しいねえ。

 それにしても、政治の記事って、書いてると気が滅入るし、気持ちがささくれだっちゃうね。特に時事物で新聞批判になると、すぐ古くなるから早く書かなきゃって焦るねえ。馴れない事はするもんじゃないよ!

 第一、こっちの方が楽しいし…。

 とりあえず言いたいことは書いたから、緩い記事に戻るよお☆

 あとはプロの方々にお任せします。

 みなさんのところにはゆっくり訪問させてね。

 記事が溜まっているので、取材は最近していません。去年の沖縄の記事はいつになるやら!


 まず、秋葉原というと、メイドカフェです。
 
 それで、メイドクッキーです。

 こういう『もええ』な箱に入っています。





 袋も『もええ』だねえ!





 にやり、にっこり、ぷんぷん、にこにこです。





 イラストは9種類あるそうです。味はミルク&メイプルとありますが。とっても甘くてさくっとしていて、これは美味しいよお!味も絵も良くて、『おたくのこだわり』が感じられて好感が持てます。

 おたくを怒らせたら怖いもんなあ!

 私はドランクドラゴンの塚地さんが演じるオタクが大好きです。あの人は風貌がオタクそのものですからねえ。

 そういえば、岡田斗志夫さんがダイエットに成功して、オタクらしくなくなりました。
 ダイエット自体オタクのこだわりと根性でやったのですね。オタク恐るべし!
 お勧めだよ!
 

 めざしチョコ

秋葉原名物でイチオシ商品と表示されていました。





 めざしのパッケージが特徴的でウケますねえ。

 個別包装はおみやげの鉄則です。





 中を出したら、『めざし』ではなく、魚雷型のチョコです。





 めざしは袋の写真だけなんだねえ。

 これはこれでかわいいねえ。

 食べたら、美味しいミルクチョコです。

 味は良いですよ。多分、アキバのバイヤーというのは、食に関しても結構レベルが高いんだと思います。さすがは手抜きをしないオタクの街です。

 オタクの人は甘いお菓子には評価が厳しいからねえ。オタク恐るべし!


 お次は一心太郎のげんこつ飴だよ!





 なめんなよ~!ちょんまげ天国
 げんこつなめても太郎はなめんなよ!
 男の中の男一匹!『天下のご意見番』って文字が躍ります。

 それにしても、こんなことやってる場合じゃないと思うんだけどねえ。政治家って、大衆受けを狙って、ひょうきんぶるとスベルことが多いけど、これは結構面白いから許すよ。

 中は真面目なきな粉が美味しいげんこつ飴です。美味しいよ。





 おまけも楽しいよ。





 それにしても、日本って本当に平和だねえ!

 世界の『アキバ』のお土産お菓子でした。立ち寄ったら買うといいかも☆

プロフィール

眼とろん星人

Author:眼とろん星人
FC2ブログへようこそ!

年別アーカイブ一覧

訪問者カウンダ―

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR