FC2ブログ

おたる水族館のトドさんは重量級。 【ファイルC141】2009.08.30 

【ファイルC141】2009.08.30 おたる水族館のトドさんは重量級。

でも運動神経抜群なんだよ

 前回のオタリアさんに引き続き、おたる水族館のトドさんです。

 こちらが多分、モンキチ君です。オス13歳 体重600kg





 多分こちらがジローさんです。オス22歳 体重700kg





 トドはアシカ科の中で最も大きい種です。

 お住まいは温暖な東部太平洋で、北はカムチャツカ半島やアラスカ湾から、南は中部カリフォルニア州沖まで達します。
日本では、10月から5月の間に北海道沿岸へやってきます。

 トドはかつて北海道の漁業関係者からは「海のギャング」と呼ばれ有害鳥獣とされていました。1960年代には、トドの生息地の沿岸漁民が行うトドの駆除(トド撃ち)は主に繁殖期である春に行われていたため、かつてはNHKのローカルニュースで「春の風物詩」として毎年報道されていたそうです。

 2000年代には農林水産省で駆除、環境省で保護という真っ向から相反する政策が取られたこともありました。これは、環境省の評価基準がIUCN(国際自然保護連合)と同じ基準に基づくのに対し、農林水産省では独自の基準を採用している為だそうです。
 現在、日本では絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)とされています。

 駆除されたトドは、「トドカレー」の缶詰で売られていて、「熊カレー」「えぞ鹿カレー」と並んで、北海道の土産物として知られています。
http://item.rakuten.co.jp/hokkaiya/w638b/

 北海道に行ったとき、「トドカレー」を買って食べたことがありますが。味はクジラ肉そっくりでした。美味しかったよ。

 漁業資源の保全と生態系保護は難しい問題ですね。

 お兄さんが餌をやると身をくねらせて食べます。





 柔らかい体だねえ。

 もちろん玉乗せ泳ぎもできるよ。





 アシカやオタリアさんより体が大きい分、大迫力。





 そのまま逆立ちだってできるよ。





 巨体をのっしのっしと揺らしながら、急な階段を上ります。





 飛び込み台の一番てっぺんまで到着したのはジローさん。





 こんなに高いところなのに怖くないのかな?

 ジローさん、まっさかさまに飛び込んじゃったよ!





 巨大なサツマイモさんみたいだねえ。一段下にいるのはモンキチ君です。

 凄い量の水しぶきです。





 カッコ良いねえ。

 おたる水族館は本当に凄いねえ。


 追記
 確認のため、おたる水族館のHPを覗いたら、こんな記事が載っていました。

トドのジロー
とど・おたりあ[掲載日:2009-08-13]
8月13日、トドのジローが死亡しました。
死因は腸捻転です。

 あんなに元気に飛び込んでいたのにねえ。腸捻転って人間でもよくあるけれど、トドさんは脂肪が多いから、分かりにくいのかな?人間でも、お相撲さんは盲腸の手術さえ大変だっていうからねえ。
ジローさんのご冥福を謹んでお祈りいたします。
スポンサーサイト



小樽市総合博物館(本館)の7100形しづか号は開拓仕様だよ。 【ファイルR1】2009.08.27 

【ファイルR1】2009.08.27 小樽市総合博物館(本館)の7100形しづか号は開拓仕様だよ。

西部劇みたいで、かっこいいねえ。

 7100形は、京浜、京阪神に次ぎ、1880年(明治13年)に手宮~札幌間の北海道初の鉄道(北海道開拓使の幌内鉄道)が開業した際にアメリカから輸入されました。

 これは北海道開拓使が、大陸での開拓の経験があるアメリカ人の指導によるものだったからです。

 アメリカはピッツバーグのH・K・ポーター社製です。





 正面の煙室扉にぐるりと、H.K.PORTERとPITTSBURGHって書かれていますね。
 真ん中の『6』が6号機という意味で、1 号機から6号機には番号順に、「義經(義経/よしつね)」、「辨慶(弁慶/べんけい)」、「比羅夫(ひらふ)」、「光圀(みつくに)」、「信廣(信広/のぶひろ)」、「しづか(静/しづか)」と命名されていたそうです。

 アメリカ合衆国の鉄道の歴史はイギリスと並んで古く、技術が優れていたのです。
 だから、この機関車は札幌の時計台同様、アメリカの文化遺産でもあるのです。
 
 前輪がスカートみたいな形の枠で隠れていますが、これはカウキャッチャーといって、牛などの障害物と衝突したときに機関車を守る役目をしています。

 あと、大型ヘッドライト、ダイヤモンドスタック煙突(火の粉が煙突からでないようにするための装置)、警鐘が特徴的です。

 なんか、西部劇の列車強盗の場面に出てきそうな機関車だねえ。

 丁度ビリー・ザ・キッド(Billy the Kid, 1859年11月23日 - 1881年7月14日)の時代だから、当たり前だねえ。

 テンダー(炭水車)部に大きく『しづか』と書かれています。





 これは札幌の演武場に時計台の設置を発案したことでも有名な、黒田清隆開拓使長官の筆だそうです。
 当初、アメリカ人技師は、幌内鉄道を軌間(レールの幅)914mm程度の軽便鉄道(けいべんてつどう)規格で考えていたのですが、黒田清隆長官は、将来、他の路線と連絡ができるように、内地と同じ1067mm軌間を採用しました。この決断は道内の鉄道網の整備発展に大いに寄与しています。

 黒田清隆さんは、薩摩閥の重鎮で、西郷隆盛さんと対立したあの黒田さんです。後に明治21年(1888年)4月、二代目の内閣総理大臣になっています

 機関室の内部です。





 後の国産機関車D51のそれと比べて、かなりシンプルです。
 リベットのぶつぶつが並んでいる赤い部分の中央下の黒い丸い鍋の底みたいな部分が投炭口です。ここから石炭を投げ入れます。

 機関室から見たテンダー(炭水車)部。





 手前の開口部から、機関士さんが、スコップで石炭を取り出すんだねえ。

 斜め後ろから見たしづか号





 金色の警鐘(ベル)が見えます。もちろん別に警笛もあります。シリンダーも小さいねえ。
 動輪径914mmで最高時速50㎞/hです。

 正面から見たらこんな感じ。





 しずか号の銘版です。





 客車を従えて、かっこいいねえ。





 7100形は、日本国内では、この『しづか号』と、神田にあった交通博物館から、さいたま市大宮区に開館した鉄道博物館に移された『辨慶(べんけい)号』、大阪弁天町の交通科学博物館に動態保存されている『義經(よしつね)号』が現存しています。

 3機ともかっこいいので、大人気です。

『義經(よしつね)号』も神田時代の『辨慶(べんけい)号』も見たことがあるけれど、さいたまの鉄道博物館にはまだ行っていません。そのうち行ってみたいものです。

参考:日本の鉄道車輌史 久保田博著 グランプリ出版

おたる水族館のオタリアさんのショーだよ。 【ファイルC140】2009.08.24 

【ファイルC140】2009.08.24 おたる水族館のオタリアさんのショーだよ。

オタリアさん賢いねえ

 オタリアさんはアシカ科アシカ亜科オタリア属の海棲哺乳類です。
 別に『おたる』のアシカさんだからオタリアさんではありません。
 それにしても、去年のおたる水族館の記事がまだまだ残っているねえ。

 さあ、授業のはじまりはじまり。





 分かった人は手を上げてね。





 はーい。
 良い返事だねえ。

 さっそく問題を解きます。
 足し算だけじゃないよ。
 2×4はいくつかな?





 大正解!

 オタリアさんのお住まいは、チリ、ペルー、ウルグアイ、アルゼンチンなどの沿岸です。
 だから英名ではSouth American Sea Lion(南アメリカアシカ)と呼ばれています。
 よくアシカショーではカリフォルニアアシカさんが活躍しますが、オタリアさんのショーも増えているんだって。

 こんどはボールのリレーだよ。





 凄いバランス能力だねえ。

 お兄さんがボールを投げるよ。





 ナイスキャッチ!





 低いボールなのにぴたっと鼻先で受け止めます。サッカーの選手より上手だねえ。

 そのまま水中をすいすい。





 ピラミッド逆立ちでござい。





 3人は仲良し。





 お兄さん、高いところは苦手だよお。





 お兄さんにしがみつくオタリアさん。

 回転飛込みだよ。





 最後にみんなで『世界に一つの花』を合奏します。
 指揮はお兄さん。





 最後のシンバルが決まったね。





 ということで、楽しいショーでした。みんな仲良くがんばっていて楽しかったねえ。
 機会があったら会いに来てね!

上野東照宮は江戸の守り(その3) 【ファイルT104】2009.08.21 

【ファイルT104】2009.08.21 上野東照宮は江戸の守り(その3)

こまかい彫刻だねえ。

 ということで、前回からの続きです。
 前回の記事はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/49189447.html

 最初からご覧になる方はこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/49163018.html 
 この扉には法輪が描かれています。





『法輪』は仏教の教義を示すシンボルとして用いられ、八方向に教えを広めるという意味を込めて車輪形の法具としてデザイン化されました。
それで車輪のスポークが8本なのですね。

 卍と共に仏教のシンボルとして信仰されてるそうです。

『法輪=教義』という考え方は支那でも道教に取り入れられました。
そういえば、佛家と道家の思想をもとにした気功で支那の政府に大弾圧を受けている『法輪功』という団体もありましたね。

 本殿には家康公、吉宗公、慶喜公、寒松院(藤堂高虎)、天海僧正の御神体が安置してあります。

 こちらの彫刻も見事ですね。





 朱と金と黒のコントラストが渋いねえ。





 こちらは牡丹です。





 銅燈籠の獅子です。





 龍が波を吐いています。





 それぞれ形が違います。





 まるまるした狛犬さんです。





 神楽殿です。





 これは1874年に深川木場組合が奉献したものです。

 深川木場は明暦の大火(1657年3月2日)後、幕府によって深川築地が埋め立てられ、材木の貯留所である木場が設置されて、新大橋、永代橋が架けられました。
 後に深川木場は、材木商人として財を成した豪商紀伊国屋文左衛門や奈良屋茂左衛門も一時邸を構えたほど隆盛を極めたんだよ。

 だから、これが奉献されたんだねえ。

 屋根の勾配の美しさは都下随一といわれているそうです。
 毎年お花見の時期に御神楽の奉納が行われます。

 お花見に御神楽を奉納して、ご先祖様に喜んでもらうんだねえ。

 これは大きな鈴だねえ。





 最後に苔むした木を写しました。
 




 こういう神域によって、江戸は守護されていたのですね。

 それにしても、今の時代は、後世に何を残せるのでしょう?
 ふとそんなことを考えてしまいました。

おたる水族館のハナミノカサゴさん。 【ファイルC139】2009.08.19 

【ファイルC139】2009.08.19 おたる水族館のハナミノカサゴさん。

華やかで毒があるお魚だよ

 この前はシマウマさんの記事でしたが、今回は海に住む縞々のお友達です。





 ハナミノカサゴさんだよ。
 よく似たミノカサゴとは顎の下から胸にかけて縞があることで区別できます。

 ゆったりと漂うように泳いでいます。
 きれいなのでダイバーに人気があります。
 背の棘には毒があって、これに刺されると、酷いことになるそうです。蛋白毒なので、応急処置としてできるだけ熱いお湯に患部をつけると痛みがマシになるそうです。でも、早く病院に直行したほうがいいみたい。

 お住まいは、南日本の太平洋沿岸、伊豆・小笠原諸島、琉球列島;東部インド洋~中・西部太平洋の熱帯域です。
 砂地にあるサンゴの根に住む小魚を食べているそうです。

 縞々もようが綺麗です。
 これは海草に紛れる保護色の役割(カムフラージュ)と、毒があるぞっていう威嚇(フラッシング)の役割があるそうです。

 正面の顔は、なんとなくシマウマさんと似ています。





 2人で写ると華やかな感じがします。





 後ろから見るとこんな感じ。





 テレビのテストパターンのような模様の前で挨拶をしてくれましたよ。





 さようなら、元気でね。

上野東照宮は江戸の守り(その2) 【ファイルT103】2009.08.16 

【ファイルT103】2009.08.16 上野東照宮は江戸の守り(その2)

こまかい彫刻だねえ。

 ということで、前回からの続きです。
 前回の記事はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/49163018.html

 金箔と極彩色の模様と、透かし彫りの彫刻が見事です。





 三つ葉葵の模様も、金具も立派だねえ。





 こちらの陽明門も見事です。





 前回も書きましたが、徳川家康さんは、亡くなって、東照大権現(とうしょうだいごんげん)という神様になりました。

 戒名は東照大権現安国院殿徳蓮社崇譽道和大居士(とうしょうだいごんげん あんこくいんでんとくれんしゃすうよとうわだいこじ)と
 安国院殿徳蓮社崇誉道和大居士(あんこくいんでんとくれんしゃすうよとうわだいこじ)です。

 誉号がつけられるのは浄土宗の戒名だそうです。

 今の人は、気安く徳川家康さんと呼んでいますが、これは当時とても恐れ多いことで、家康さんは亡くなった後、江戸時代を通じて、御家人・旗本からは「東照神君」、「東照宮」と呼ばれ、一般には「権現様」(ごんげんさま)と呼ばれていました。

 それで、現役の徳川将軍は、当時の人は公方(くぼう)様と呼んでいました。
徳川綱吉の「犬公方」っていう言い方がありますね。

 それでもって、今の人は、『幕府』とか『江戸幕府』とか気安く呼んでいますが、江戸時代は幕府なんて失礼な呼び方をしていません。

『幕府』なんて呼ぶようになったのは、討幕派があらわれてからで、当時の人は、公儀(こうぎ)とかお上と呼んでいました。
 公儀隠密(こうぎおんみつ)っていう言葉がありますね。

 時代劇を見ていたら、倒幕派でもない、普通の登場人物が『幕府』って呼んでいてびっくりすることがあります。

 庇の裏も手を抜かず、贅をこらしています。





 社殿造営と同時に植えられた梓(あずさ)の木です。





 雷よけの木として知られ、樹齢は約360年といわれているそうです。

 社殿が浮かび上がっているように見えますね。





 鬼門封じのお猿さんです。





 口を閉じた吽形(うんぎょう)獅子が守護しています。





 唐破風の曲線が綺麗だねえ。





 こちらは口を開いた阿形(あぎょう)です。





 雉さんもいます。





 豪華だねえ。





 ということで、次回に続きます。

多摩動物公園のグレビーシマウマさん。 【ファイルC138】2009.08.13 

【ファイルC138】2009.08.13 多摩動物公園のグレビーシマウマさん。

一番大型のシマウマさんだよ

  多摩動物公園の記事がお留守になっていました。

 陸上動物一のグッドデザインはなんと言ってもシマウマさんです。





 かっこいいねえ。
 
 正面から見たら、顔がTの字だねえ。





 シマウマさんの模様について、「アメリカ人やドイツ人など白人は、白地に黒い縞模様と考えているが、アフリカの黒人たちは黒地に白い縞模様だと考えている」というジョークがあるそうです。

 人間は自分を基準だと思うからねえ。
 実際のところは、お腹が白いことから、シマウマは白地に黒というのが定説のようです。

 たてがみと胴でしましま模様が連続して、とぎれていません。





 良くクイズ番組で、お尻からみたシマウマの模様を描きなさいという問題が出ますが、これが正解だから、覚えておいたらいいかも。





 主食は草ですが、木の葉なども食べます。動物園では、青草(冬は乾草)ウマ用ペレット、家畜用配合飼料をあたえています。





 この人が一番大きくて立派でした。





 多摩動物公園HPでは、生息地:アフリカのスーダン南部、エチオピア、ケニア北部、ソマリアの草原地帯とあります。でも、ソマリアでは1973年以降の目撃例が無いので絶滅したんじゃないかって言われているそうです。

 政情がややこしそうな場所に住んでいるねえ。

 シマウマのなかでは最も大型で、丸くて大きな耳を自由に動かして、体の位置を変えずに遠くの音の方向を知ることができるそうです。

 グレビーシマウマさんの縞は、はばがせまくて数が多く、足のしまがひづめの上まであり、腹にはしまがないのが特徴です。それで見ていると目がチカチカするのですね。オプ・アートの元祖です。

 5~20頭くらいの小さな群れで草原や木のまばらな林にくらしていて、開発による生息地の破壊や水資源の枯渇、食用や毛皮目的の乱獲、家畜との競合、観光客による繁殖の妨害などにより野生では絶滅が心配されています。

 よく、動物園は動物虐待で、野生保護に力をいれるべきだ。という人がいます。
 でも、全世界の人が飛行機に乗って、野生動物を見に行ったらどうなるのでしょう?それこそ環境破壊で、野生の繁殖の妨害です。

 現地にとって、観光収入は外貨獲得の貴重な手段ですから、観光客を否定するわけにはいきませんが、現地に行けない人が、動物園に接することは贅言を費やすより、野生保護に対する教育効果を生みます。

 野生保護はもちろん大切ですが、そのための世界的なコンセンサスは、実物をみないことには、形成することができません。

 そして、動物園での生態研究は野生保護にとって貴重な知見となってフィードバックされるのです。

 シマウマなんて、実物をみてどうしてこんな模様なんだろうと考えざるをえません。

 本人はそんなことはおかまいなしに尻尾を振って、さよならしてくれました。





 元気でね!



[

上野東照宮は江戸の守り(その1) 【ファイルT102】2009.08.11 

【ファイルT102】2009.08.11 上野東照宮は江戸の守り(その1)

平成21(2009)年1月からの保存修理の前の姿だよ。

 上野東照宮の正式名称は東照宮ですが、他の東照宮との区別のために鎮座地名をつけて上野東照宮と呼ばれています。

 まず、大石鳥居(国指定重要文化財)が迎えてくれます。





 1633年(寛永10年)酒井忠世が建築奉納しました。
 石材には備前の御影石が使用されています。
 基礎工事が万全だったため、関東大震災の折にも少しも傾かなかったことで有名だそうです。

 上野東照宮は社伝によると

1616年、2月4日、お見舞いのために駿府城にいた藤堂高虎と天海僧正は、危篤の家康公の病床に招かれ、三人一つ所に末永く魂鎮まるところを作ってほしいという遺言を受けました。そこで藤堂家の屋敷地であった上野に1627年に東照宮を造営しました。
 とあります。

 藤堂高虎(とうどう たかとら)は宇和島城・今治城・篠山城・津城・伊賀上野城・膳所城などを築城した築城の名手で、武将・大名。伊予今治藩主です。

 家康は高虎の才と忠義を高く評価し、外様大名でありながら譜代大名格(別格譜代)として重用しました。江戸城の縄張り(築城法、設計)などの功により、後に伊勢津藩の初代藩主にとりたてています。

 戦国時代、上野山は忍岡(しのぶのおか)と呼ばれていました。
 忍岡に伊賀国上野を本拠地とする藤堂高虎の屋敷が置かれ、後に徳川将軍家の菩提寺である寛永寺が建立され、門前町が開けるようになってから寛永寺付近の一帯を『上野』と呼ぶようになったのです。

 伊賀上野に地形も似ているんだって。

 上野は伊賀上野が本家なんですね。私はてっきり、○○銀座のように、伊賀上野が江戸の上野を真似っこしたんだと思っていました。

 天海僧正(てんかいそうじょう)=南光坊天海(なんこうぼうてんかい)は天台宗の僧侶です。
 11歳で僧になり、比叡山などで天台宗、足利学校で孔子・老子を学びます。
 1608年、家康に招かれ天台の教えを説き、感銘を受けた家康に重用され、108歳で大往生をとげるまで、家康、秀頼、家光の3代に使え、幕府のブレーンとして活躍しました。

 天海僧正は家康の死後、神号(しんごう)をめぐって、明神(みょうじん)号を提案した金地院崇伝(こんちいん すうでん)と争って、権現(ごんげん)号を主張します。

 家康さんは死んで神様になって、江戸を守護しないといけないのですが、何の神様になるかという問題ですね。人が神様になるのは、『天神』さまという神様になった菅原道真さんが有名ですね。

 結局、家康さんは天海僧正の主張どおり『東照大権現(とうしょうだいごんげん)』という神様になり、遺体はいったん久能山に埋葬され一年後に山岳信仰の霊場である日光の東照宮に改装されました。
 祭祀は天海僧正がつかさどっています。

 東照宮は日光のほかにも静岡の久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)と、ここ上野の東照宮など、江戸時代には300社ほどありました。
 現在は100社ほど残っていて、出世開運のご利益があるそうです。
 日光も久能山もかなり昔に行ったことがあるけれど、また行ってみたいものです。

 社殿の拝殿屋根に金ぴかの水戸黄門でおなじみ、徳川家の『丸に三つ葉葵(みつばあおい)』のご紋が刻印されています。





 社殿は国指定重要文化財で参道側から拝殿、幣殿(石の間)、本殿の三つの部屋からなる権現造りです。
 後ろの大きな建物が社殿で、前にあるのが唐門です。





 唐門も国指定重要文化財です。
 絵馬には日本語や英語はもちろんのこと、他の国の文字も書き込まれています。





 唐門両脇の龍です。





 左甚五郎作の龍の彫刻です。これが毎夜不忍池の水を飲みに行くという伝説があります。

 お賽銭箱にも徳川の紋章が。鈴が置いてあります。





 銅灯籠です。





 天女と龍があしらってあります。
 銅灯籠は全48基あって、これも国指定重要文化財です。寛永慶安年間に諸大名が奉納しました。

 お金を払って入場します。
 このときは建物内部も見学できたのですが、平成21年1月より神社の文化財保存修理を開始していて、修理中の建物内部は見学できないそうです。
 HPはこちら。
http://www.uenotoshogu.com/

 左には石灯籠、右には菱格子の「透塀(1651年建築。国指定重要文化財)」が連なります。





 栄誉大権現です。





「お狸様」「夢見狸」と呼ばれ親しまれています。
 江戸時代に奉献された大奥で災いをもたらし、その後も安置された大名、旗本諸家を潰した悪業狸として有名でしたが、大正年間に東照宮に寄贈されてから災いがなくなったといわれています。
 現在は、他を抜く狸という縁起から強運開祖の受験の神様として信仰されています。毎年多くの受験生の方が合格祈願のお参をするそうです。

 東京とは思えない緑です。









 ということで、次回に続きます。

神戸市王子立動物園のオランウータンの赤ちゃんはムムちゃんだよ。 【ファイルC137】2009.08.08 

【ファイルC137】2009.08.08 神戸市立王子動物園のオランウータンの赤ちゃんはムムちゃんだよ。

かわいくて反則だねえ

 記事がたまっているのですが、赤ちゃんの記事を先にアップしますね。
 赤ちゃんはすぐ大きくなるからねえ。

 2009年(平成21年)4月2日(木)に生まれたムムちゃん。





 男の子だよ。親指をしゃぶっています。

 お母さんはボルネオオランウータンのバレンタインさん(23歳)です。





 親指立てて喜んでいます。やったね。
 バレンタインさんは以前ご紹介したことがあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/33195338.html

 バレンタインさんもとっても人好きな人です。
 
 出産後、しばらく様子を見ていましたが、母親から授乳することができないため、現在は人工哺育を行っているそうです。

 お父さんは2007年12月に福岡市動物園から繁殖目的で借り入れ(BL:ブリーディングローン)をしていたミミさん(40歳)です。
 ミミさんは今年3月に繁殖目的で今度は大阪市天王寺動物園へ派遣されました。ミミさん忙しいねえ。

 お父さんのミミさんの記事はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/51299807.html

 日本でのオランウータンの出産例は過去に76例あって、今回の出産は2007年の旭山動物園での出産以来、約1年8ヶ月ぶり77例目となるそうです。

 ムムちゃんはフサオマキザルさんやワオキツネザルさんたちがいるサル舎の裏にある類人猿舎の一階の西側の部屋にいます。

10:00~11:00、15:30~16:30の間だけ公開です。

 王子動物園では、7月17日(金)~8月16日(日)の間、新型インフルエンザで遠のいた神戸への観光客を呼び戻すため、「行こう!神戸」キャンペーンの無料開放を実施していました。といっても、通常の入場料は600円だからねえ。

 ガラス越しで、その上に保育器の中にいるので、写すのが難しいねえ。





 甘えん坊の顔をしています。

 窓の外のお客さんに興味津々です。





 良いお顔だねえ。





 両手を振り回してご機嫌です。





 お人形にかこまれてウインクしています。





 プレゼントされたのかな?物持ちだねえ。

 おさるさんの足をはむはむしています。





 こんどはワンちゃんの足をもぐもぐ。





 しまじろうと一緒でうれしいねえ。





 お兄さんにあやしてもらっています。





 おさるさんを振り回して右手はにぎにぎしてるねえ。





 ミルクの時間が来たのでさようなら。





 ずっと愛嬌をふりまいてくれましたよ。

 元気で大きく育ってね。

叶匠寿庵 哲学の道 茶室棟でお茶をいただきました。 【ファイルT101】2009.08.05 

【ファイルT101】2009.08.05 叶匠寿庵 哲学の道 茶室棟でお茶をいただきました。

有名な和菓子のお店だねえ

 哲学の道をさらに下って、汗をかいたので、叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)で一服することにしました。
 叶匠寿庵 哲学の道 茶室棟です。





 暖簾もとっても涼やかな感じです。





 叶(かのう)さんといえば、最近は叶姉妹の美香さんと恭子お姉さまみたいですけれど、私にとって叶さんといえば、叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)さんを連想します。

 とてもいい場所に茶室があります。

 中庭もとっても綺麗です。





 お茶席の『季節の生菓子とお抹茶のおもてなし』です。





 これでお一人様1050円なりです。うーむ、こんなものかなあ?結構なお手前どす。

 名古屋弁のおばちゃんグループがはしゃいでいて、あとで頼んだ水が一番美味しいと、身も蓋もないことを言っています。

 うへえ!声が大きいよお。暑かったから、気持ちは分かるけどねえ。

 かわいいお人形さんも飾ってありました。





 ついでに、近所のデパートで買った叶匠寿庵さんの和菓子。

 銘菓詰め合わせ 夏 MN-9です。
 贈答用じゃないので、箱は無しでバラで買いました。箱代が別にかかるんだって。
 水羊羹です。





 上品な大納言小豆の甘さです。細かい漉し餡の舌触りとあっさりしたのど越しを楽しみことができます。

 一童天(いっこてん)です。





 一童天(いっこてん)にフォークを入れると。





 大納言小豆の粒あんの中に美味しい大粒の栗が入っていました。

 花寒露(はなかんろ)の梅です。





 梅酒&梅干風味の爽やかな酸っぱさが清涼感を感じさせる美味しいゼリーです。
 夏にぴったりだねえ。

 標野(しめの)です。





 これも梅のゼリーです。完熟させた城州白梅を使っているんだって。
 さっきのほど酸っぱくなく、どちらかというとスモモみたいな味がします。少しお酒が入っているのかな?大人の味です。

 お茶が美味しいねえ。

 滋賀県大津市に本社があるのですが茶道でよく使われるので、全国のデパ地下にお店があります。
 甘党の方にはお勧めです。

 ということで、哲学の道を散策されたときは話のタネにお立ち寄りください。


プロフィール

眼とろん星人

Author:眼とろん星人
FC2ブログへようこそ!

年別アーカイブ一覧

訪問者カウンダ―

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR