FC2ブログ

マンガ『ひな鳥ひなちゃん』(つくねちゃんシリーズ80~82) 【ファイルMZ40】2012.12.28 

【ファイルMZ40】2012.12.28 マンガ『ひな鳥ひなちゃん』(つくねちゃんシリーズ80~82)


コリンチャンスにチェルシーが負けた(つくねちゃんシリーズ80)


 




マッチ売りのひなちゃん(つくねちゃんシリーズ81)


 




ひなちゃんのおかたづけ(つくねちゃんシリーズ82)


 


スポンサーサイト



上野動物園のアイアイさんだよ(下) 【ファイルC258】2012.12.24 

【ファイルC258】2012.12.24 上野動物園のアイアイさんだよ(下)

アイアイさんの中指は長くて便利だねえ

 (上)からの続きです。
 (上)から読まれる方はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/53847636.html

 それで、アイアイさんの生態で特徴的なのは、その独特の餌の取り方です。

 例えば、まず異様なほど長く発達した中指で木を叩いて、その反響音を聞いて樹皮の下に木食い虫の幼虫がいるかを確認します。

 さぞかし美味しいスイカを選ぶのが得意だろうねえ。

 そして幼虫が居たらば、一生伸び続ける前歯で穴をあけ、その中指を差し込んで幼虫を引っ張り出します。

長くて便利な中指だねえ。この指のためにアイアイさんの別名はユビザルです。

 先述の『天才!志村どうぶつ園』では、わざわざ幼虫を捕って食べる映像を流して、それもわざわざそれを咬みちぎるところにモザイクをかけておどろおどろしいBGMを流して「こわいこわい」って集団ヒステリー状態。

 福原愛選手も、あの雰囲気じゃあとてもじゃないけど「可愛い」なんて言い出せないねえ。

 私にとっては、韓国料理の参鶏湯(サムゲタン)を食べている人の姿の方がよっぽどグロテスクで怖いのだけどね。むしろあっちの方にモザイクかけて欲しいんだけど。

 実はアイアイさんは虫だけを食べるのではなく、というより雑食で、主食は虫じゃなくてラミーの実(カンラン科)なのだそうです。

 あと果実、花の蜜(タビビトノキ)、樹皮、キノコなども食べるのですが、それらの中身をほじくり出すときにもこの中指を使います。

 ライチの中身を食べているところ。





 長い中指がにょっきり伸びているねえ。

 上野動物園では、りんご、きゅうり、トマトなどの果実野菜類、ナッツ(マカダミアナッツ、くるみ)、幼虫(ミールワーム)、ハチミツなどを与えているそうです。

 親指第(1指)は人間と同じ平爪(ひらづめ)ですが(サルの仲間である特徴の一つ)、この長い中指(第3指)も含め、第2~5指は鉤爪(かぎづめ)で親指と対向し、木にぶら下がりやすくなっています。





 




 頭胴長30~37㎝、体重2~3㎏です。

 岩本光雄 「サルの分類名 (その8:原猿)」『霊長類研究』Vol.5、日本霊長類学会、1989年によると、アイアイ(英名aye‐aye)の名前は現地での呼称である『hay-hay』、『ahay』、『aiay』に由来するそうです。

 これは、Wikipediaの『アイアイ』の項目にも載っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A4

 ところが!

 Wikipediaの『アイアイ (童謡)』の項には、アイアイの名前は、『現地人がこの動物を見て上げた驚きの声』を名前だと勘違いしたのが由来という出典のない俗説が書かれていますが、こちらの方が面白いので、ネットではこの説が広く流布されているようなのです。

【どういうわけか、この記事だけURLをコピー・ペーストしてもジャンプしないので、お手数ですが『WIKI アイアイ(童謡)』で検索してくださいね】

 『天才!志村どうぶつ園』をはじめとした巷間に流布しているアイアイに関する偏見の出所はこの記事のような気がしてなりません。

 『西洋人がカンガルーを指して「あの動物は何と言うのか」と訊いたところ、現地人は(外国語では何を言いたいのか)「わからない」という意味で「カンガルー」と答え、これがこの動物の通称となった』という俗説同様、こういったヨタ話の方が世間に受け入れられるんだねえ。

 本当に困ったものです。

 Wikipediaはとても便利なのですが、投稿の寄せ集めで、記事によっては項目間の整合性も取れていませんし、文章も酷いし、誤字も結構あるので注意が必要です。

 ネットでは、致命的な誤字のせいで全く意味が全く通じなくなったWikipediaの記事を、そのままコピー・ペーストしている記事が多く見られます。


 それはともかく、アイアイさんは雑食ですから、ココヤシ、サトウキビ、マンゴー、ライチといった農作物を食い荒らすため、害獣とみなされて駆除されたり、開発による生息地の森林破壊などによってその生息数は減少しています。

 そのため現在はワシントン条約附属書Iに記載され保護されています。

 珍しくて人気があるお猿さんだから余計に大切に保護してもらいたいものだねえ。

 さようなら、元気でね。





今回はとっても可愛い上野動物園のアイアイさんでした。

上野動物園のアイアイさんだよ(上) 【ファイルC257】2012.12.23 

【ファイルC257】2012.12.23 上野動物園のアイアイさんだよ(上)

アイアイさんは断固として可愛いお猿さんだよ!

 ご存じの通り、上野動物園は日本最古の歴史を持つ老舗動物園です。
 
 世界三大珍獣と呼ばれるパンダ、オカピ、コビトカバを揃って飼育しているところが貫禄です。あと、ボンゴさんが揃えば世界四大珍獣のフル・コンプ(フル・コンプリート=完全蒐集)だねえ。

 世界四大珍獣の記事はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/51829277.html

 それだけではありません。上野動物園の凄いところの一つが、日本の動物園で唯一アイアイさんがお住まいだということです。

 上野動物園では、平成11(1999)年にマダガスカルのツィンバザザ動植物公園と友好に関する協定を結び、平成13(2001)年10月22日に日本初の2頭(オス1、メス1)のアイアイさんが、同園から来園して以来、アイアイさんを飼育展示しているのです。


 アイアイさんといえば、

『アー~イアイ、アー~イアイ、おさ~るさあんだね~♪』という相田裕美作詞・宇野誠一郎作曲の童謡『アイアイ』【昭和37(1962)年】で有名ですね。

 この曲は明るくてモダンで楽しい昭和童謡を代表する名曲のひとつだと思います。

 以前来たときは真っ暗な上にアイアイさんも奥に引っ込んでいて、その存在自体が確認できませんでした。それで再挑戦です。

 アイアイの森に行ったらば、相変わらず真っ暗です。でも、今回はアイアイさんとおぼしき影が活発に動き回っています。

 筒に入った餌を食べたと思ったら、枝を跳んだり跳ねたり動きがめまぐるしいのです。
アイアイさんがこんなに落ち着きがない人たちだったなんて思っても見ませんでした。

 でも、暗すぎて写真どころじゃありません。ズームレンズを覗いてみたら、余計に真っ暗です。当然オート・フォーカスもうろうろ迷ってギュインギュインと唸りながら回り続け、さっぱり合点しません。

 無理矢理撮ったのが、こんな感じ。





 これじゃあヒマラヤの雪男の写真だよお!

 アイアイさんは夜行性なので、明るいと眠ってしまいます。それで、開園時間には暗くして動きを観察できるようにして、夜に照明を付けて睡眠が取れるように昼夜逆転させているのです。

 でも、動いていることは分かっても、こう暗くては・・・。

 グーグルで画像検索したらば、アイアイさんの写真は、上野動物園が撮影したものと、一般の人のものでは、お盆の時の夜間動物園で開演時間を特別延長していた機会をとらえて、通常閉園時間後に照明が点灯され、眠る直前に動いている時の姿を写したものがヒットしました。

 お盆にわざわざ上野動物園に行くのもねえ。

 50mmF1.4の明るいレンズに換えて、感度をISO1600でマニュアル・フォーカスにして撮ろうとしたのですが、それでも暗すぎてピントが合っているのかどうかさえ分かりません。

 それで、適当に距離を合わせて人影(アイアイ影?)にレンズを向けて“めくら撮り”をしました。

 モニター画像を見るまで何がどう写ったのか分かりません。失敗続きで撮っては消去しを繰り返してなんとか写った写真がこんな感じです。













 ということで、これでは記事にならないので、仕方なしに、館内のパネル展示の写真を写しました。それから、出口のところでビデオを放映していたので、それも写しました。

 このビデオも暗くてごめんなさいということで公開されているのでしょう。

 ビデオ映像にカメラを向けて写真を撮るのも何となく気恥ずかしいねえ。

 アイアイさんはマダガスカル島にのみお住まいのお猿さんです。

 よく、アイアイのお歌は、作詞した相田裕美さんが姿を見たこともないのに、適当に書いたので、本当は怖い容姿なのに、かわいく描かれているという蘊蓄(うんちく)がメディアで垂れ流されていますが、本当にそうなのかな?

 上野動物園のパネル写真やビデオ映像を写した写真でもって検証しましょう。

①アイアイは、『おさるさんだよ』『おさるさんだね』という歌詞から。

↑哺乳綱サル目(霊長目)アイアイ科アイアイ属に分類される霊長類(原猿類)だから大正解。真実です。

②南の島のお猿さん。

↑マダガスカル北部および北西部、東部に分布するから大正解。

③しっぽが長い。





↑ご覧のとおり大正解。

④木の葉のおうち。

↑ アイアイさんは熱帯雨林の木の上で暮らし、地上にはほとんど降りません。夜行性で、日中は大きな木の枝に葉や枝を組んだ球状の巣で丸くなって眠ります。155日前後の妊娠期間を経て、巣の中で1頭の子を産みます。

 だから大正解。

⑤お目目が丸い。





↑これまた大正解。

 『アイアイ』の歌詞は全て事実です。一点の嘘も混じっていません。

 これほど正確な歌詞はありません。


 それでもって、可愛いくないかって?

 歌のイメージどおり、可愛いねえ。









 ワオキツネザルさんにもスローロリスさんリスさんレッサーパンダさんにも雰囲気が似ているし。

 コアラさんにも似ているかな?





 相田さんが『アイアイ』を作詞した時点で既に実物をご覧になったことがあるかどうかは知りませんが、ちゃんと調べたであろうことは確かです。

 『実はアイアイは可愛くない。怖い顔をしている』という情報は、こういった写真のせいだと思います(上野動物園のパネル写真より)。





 先ほどのノーマル光の画像とちがって、ストロボ正面1灯光源だから、全く別人のように見えるねえ。

 人間の顔だって、暗い場所でストロボ撮影したら平板で怖い顔に写りますよ。瞳孔の血管の関係で目も赤く写るし、赤外線の暗視撮影だと目が白くて気味悪く写るし。

 だから、プロのスタジオカメラマンは、ライティングに苦労するのです。

 でも、この写真も私は充分可愛いと思うねえ。

 つい先日も、テレビ番組『天才!志村どうぶつ園(日本テレビ)』が、卓球の銀メダリスト『アイちゃん』こと福原愛選手をわざわざゲストに呼んでアイアイさんを紹介していました。

 この時放映された映像も、案の定暗い中で撮影された物だったので、目は赤く怖く不気味に写っていました。

 それでワンパターンの例の台詞を福原選手から引き出していました。

「想像と全然違う。歌のイメージと違う!」

って・・・。

 さらに、『マダガスカルの現地では悪魔の使いだと言われている』っていう説明で追い打ちをかけます。

 確かに多くの生息地では死や不幸の前兆や悪魔の使いとされて『出会ったら捕まえて埋めてしまわなければ自分が不幸になる』という言い伝えがあるほど畏怖や恐怖の対象とされているようですが、それは容姿のことを言っているのではないのは明らかです。

 なんせ上野動物園での展示ですら、まわりが暗いので肉眼だと、とてもとても容姿なんて分からないのです。

 それが月明かり星明かりぐらいしかないもっと真っ暗闇の夜の密林で、木々を猛スピードで飛びまわる決して小さいとはいえない獣の影を見たら、喩えその正体がキティちゃんだったとしても怖いし、びっくりするし、不吉だと感じるでしょう。

 上野動物園に来てみたら分かりますよ。

 幽霊の正体見たら、枯れ尾花です。

 『名前や童謡がかわいい』と持ち上げておいて、『じつは実物の容姿は怖い』と突き落としてその落差でウケを狙おうという、いつものテレビのあざとい演出手法です。

 一種のヤラセですね。

 ネット上のアイアイの記事でも、『歌は可愛いのに、実物は怖い』というまるで金太郎飴のような感想のオンパレードで、アイアイは可愛いという記事が見当たりません。

 インターネットが情報化社会の象徴と言われていて、一面それは真理だと思うのですが、単に偏った情報の拡大再生産装置に堕し、むしろ思考の画一化を促進する可能性も大きいということを私たちは肝に銘じなければなららいと思います。

 
 当ブログでは、メディアが流通させている『パンダの目は実は怖い』という出鱈目ウンチクをことあるごとに写真で否定してきましたが、本当にいい加減にしてほしいものです。大体、怖い怖くない、可愛い可愛くないというのは見る人の主観の問題です。

 長くなったので(下)に続きますね。








保存・復元工事が完成した東京駅新丸の内駅舎だよ(その2) 【ファイルET77】2012.12.18 

【ファイルET77】2012.12.18 保存・復元工事が完成した東京駅新丸の内駅舎だよ(その2)

『ルネーサンス式』の堂々とした風格だねえ。

 (その1)からの続きです。
 (その1)から読まれる人はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/53804685.html

 以前にも書きましたが、東京駅はオランダのアムステルダム駅(Station Amsterdam Centraal)を模した設計であるという俗説があります。

 これは、ヨーロッパ旅行中の山下清画伯が、アムステルダム駅を見たとき、『東京駅と似ているな』と感想を漏らしたら、同行していた恩師、八幡学園顧問医の式場隆三郎氏が『東京駅がここのまねをしたんだから当然だ』と答えたというエピソードがあるくらい、昔から広まっていた根強い都市伝説です。

 しかしながら、これは誤りです。

 アムステルダム駅の画像をご覧下さい。





こちらが東京駅(縮小の上再掲)。





 ご覧のように、アムステルダム駅と東京駅との共通点は赤レンガの仕様と、中央から両翼に張り出している出入り口の意匠に限られています。

 赤レンガ造りは当時世界の先進国に一般的な近代的工法で、また駅の機能上、旅客の動線を考えるとこの中央から両翼に張り出した意匠になってくるので、この点で共通するのは何等不思議ではありません。

 それを言うなら、当時の世界中の駅舎がアムステルダム駅の模倣になってしまいます。

 辰野金吾博士は、渡欧の際にアムステルダム駅の実物を観たことはあるようですが、アムステルダム駅は天空に鋭角的な屋根と尖塔が突き刺さるように屹立し、直線の輪郭が際立つ男性的なゴシック様式。

 一方東京駅はエレガントで女性的な曲線が美しいドームが特徴的で、辰野博士が『ルネーサンス式』と称した意匠。

 『ルネーサンス式』とは言っても実際には、ビクトリアン様式やルネサンス様式、ある部分はバロック風の装飾といったように中近世ヨーロッパのいくつかの建築様式を自在に取り入れ折衷したものとなっています。

 それで当時の建築家の間からは必ずしも良い評価は得られず、『辰野式ルネサンス様式』と揶揄(やゆ)されたりもしました。まあ、同業者の嫉妬もあったのでしょうが。

 ということで、アムステルダム駅と東京駅では全く様式が違うのですね。


 それで、辰野建築の粋を結集した東京駅の外観の細部をご案内しましょう。

 北口の写真。





 北の端の塔です。





 ドームの脇に配置されていますが、この塔もとてもお洒落です。

 北ドーム部分です。





 屋根瓦はスレート葺きです。





 スレート(slate)というのは、お習字の硯(すずり)の原料にもなっている天然石、粘板岩(ねんばんがん)です。

 それで、戦後復旧時に作られた八角形の屋根は8割がスペイン製で、残る2割が宮城県登米市産でした。

 宮城県雄勝町(現・石巻市雄勝町)で作られている雄勝硯(おがつすずり)は、とても有名ですからね。

 今回の保存・復元工事に際して、この国産(宮城産)部分について、できるだけ保存する方針で進められ、その保存のためのリフレッシュ作業を請け負ったのが東北石巻(いしのまき)市の『熊谷産業』でした。

 ところが、『熊谷産業』でスレート屋根瓦20万枚を洗浄して後は東京に送り返すばかりというときに、あの東日本大震災の大津波です。

 一時は、被災スレート使用断念の声もささやかれたそうですが、津波で流出した瓦を従業員らが手作業で約4万5000枚を回収、泥が洗い流されJR東日本が状態を調べた結果、うち4万枚が使用可能と判断されました。

 新材を用意した同じ石巻市の雄勝天然スレート(創業明治17年)も被災しました。ここの被災スレートも今回の新東京駅舎に使用されました。

 スレート瓦は、全体では45万7000枚が必要で、残りはスペイン産や被災を免れた登米産などが使われたそうです。

『津波は東京駅の屋根まで来た~修復中のスレート瓦が被災』という動画を見つけたのでご覧下さい。



 上手く見られないときはこちら。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=9DsVM5L4tfc

 ですから、このスレート屋根は、罹災地の一日も早い復興を祈念するシンボルでもあるのです。

 皆さんも東京駅の屋根を見るときは、東北に思いをいたしてくださいね。

 それにしても、インドから輸入した綿を積んできた帰りの空船にスレートを積んでインドに輸出し、東北のスレート産業が発達したなんて、知らなかったねえ。


 ドーム部分の窓です。





 窓枠の石の模様が巻き付くように施されていますが、これは、クイーン・アン様式を元に、辰野金吾博士が独自にデザインしたものです。

 このように独自に改良し折衷した工夫が観られることが辰野ロマネスク様式と呼ばれる所以(ゆえん)でもあるのですね。

 白い石の部分と煤けた灰色の部分の部分とまだらに入り交じっていますが、これは復元した部分と元の材料を保存したもので、今回の保存・復元工事のコンセプトが端的に表れていて、興味深いことですね。

 
 東京駅丸の内駅舎は中央部分が皇室・貴賓専用の乗降口になっていて、皇居の正面と対峙しています。





 これにより、東京駅は帝都東京の表玄関として位置づけられたのですね。

 天皇陛下がご利用される大理石の車寄せ部分は、色がくすんでいるところを見ると、戦後のものがそのまま保存されたということなのでしょう。

 創建時には、技術の粋を結集した格調高い貴賓室が設置されました。東京駅を象徴する帝室(皇室)専用施設です。


 開業当時の写真です。中央皇室・貴賓専用の乗降口を入ったホールの上部の壁面は黒田清輝(くろだ せいき)が指揮し弟子の和田英作(わだ えいさく)が描いた壁画で覆われ、ステンドグラスから射す陽光で輝いていました。





 農業に勤しむ人々、漁業に携わる人々、工場で働く人々、鉱石を採る人々の姿がいきいきと描かれた『殖産興業』の壁画です。

 これは、天皇・皇后以外の皇族や賓客の待合所だそうです。





 玄関ホールを入った左右に設置され、現在でも一室が皇族専用の休憩所として使用されているそうです。

 貴賓室の最奧にあった松の間です。ここに陛下の玉座(ぎょくざ)が設置されました。





 つまりここが、東京駅における天皇陛下の御座所(便殿)だったのですね。

 便殿といえば、以前、防衛省の市ヶ谷ツアーの記事で、便殿の間を御紹介しましたね。


 当時の名工が、もてるだけの技術を投入したことが分かるような見事な造りですね。これら貴賓室は、昭和20年(1945年)の戦災で惜しくも焼失しました。


 今回の復元工事にあたって、この貴賓室の復元がどうなったか気になるところです。
 現在も皇室をはじめ、国賓、公賓のみが立ち入ることができる貴賓室はあるようですが詳細は分かりません。

 貴賓室ですから保安上非公開なのはしかたがありませんが、調べてみると、貴賓室については戦後の改修当時から変更がないと言うことなので、どうやらこのような創建当時の立派な貴賓室は、今は存在しないようです。

 この際、創建時東京駅の象徴的な帝室施設であった貴賓室も復元して、平成の名工に思う存分腕をふるわせれば良かったのに。

 
 中央部の屋根の飾りです。





 西洋の甲冑みたいでカッコイイねえ。
 
 南ドーム部分です。





 こうやって見ると、やはりドームの柔らかい曲線が復元されたことは改めて良かったと思います。


 ということで、次に続きますね。


骨盤ダイエットって何?オフィシャル・ブログって何?(下) 【ファイルK9】2012.12.15 

【ファイルK9】2012.12.15 骨盤ダイエットって何?オフィシャル・ブログって何?(下)

骨盤ダイエットを否定した高須クリニック院長高須克弥氏に激怒した小森純さんと、高須院長と小森さんのオフィシャル・ブログを管理しているアメブロの場合。

(上)からの続きです。
(上)から読まれる方はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/53829671.html

 それで、骨盤ダイエット商品をプロデュースされている小森さんについて、こういう記事がありました。

※    ※    ※    ※

ほしの・熊田・小森さんらブログに嘘…ペニオク

(2012年12月14日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news2/20121214-OYT8T00835.htm

 インターネットのペニーオークションの運営者らが商品を落札できない仕組みにして参加者から入札手数料を詐取したとされる事件を巡り、落札したと自身のブログにうその書き込みをしたタレントは、ほしのあきさん(35)であることが分かった。

 ほしのさんは自身のブログで事実関係を認め、謝罪した。

 ほかにも複数の芸能人が同様の虚偽の書き込みをしていたことも判明。京都、大阪両府警は、運営者らが広告であることを隠してサイトを宣伝するステルスマーケティングを行っていたとみて調べる。

?H1>新たに虚偽の書き込みが判明したのは、グラビアアイドルの松金ようこさん(30)、タレントの熊田曜子さん(30)、モデルの小森純さん(27)ら。3人の事務所が事実関係を認めている。

 ◆ステルスマーケティング 
 ステルスは「隠密」の意味で、広告であることを隠して企業が宣伝する行為をいう。飲食店の口コミサイト「食べログ」で今年、飲食店が業者に良い評価を書き込むよう依頼した「やらせ投稿」が発覚して話題になった。消費者庁は景品表示法違反(不当表示の禁止)に当たる恐れがあると指摘しているが、規制はない。略称「ステマ」。

※    ※    ※    ※

 まあ、小森さんにしても、そのほかの人にしても、軽い気持ちでお小遣い稼ぎをしたのでしょうが、それにしても結果的に自分の知名度と人気を利用して詐欺商法の片棒を担いだわけですからねえ・・・。

しかも事件に知らんふりして、詐欺記事はこっそりと削除。自分のことを信用してペニーオークションの詐欺の被害を受けたファンに対して、どう考えているのでしょう?


それで、そういうことが分かったので、高須クリニックの高須院長のブログに応援コメントを書き込みました。書き込んだ高須院長のブログエントリーは下記の通りです。


 2012-12-12 10:25:00
 昭和大学歯科病院
http://ameblo.jp/drtakasu/entry-11425425427.html

 それで、高須院長のお見舞いコメントの後に二度目のコメントした内容はこうです。

※    ※    ※    ※

 11.27放送フジテレビ「カスペ!・なかよしテレビSP」後日談。

 二度コメすみません。
 CTスキャンや、MRIが発達してすぐに確認できる『骨盤は動かない』という医学的知見を否定して、水掛け論に持ち込むというおかしな番組製作でしたね。メディアの無責任さがよく分かりました。

 高須先生が骨盤ダイエットの効果を医学的に否定したら、小森純さんが、常軌を逸した怒り方をしていましたね。

 なんでそんなに怒るんだろうと思って調べたら、小森さんは、『骨盤巻くつぼダイエット』という、番組で高須先生の論敵だった福辻鋭記さん監修の商品をプロデュースして売っていました。

 しかも福辻さんの『寝るだけ! 骨盤枕ダイエット』は枕付きで1,050円。安くて痩せられるというふれ込みだったのに、小森さんの『骨盤巻くつぼダイエット』は1万290円、定期購買限定価格5040円。酷い話です。

 いくら福辻さん監修とはいえ、素人が健康器具のプロデュースというのは良いのでしょうか?医師法上問題にならないのでしょうか。

 ちなみに、小森純さんはこの前詐欺で捕まったペニーオークションでアロマ加湿器を落札したことをブログに書いて宣伝していました。
 
※    ※    ※    ※

 ちなみに、高須院長のオフィシャル・ブログもAmebaブログ=アメブロです。

 それで、Amebaブログのオフィシャル・ブログというのは、コメントを書き込んでも不可解な掲載不承認が多いので、期待せずに、コメントしたのですが、なんと私の投稿したコメントは掲載されました。

ところが、掲載されたはずの私の二度目のコメントはわずか数分の後に削除されていたのです。


 
 今回のペニーオークションにかかわった著名人について、他のスレッドにこういう書き込みがありました。

※    ※    ※    ※

 『以前、Amebaで商品を紹介したら、お金が、入ってくるのがオフィシャルブログだとあいのりの無名な三流タレントがUPして謝罪していた。
 削除されたけど。
 Ameba全体が腐ってる。』

 『アメーバばかりじゃん。組織的?』

※    ※    ※    ※

  私の高須院長に対するコメントを削除したのは、アメブロです。

 アメブロのオフィシャル・ブログの場合、コメントの承認不承認の管理・判断は通常アメブロが行っているようです。それもあって、アメブロは有名人・著名人に人気なのでしょう。

それにしても、今回の私のコメント削除は、小森さんやその他今回の詐欺の片棒担ぎがアメブロで行われたことに対する配慮なのでしょう。それで被害を受けた人達に対しての配慮なんて全くないのです。


ブログ内の詐欺書き込みは堂々と出来て、それをブログ利用者に周知・注意喚起することが全く行われないどころか、それに触れたコメントを即刻削除するとは、本当にアメブロは腐っています!


 それも、オフィシャル・ブログ管理はアメブロが直接行っているのではなくて、下請けの会社がやっているのでしょう。それも正社員が24時間張り付いているとは考えにくいから、どうせアルバイトかなんかでしょう。

アメブロのコメント欄は、『どうしてこのコメントが掲載承認で、自分のコメントが不承認?』ということが日常的に頻繁に行われているところをみると、このアルバイトの連中は著名人、芸能人に成り代わってコメント掲載という生殺与奪の権力を振るうことが余程快感のようですね。本当に悪趣味な連中です。


余程それに対する批判が多いのか、アメブロ管理者はコメント欄にこんな表示をしています。

『コメント投稿
コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。』

つまり、掲載の承認・不承認はアメブロの判断で好き勝手にやるから、それに文句がある奴はコメントを書き込むなということです。


 よく著名人が『私はブログをやっています』と公言していますが、著名人のやるオフィシャル・ブログなんて、ブログに似た何かであって、私は自分で管理していない他人任せブログはブログとは認めていません。

ブログ会社任せでオフィシャル・ブログをやっている人は、どれだけこんな馬鹿げたことでファンを失っているかということを考えるべきだと思うのですが。


 今回は結局のところ、アメブロ批判になりましたが、私のやっているYahooブログに問題が無いのかというと、大あり名古屋のこんこんちきで、それについてはまた機会を改めて。

骨盤ダイエットって何?オフィシャル・ブログって何?(上) 【ファイルK8】2012.12.15 

【ファイルK8】2012.12.15 骨盤ダイエットって何?オフィシャル・ブログって何?(上)

骨盤ダイエットを否定した高須クリニック院長高須克弥氏に激怒した小森純さんと、高須院長と小森さんのオフィシャル・ブログを管理しているアメブロの場合。

2012年11月27放送:フジテレビ製作『カスペ!・なかよしテレビSP』という番組を見たら、186万部という驚異の売り上げを記録した『寝るだけ!骨盤枕ダイエット』著者 福辻鋭記氏と、昨今ちまたに氾濫している無責任なダイエットの横行に警鐘を鳴らしている高須クリニックの高須克弥院長が論争をしていました。


 福辻氏の『骨盤ダイエット』の理屈はこうです。

『骨盤が開いていると、内蔵の位置が下がり、下腹部が膨らんで血行が悪くなる。開いた骨盤を締めて閉じてやると内臓が持ち上がり、おなかポッコリ解消。さらに血行が良くなり基礎代謝が上がった結果痩せる』


 それで、この『骨盤ダイエット』という本というのは、骨盤矯正用の枕がついて1,050円。

 これが本当なら、安いし楽だし痩せられて体型が美しくなるなんて、良いことずくめです。

 それを聞いたテリー伊藤氏は『そんなに安くて、ダイエットできるんなら良いんじゃないの』とかなり乗り気の様子です。

 それに対して、高須院長は、

『骨盤が開くとか閉じるとか言っているが、骨盤は動くことはない。骨盤を締め付けたところで動くことはないし、過度な圧迫を加えれば骨盤は動くどころか折れてしまう。出産時に恥骨結合部が開くことがあるが、わずか数ミリ開くだけだから痩せるとかいったこととは全く関係がない』とし、『詐欺だ』と糾弾します。


 さすがに、出演されていた医師友利新先生も医師の立場から、
 『骨盤はベルトなどで締めても骨盤は動きません』と同意されていました。

 それに対して福辻氏は、
『骨盤を締めて閉じれば痩せると言うことは15万人の患者をみてきて証明されている』と反論します。

 それで、番組が用意したのが、太った人と痩せている人の写真。
 
 高須院長は『でぶは下腹部が下がってるというだけの写真だ。骨盤が開いているという写真ではない。骨盤枕だけでは絶対に痩せない。骨盤ダイエットで痩せたというのは、これによってダイエットに対する意識が上がって、他の要因(運動、食事等)で痩せただけ』とおっしゃいます。

 私もどうして、骨盤のCT画像なりを示してここがこういうふうに開いていると説明しないのか疑問に思いました。

 その後は、『骨盤は動くか動かないか』という水掛け論。

 明らかに片方が負けている論争を水掛け論に持ち込んで誤魔化すというのは、よくテレビ局がオカルト番組でやる手法です。オカルト番組は視聴率が取れますから、テレビ局がみすみす金のなる樹を切り倒すことは無いのです。

 オカルト番組がオウム事件を生んだという反省は、テレビ局には微塵もありません。

 ですから高須院長は『これは宗教だ』とおっしゃっているのです。

要は、争点は単に骨盤が動くか動かないかだけなので、CTスキャンもMRIもある現代ならそれで調べれば一目瞭然のはずです。


 両医師が『骨盤は動かない』という医学的知見の根拠も、こういった最新器具による測定に基づいたものだということは、言うまでもありません。

そんなもの、テレビ局なら簡単に調べられるのに、敢えてそれをしないのは、『骨盤ダイエット』は視聴率が取れるので、オカルト番組同様、みすみす視聴率が取れるコンテンツを効果が無いと断定されたくないという商業的理由によるものだということはあきらかです。


実はこの問題、NHK総合テレビ『ためしてガッテン』という番組で骨盤ダイエットは効果がないことが、実験と超音波エコー画像の検証により、既に証明されているのです。


 この時の放送内容は分かりやすく番組HPにまとめられているので、ぜひご覧下さい。

 『街のウワサを大検証 それってホント!?スペシャル』
 2011年08月03日放送
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20110803.html

 この番組、納豆ダイエット詐欺で放送終了に追い込まれた『あるある大辞典』みないな回もあるのですが、この件に関してはまともでした。

 要点をまとめると、

①基礎代謝についての実験・・・効果無し。

 そもそも、基礎代謝(安静にしている状態で消費されるエネルギー)は容易に変化しないからこそ、ダイエットは大変なのです。
 例えば、基礎代謝を100kcal上げるだけでも、筋肉(内臓を含む)なら、およそ3.5㎏も増やさなければなりません。

 ですから、骨盤ダイエットによって、局所的に血行が良くなったとしても、全身の基礎代謝に影響が出るはずはないし、そもそも基礎代謝と血流の関係を証明した論文は、国内外問わず、発表されていないそうです。

②骨盤をしめることで内臓が持ち上がり、おなかポッコリ解消・・・効果は期待できない。


 実験後『恥骨』周辺を超音波エコーで調べてみたところ、骨盤を締めても被験者全員が骨盤の形状に変化無し。通常、骨盤は、健康に影響が出るほどの変化は、まずおこらないし、仮に内蔵が落ちるほど骨盤に変化があれば、とても歩ける状態ではないそうです。

 また仮に骨盤を締めて閉じさせることが出来たとしても、腸などの内臓は、臓器や筋肉表面の腹膜や結合組織によってつられているため、骨盤のわずかな動きによって内臓が持ち上がるということは考えにくいのだということです。

ということで、高須院長の意見が正しいということはあきらかなのです。


ところが、ひな壇に座っていた、ファッションモデルの小森純さんは自分自身が骨盤ダイエットを実践して2キロ痩せたという体験談を紹介して反論しました。


 それについて高須院長が痩せたのは骨盤以外の要因によるものだと反論すると、

「夫は5キロ、友人は10キロ!本当に痩せたんだよ!マジムカつく!」って尋常じゃない大激怒。


 専門家でも何でもない、ただのオブザーバーの立場として感想を聞かれただけだと思っていたので、小森さんのこの怒り様は一体何だろうかと調べてみたら、こういう記事に突き当たりました。

 『小森純がイケメン夫と初共演!幸せ太りの夫がダイエット宣言も』
2012年7月6日 東京ウォーカー
http://news.walkerplus.com/2012/0706/30/

※    ※    ※    ※

 小森純さんが、自身がプロデュースする「骨盤巻くつぼダイエット」の商品発表記者会見に出席。イケメンと話題の夫・今井諒さんと初共演を果たした。
明日、7月7日が結婚記念日という2人。会見中は、今井さんが豪華な花束を小森さんに渡し、メッセージを伝えるひと幕も。花束をもらった小森さんは「まじで~、そんなのありなの」と喜びを表現していた。

モバイルフロンティアから発売されている「骨盤巻くつぼダイエット」(1万290円、定期購買限定価格5040円)は、小森さんがプロデュース、美容鍼灸師・福辻鋭記さんが監修をし、骨盤を正しい位置に矯正することでボディラインが引き締まるという商品。小森さんは、結婚2ヶ月前から同品を使用し、見事にウエディングドレスが似合う体型に変身。結婚した後も同商品を使い続け、体型維持に努めている。


 しかし、会見では今井さんが過去の写真を公開し、現在の体重が結婚前より増えていることを告白。「2ヶ月でマイナス5kgのダイエットをする」と宣言した。そんな今井さんに小森さんは「痩せなければもうご飯を作らない」と、冷たい発言をしつつも、「骨盤巻くつぼダイエット」をプレゼントし、仲の良さを見せつけていた。【東京ウォーカー】

※    ※    ※    ※

小森さんは、自分で骨盤ベルトをプロデュースして商売している骨盤ダイエット商品が否定されたからあんなに怒ったのですね。それも、1万290円という高額商品です。


それで、小森純さんのオフィシャルブログ(Amebaブログ=アメブロ)を見てみると。
http://ameblo.jp/komori-jun/

 トップページに
 『小森純プロデュース 骨盤巻くツボDiet』という記載があります。

?H1>番組では、小森さんが骨盤ベルトをプロデュースして商売しているという紹介はありませんでした。

 ならば、小森さんはあくまでも当該ダイエットに成功した中立な一体験者として発言されていたのだと視聴者は思うでしょう。

 これが、福辻氏の監修で、自分でプロデュースして販売しているとなると、発言内容の責任が単なる体験者談と全く違って重くなります。

 そもそも、こういう医学的な補助具をまるきりの素人がプロデュースすることは、医師法上問題はないのでしょうか?

出産後のお腹のたるみに悩んでいる人、ダイエットをしたいという人の弱みにつけ込んで、しかもモデルである自分が使っているという付加価値をつけて商売するというのは、いかがなものでしょうか。


ただ、話はこれだけでは終わりませんでした。

(下)に続きます。
(下)は、こちらでお読み下さいね。
http://x7.ll?10952280c

吉原大門(よしわらおおもん)前の土手の伊勢屋 (どてのいせや)に行ったよ 【ファイルF55】2012.12.14 

【ファイルF55】2012.12.14 吉原大門(よしわらおおもん)前の土手の伊勢屋 (どてのいせや)に行ったよ

粋でさっぱりした江戸の天丼だねえ。

 お食事の記事も溜まっていて、御紹介が遅れています。
 今回は吉原大門(よしわらおおもん)前、天麩羅土手の伊勢屋 (どてのいせや)に行ってきました。

 江戸の風情を残した立派な建物だねえ。





 戦災を逃れた昭和2年築の建物だそうです。さすがは、創業明治22(1989)年。今年で123年目を迎える老舗だけのことはあります。

 どうして土手の伊勢屋なのかというと、山谷堀(さんやぼり)の日本堤(にほんづつみ)の土手にある伊勢屋さんなので、土手の伊勢屋さんなのです。

 場所は、吉原大門(よしわらおおもん)交差点北側すぐの吉野通り東側。

 日比谷線・三ノ輪駅から、徒歩12分位、都営バス・吉原大門下車、徒歩1分、台東区循環バス・みんくるバス・北めぐりん・11番吉原大門下車、徒歩1分。

 少し足の便が悪いのですが、大人気の名店です。

 土手の伊勢屋さんは3人兄弟で、長男の方は伊勢屋本店のこのお店を継ぎ、次男の方は千束に、三男の方は蔵前に、それぞれ独立してお店を出しているそうです。


 普段は並ぶお店らしいのですが、ちょうど昼の部閉店直前で雨も降っていたから、入ってすぐ座れたよ。

 天丼(ハ)を注文しました。
 
 天麩羅で閉じきらない蓋で出てくるのが天丼さんのお約束。





 じゃじゃ~ん。





 さっそく食べるよお!

 ここの天丼の天麩羅は衣が薄くてさくっとしていて、天つゆがかかったところはしんなりしています。

 天麩羅なのに油っぽくない。それで満腹になっても後味が良くて胸焼けがしません。

 それから江戸前天丼なんですけど、薄味なんですよ。

 それを象徴しているのが穴子で、ふわふわで淡泊で上品なお味です。
 
 その分、素材の味がその分生きているのですね。というより、素材の風味を衣で閉じ込めるといった風情なのです。

 大きなエビ2尾は身が太くてぷりぷりしています。

 獅子唐辛子の苦味は口の中が引き締まるねえ。

 おなすは、シコシコの歯ごたえがあってかみ切る時の食感が嬉しいねえ。

 あとぴちぴち小エビと、弾力があってぷっちんと弾ける小さな貝柱のかき揚げも入っていました。

 そして特筆すべきが、青くて細長い葉野菜の天麩羅。

 生姜のお味なのですが、しゃきしゃきの繊維質。普通の生姜より香ばしくて爽やかな強めの酸味があります。ひょっとして?と思って女将さんに尋ねたらば、

 やっぱり谷中生姜(やなかしょうが)でした。

 これがとっても美味しいのです。実は谷中生姜は、先日の捕鯨船にもメニューがあったのですが、生憎と売り切れだったです。

 ぴりっとスパイスが利いていて、粋なアクセント。江戸っ子の粋だねえ。

 天麩羅の味に慣れた頃にこれでリフレッシュするんだねえ。


 なめこ椀200円は、ここで忘れてはならない脇役です。





 このなめこのおみおつけが、天丼の薄味と好対照の東京風鰹だしで辛めのお味。なめこがつるるんと歯から逃げて、小さな賽の目お豆腐が舌を転がって、三つ葉がサクサクでした。

 そして、浅漬けのお新香450円。





 キャベツと大葉合え、キュウリ、小蕪(こかぶ)、大根。

 どれも、しゃきっと歯ごたえがあってぬか漬け独特の発酵食品の旨味とサワー感があります。私はお野菜が大好きだから、それぞれのお野菜の風味が残っている浅漬けのみずみずしさが有難いのです。

 この日いただいたのは、天丼(ハ)2,300円なめこ椀200円 お新香450円。
しめて2,950円也でした。

 ごちそうさまでした。









池袋サンシャインの水族館のマダラトビエイさんとナルトビエイさんとヒョウモンオトメエイさんだよ 【ファイルC256】2012.12.11 

【ファイルC256】2012.12.11 池袋サンシャインの水族館のマダラトビエイさんとナルトビエイさんとヒョウモンオトメエイさんだよ

みんなカッコイイねえ。

 この前サンシャインラグーンの『水中パフォーマンス』を御紹介しましたが、そのときはドクウツボさんとともに、マダラトビエイさんが大活躍していました。

 記事はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/53714951.html
 連載第一回の池袋サンシャインの水族館のサンシャインラグーンでやっていた水中パフォーマンスから見られる方はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/53714951.html

 それで今回は、そのマダラトビエイさんから。





 とっても味わいのあるお顔立ちだねえ。

 世界の熱帯沿岸の深度80m以浅にお住まいです。

 ご覧のように背面は黒く白い斑点があり、長い尾の基部に毒棘を持ちます。

 マダラトビエイさんは英名Spotted Eagle Rayで、マダラの鷲(わし)のエイという意味で、トンビは、鷲と同じタカ目タカ科ですから、英語の直訳だったのでした。

 私はこのお顔が大好きです。





 “アヒルのくちばし”とも呼ばれている突きだした独特の吻(ふん)が絶えずうごいていて、これで砂地の海底を漁ります。

 そうして砂底で見つけた底生の小魚や甲殻類、軟体類を捕らえ、歯板を形成する丈夫な歯列によって素早く噛み潰すのです。

 以前、大阪の海遊館に行ったとき、3つぐらいの女の子がマダラトビエイさんを見ておおはしゃぎ。

 お父さんがジンベエザメの写真を撮ったらぷんぷん怒って、マダラトビエイさんの写真を撮ったらば、にこにこ上機嫌だというシーンを目撃しました。

 マダラトビエイさんは、きっと人の心の奥の方に響く姿形なのでしょうね。

 エイさんは、お腹の方から見ると、どの人もユーモラスですね。





 全世界に分布しているのに、準絶滅危惧種で、保護のための努力が払われています。

 
 こちらは、マダラトビエイさんに似たナルトビエイさんです。





 翼の様にヒレをそらして泳ぎます。

 こちらは、ヒョウモンオトメエイ(豹紋乙女エイ)さん。





 太平洋西部とインド洋の熱帯・亜熱帯海域に広く分布し、日本では、沖縄近海で生息が確認されています。

 沿岸の砂泥底域やサンゴ礁周辺の砂底にお住まいで、時には河口から汽水域にも入っていきます。

 尾棘には毒があり、刺されると激痛に襲われます。

 それにしても、ヒョウモンという名前通り、豹柄は陸のヒョウさんと全く同じですね。

 こちらが陸のヒョウさん(再掲)。





 ヒョウの柄については、以前チーターとジャガーとの違いについて御紹介しましたね。


 ヒョウモンオトメエイさんは、チーターでもジャガーでもない、まさにヒョウさんと同じ柄なのです。

 魚類と哺乳類という全く違った生き物で、海と陸と棲むところも全く違うのに、同じ模様というのはどうしてだろう?

 体表の柄については、生物に共通する法則があるのでしょうね。

 一方、英名はHoneycomb stingrayで、蜂の巣のエイという意味です。ヒョウモンオトメエイという名前の方が特徴を良く表していますね。

 それにしても、このヒョウモンは分かるとして、このエイさんの何処が乙女なのでしょう?

 ヒョウモンオオサカノオバチャンエイなら説得力があるのにねえ。

 トビエイ目アカエイ科オトメエイ属だからオトメエイなのですが、そのオトメエイ属の由来が調べても分かりませんでした。

 この角度だと、ヒラメさんみたい。





 お腹側。





 尻尾をラジコンのアンテナのようにピンと上げてカッコイイねえ。





 どこかから操縦電波を受信しているのかな?

 さようなら、元気でね。

 ということで、今回はマダラトビエイさんとナルトビエイさんとヒョウモンオトメエイさんでした。



天王寺公園内の住友さんが寄贈した大阪市立美術館敷地と、住友家茶臼山本邸庭園だった慶沢園(その9) 【ファイルT185】2012.12.08 

【ファイルT185】2012.12.08 天王寺公園内の住友さんが寄贈した大阪市立美術館敷地と、住友家茶臼山本邸庭園だった慶沢園(その9)

大阪市美術館の内部だよ。

 住友家についての記事を最初から読まれる方はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/53064436.html

 天王寺公園内の住友さんが寄贈した大阪市立美術館敷地と、住友家茶臼山本邸庭園だった慶沢園(その1)から読まれる方はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/53462787.html

 前回は外観をご紹介しました。
 前回はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/53779517.html

 今回は天王寺公園の中核施設の一つ、大阪市立美術館の内部です。

 正面から入ります。この時は契丹(きったん)展が特別展として開催されていました。





 大阪市立美術館の中に入ります。

 前にも書きましたが、ここの入館に際しては、入館料から天王寺公園の入り口で支払った入園料が差し引かれます。

 建物内部の様子の撮影をしても良いか係の方に確認すると、基本的にOKだけれど、特別展の展示物が写らないようにとのことでした。そういえば、階段の脇に大きな像があったねえ。

 この吹き抜けホールは、昭和54(1979)年の大規模改修工事により一新。壁面は大理石で仕上げられ、豪華なクリスタル製のシャンデリアが設置されました。





 クリスタル製のシャンデリア。見事だねえ。





 突き当たりの階段を上って二階廊下へ進みます。





 二階には、ぐるりと吹き抜けの玄関ホールを取り巻くように廊下が巡らされています。

 二階への正面階段側から見た玄関ホール。





 玄関正面側のステンドグラスとシャンデリア。





 二階廊下手すり越しにシャンデリアを望む。









 2階正面のステンドグラス前に喫茶室槐樹(ルージュ)があります。





 喫茶室を外側から見るとこんな感じです(再掲)。





 外からちょっと見た感じでは、こんな立派なステンドグラスが嵌め込まれているなんて分かりません。

 ステンドグラスのアップ。





 偶像禁止のイスラム風なので、抽象的な模様なのかな?

 コーヒーを頼みました。





 コーヒーは酸味があって、さっぱりしていました。ゆっくりできるねえ。

 窓の外を覗いたらば、いつの間にか雨が降っていました。





 正面が新世界のジャンジャン横丁方面。右には通天閣が見えます。

 特等席だねえ。

 ということで、立派な大阪市立美術館でした。










保存・復元工事が完成した東京駅新丸の内駅舎だよ(その1) 【ファイルET76】2012.12.04 

【ファイルET76】2012.12.04 保存・復元工事が完成した東京駅新丸の内駅舎だよ(その1)

パノラマ写真を撮ったよ。

 
 以前、東京駅のご紹介をしました。


 この記事をUPしたときは、戦災で焼失した後に再建された、創建当初のドーム屋根三階建てではない八角形
屋根二階建てに改造された建物が両翼に配された駅舎でした。

 それが、5年かけて創業の当初のオリジナルデザインのドーム屋根3階建て駅舎として蘇えりました。

 新しく保存・復元された東京駅をご紹介します。

 パノラマ写真です。
 写真をクリックしたら、拡大表示されます。





 この写真は、カメラを手持ちで、体を回転させて撮った4枚の写真をパノラマ合成ソフトでつなぎ合わせた
写真です。

 パノラマ写真は、パノラマ専用のカメラで撮らなければならなかったのに、パソコンは凄いねえ。

 東京駅は日本を代表するキング・オブ・ステーションなのです。東京駅発の列車はすべて下り列車だし。

 大阪駅は、新幹線は新大阪にホームがあるし、横浜駅も新横浜駅があります。

 名古屋駅は巨大な通過駅の感が否めないからねえ。『のぞみ』の東海道新幹線導入当初、名古屋駅を通過す
る『名古屋飛ばし』が話題になったくらいだし。

 それでもって、日本の鉄道網は世界一だから東京駅が世界一の駅と言っても過言ではありません。

 ところが、この東京駅、計画当初はただの通過駅のはずだったのです。

 元々、日本の鉄道営業の歴史は明治5年9月12日(天保暦、翌年から採用されたグレゴリオ暦では1872年10月
14日)に新橋-横浜間で営業運行されたことをはじまりとします。

 鉄道の開業当初、外国に渡航するときは、新橋から横浜まで汽車で行って、横浜の波止場から外国航路の船
に乗って外国に行っちゃったんだねえ。

 だから、鉄道唱歌も『汽笛一声新橋を~♪』って、新橋から始まるのですね。

 JR東が作成した下の地図【1895年(明治28)当時の鉄道網】を見てください。【写真クリックで拡大】





 官営鉄道は新橋止まり、私鉄の『日本鉄道』は上野で切れています。

 これではとても不便なので、新橋と上野間を高架軌道でつなごうという計画はずっとありました。

 それが、明治39(1906)年の鉄道作業局による『私鉄国有化断行』によって、その計画はがぜん現実味を
帯びてきたのです。

 その結果、紆余曲折を経た後、新橋-上野間をつなぎ、その中間に『通過駅』として、『中央停車場』の設
置が立案されました。

 この場合の『中央』は、単なる『新橋』と『上野』の真ん中にあるという意味しかありません。日本の中央
は愚か、東京の中央という意味も無かったのです。

 それが、当時鉄道院の初代総長に就任した、その大言壮語ゆえに“大風呂敷”という渾名(あだな)で有名
な後藤新平(ごとう しんぺい)氏が、「日露戦争に勝利し世界に名の知られるようになった日本であるから
その威信をかけた中央停車駅を」と、予算をなんと当初の42万円から7倍の280万円に大増額して設計者
の辰野金吾(たつの きんご)博士を督励します。

 それでもって、辰野博士は、何回も設計変更させられて、設計の完成だけで8年もかかって大変だったよう
です。

 立派な東京駅造りに尽力した後藤新平翁。





 駅名については、鉄道院の局長会議で議論が百出し当初からの『中央停車場』の他にも『中央駅』、『東京
中央駅』の名があがったそうです。

 『東京駅』の呼称についても、他の上野駅も新橋駅も東京にあるのに、どうしてここが東京駅なんだ?って
批判もあったようです。結局、中川正佐鉄道次官が断固主張して、開業直前の12月5日の鉄道院告示により
『東京駅』と命名されました。

 そうしたいきさつを経て、東京駅は目出度く大正3(1914)年12月18日開業します。

 総工費は東京駅本屋(ほんおく)だけで282万2,005円30銭。

 創建当初の東京駅。





 閑散としているねえ。 

 まだ丸の内が閑散とし『狐狸の棲み家』と呼ばれた二束三文の原野で、三菱が時の蔵相松方正義から高額で
押しつけられてからそう遠くない頃です【岩崎彌太郎の弟で三菱二代当主岩崎彌之助(いわさきやのすけ)の
子女が、松方正義の子息と結婚していた】。

 ここは空き家同然だった江戸期の藩邸が明治五年の大火で焼失し、その後練兵場や兵営が設置されたのです
が、それも世界情勢の緊迫にともなう軍拡で移転し、政府から何の役にも立たない土地を押し付けられた岩崎
彌之助は『竹を植えて虎でも飼うさ』とやせ我慢の台詞を吐いたそうです。

 それが今や日本の首都東京の表玄関。丸の内OLというのはキャリアウーマンの憧れの的です。

 オリジナル東京駅の設計者、辰野金吾博士。





 施工は関西の風雲児、大林芳五郎社長が満28歳で創業し、当時はまだ新興企業だった大林組。

 大林芳五郎(おおばやし よしごろう)社長の写真。





 蒼々たる東京の建設会社の中で、新興で徒手空拳も同然だった関西の大林組が工事を落札したことは、当時
の建設業界では青天の霹靂だったようです。前評判では、清水組か大倉土木組のいずれかが落札するだろうと
いうことで、衆目が一致していたのですから。

 そして、実際にこの当時世界でも類を見ない巨大建築を請け負ったのは、関西の大工さんです。

 というのは、江戸というのは火事が多くて。その度に復興建築を行うに当たって拙速(せっそく)を良しと
した施工をしていたのですね。

 ですから、東の大工さんは西の大工さんに比べて仕事が早い代わりに粗かったようです。

 そのため、辰野博士は、日本銀行本店の新築工事の際、あまりの杜撰な工事に激怒し、請負業者を工事途中
で解雇し、後の施工を自分が直轄で行ったという武勇伝が残っているくらいです。

 東の大工さんが西の大工さんに較べて仕事があっさりしているという話は、六代目 三遊亭圓生(さんゆう
ていえんしょう)さん演じる西の大工名人、左甚五郎(ひだりじんごろう)を主人公にした『三井の大黒』
という落語の録音にも出てきます。

 大林組は、それ以前に日露戦争で捕らえた俘虜のための浜寺俘虜収容所を僅か21日間というあり得ない
工期で立派に仕上げたという実績があって、それを観た辰野金吾博士は激賞し、大林芳五郎さんと関西の大
工さんの仕事をとても評価していました。

 当時の日本は世界の一等国として認められるため、国際的な評価をとても気にしていて、捕虜を野宿させ
ようものなら列強から何といわれるか分かったものではないので、そうならないように収容所を急いで建て
たのです。

 それで、東京駅建設にあたっての大林組の関西大工さんの早くて丁寧な仕事ぶりについて、設計者の辰野
博士は、とても満足していたということです。

 関西の人は吉本と粉モンしか知らない無知不勉強な某市長に踊らされずに、こういうことを、もっと誇っ
て良いと思いますよ。


 今回保存・復原された東京駅は『東京駅丸の内駅舎保存・復原工事共同企業体 (鹿島・清水・鉄建 
建設共同企業体)』が施工しています。創建した大林組は落札できなかったんだねえ。

 でもね、それだけの技術を持った建設会社が複数ある日本というのは、世界的に見て、凄いことなの
ですよ。


 東京駅丸の内駅舎保存・復元工事については、鹿島建設がHPを掲載していますので、詳細はこちらを
ご覧下さい。
http://www.kajima.co.jp/tech/tokyo_station/index-j.html

 上記HPより、今回の工事施工内容は下図の通りです。【写真クリックで拡大】





 工期は自平成19(2007)年4月~至平成24(2012)年10月。

 平成24年(2012)年6月10日に、復原された駅舎の一部(1階部分)が再開業し、同年10月1日に予定通
り全面再開業に至りました。

 戦後2階建てになった駅舎を5年かけて創建当時の3階建てへと復原。新しく取り替えられたレンガにも、
あえて時代を経たような風合いを施し、歴史を感じさせる趣を出しています。

 保存・復元工事と言っても、ただの保存・復元ではありません。

 地下部分も大幅に改築し、新たに免震装置も組み込まれました。

 駅舎を保存しながらの地下工事には、350個のジャッキで駅舎を支えながら作業が行われたそうです。
見えないところで、いろいろな工夫がこらされているのですね。

 かつての名工たちの力で作られた東京駅が、最新のテクノロジーを用い、平成の名工によって生まれ変
わったのです。

 昭和初期の東京駅。





 今回の保存・復元工事後の東京駅を北口側から、広角レンズで撮影して、細長くトリミングした写真で
す。上の写真と良く見比べて下さい。【写真クリックで拡大】






 ひと昔前に、パノラマ写真が撮れるパノラマタイプの使い切りカメラが流行りましたが、あれがパノラ
マ写真というのは羊頭狗肉で、実はこういった原理だったのですね。

 それにしても、本当に忠実に再現できたものです。びっくりだねえ。

 ということで、東京駅丸の内駅舎沿革と概要を御紹介しただけで、長くなりました。

 次に続きますね。








プロフィール

眼とろん星人

Author:眼とろん星人
FC2ブログへようこそ!

年別アーカイブ一覧

訪問者カウンダ―

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR