FC2ブログ

これって一体何拍子?チャイコフスキーの交響曲第6番『悲愴』第2楽章 【ファイルMU13】2014.03.29 

【ファイルMU13】2014.03.29 これって一体何拍子?チャイコフスキーの交響曲第6番『悲愴』第2楽章

ジャズミュージシャン、デイヴ・ブルーベックとの関連性。

その昔、チャイコフスキーの有名な交響曲第6番『悲愴』を聴き始めた頃、第2楽章の拍子が取れず(何拍子なのか分からず)、「なんだこりゃ?」と思ったことがあります。

 ということで、皆さんも一度お聴きください。

チャイコフスキーの交響曲第6番『悲愴』第2楽章

Tjajkovsky symphony no 6 2nd movement - Die Wienerphilharmoniker




 うまく観られないときはこちら。↓
 https://www.youtube.com/watch?v=SXWVCaovpZ8

動画にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と表示がありますが、指揮者の名前の記載がありません。

指揮者は、イタリアの名指揮者リッカルド・ムーティ(Riccardo Muti)氏で、小澤征爾氏より少し下の世代です。


チャイコフスキーは交響曲第5番の第3楽章をワルツにしています。ということは、当然これもワルツ=3拍子だと思って拍子を取ったら、どうしても拍が余るのです。4拍子はもっと合いません。


ポケットスコアを見てみましょう。






 下から2段目のピンク色に着色したチェロの主旋律から第2楽章は始まります。

チェロのパートを拡大すると、






正解は4分の5拍子でした。


みなさんもいちど、5拍子をとってください。

メロディーが1.2.3.4.5.1.2.3.4.5.といった具合に5拍の2小節が1セットになっているからわかりにくいったらありゃしないのです。


 それで、この第2楽章は複合三部形式のニ長調で”Allegro con grazia”の指定がされています。

 Allegro(アレグロ=軽快に速く)、Con grazia(コン グラーツィア=やさしさをもって)

ということで4分の5拍子という混合拍子によるワルツ形式です。


 4分の5拍子はスラブの音楽によく見られる拍子なのだそうで、チャイコフスキーのようなロシア人はスラブ系なのでこういう音楽は近しい存在なのでしょう。

 典雅で華やかさがあるのですが、変則的な拍子とともにエキゾチックで憂愁をたたえたメロディーです。

 中間部でロ短調に転調し、悲壮感が増し、終楽章のフィナーレと同様の主題が現れるという仕掛けになっています。

 チャイコフスキーの交響曲第6番ロ短調 作品74『悲愴』については、残されている資料によれば1893年2月17日(第3楽章)に作曲に着手したことになっているそうです。

 それからわずか半年後の8月25日にはオーケレストレーションまで完成するという速筆で、同年10月16日(グレゴリオ暦では10月28日)に作曲者自身の指揮によりサンクトペテルブルクで初演されました。

 しかしながら、この曲の初演のわずか9日後、チャイコフスキーはコレラ及び肺水腫が原因で急死し、この曲は彼の最後の大作となります。

 『悲愴』は、第4楽章が悲劇的な曲調のため、以前はチャイコフスキーの自殺説というのも流布されていました。


このことを思い出したきっかけは、先日のテレビで、ダウンタウンの浜田雅功さんが司会をやっているバラエティ番組の中で有名人のリズム感覚のランキングを判定するという企画を見たときです。

出演者がリズムに合わせて踊るのを、著名な振付師の女性が判定して、そのポイントとなった課題曲がジャズミュージシャン、デイヴ・ブルーベック代表作の"Take Five"(テイク・ファイヴ)だったのです。


デイヴ・ブルーベック代表作の"Take Five"(テイク・ファイヴ)

 Dave Brubeck - Take Five



 うまく観られないときはこちら。↓
http://www.youtube.com/watch?v=vmDDOFXSgAs

この曲は、日本では、1980年代後半に「アリナミンV」(武田薬品工業)のCMで使用されたことがあったので、お聴きになったことがある方も多いのでは?


この曲も悲愴の第2楽章同様、4分の5拍子です。

 まあ、題名がテイク・ファイブなので、5拍子だって言われれば、成る程と思うのですが、初めて聴いてすぐにリズムが取れて、踊れるというのは、相当リズム感覚の優れた人だと言うことです。
 
 ちなみに、このとき『リズム感覚の才能有り』の判定を受けた出演者は1位の杉本彩さん、2位のケンドーコバヤシさんの二人だけでした。

ドラムスとピアノがリズムを刻んでいるので、チャイコフスキーよりは、5拍子と分かりやすいと思います。

"テイク・ファイブ "はポール・デスモンド作曲、デイブ・ブルーベック・カルテット演奏の、1959年のアルバム『タイム・アウト(英語版)』に収録されたジャズ曲です。

 ニューヨーク市にあるコロムビアの30丁目スタジオ(CBS 30th Street Studio)で、1959年6月25日、7月1日、8月18日に録音されたこの曲はグループの最も有名なレコードになりました。

 洒落たサキソフォンのメロディと曲名の由来にもなった、珍しい4分の5拍子の使用で有名です。

Wikipediaの説明では、4分の5拍子の採用について、こう記載されています。

 『このようなスタイルの音楽のヒントを得たのは、ブルーベックが、米国務省主催のユーラシア大陸ツアー中に、トルコでブルガリア音楽の影響を受けたストリートミュージシャングループが演奏するトルコの伝統的な民謡が、西洋の音楽には珍しい9/8拍子で演奏されるのを見たときである。地元のオーケストラの音楽家からこの形式を学んだ後、ブルーベックはジャズの4/4の通常のリズムから外れて、海外で経験した、よりエキゾチックなスタイルで実験的アルバムを作成することとなった。 』

上の説明では、どうしてブルーベックさんが9/8拍子の音楽を聴いて5/4拍子の曲想を思いついたのか分かりません。


調べてみて面白いことが分かりました。

1920年12月6日生まれでカリフォルニア州コンコード出身のジャズピアニストのデイヴ・ブルーベックさんは、母親から受けたクラシックのトレーニングの素養と即興のテクニックが特徴とされています。

それだけではなく、クラシックのフランス人作曲家、ダリウス・ミヨーに師事していた時期もあるのです。


ダリウス・ミヨー氏はフランス音楽を革新したフランス6人組の一人です。

1920年に『屋根の上の牛』を指揮するためにロンドンに渡ったミヨーさんは、ここでビリー・アーノルド楽団が演奏する、「ダンス音楽」にとどまらない本格的なジャズに触れ、その魅力に目覚めます。

 1922年に自作の曲の公演の為にアメリカ合衆国を訪問した際には、ハーレムのジャズや黒人音楽を研究し、そのリズムや音色を活かした室内楽曲を作ろうと考えました。

その成果が、アルト・サクソフォンを含む17人の奏者による『世界の創造』(1923年、バレエ・スエドワによって初演)で、ジャズのイディオムを用いた作品としてはジョージ・ガーシュウィンの『ラプソディー・イン・ブルー』(1924年)の先駆をなすなものです。

ダリウス・ミヨー氏に師事したブルーベックさんがジャズピアニストになるというのは、きわめて自然だったことがわかります。

さらに、ダリウス・ミヨー氏はドビュッシーと、ロシア5人組の作曲家ムソルグスキーに傾倒していました。

ムソルグスキーは、ロシア5人組を統括していたバラキレフに師事していて、チャイコフスキーもいくつかの標題音楽や《マンフレッド交響曲》の作曲に、バラキレフの助言や批評を仰いでいるという関係でした。



つまり、チャイコフスキー、バラキレフ、ムソルグスキー、ダリウス・ミヨーという音楽的な系譜は、ジャズピアニストのデイヴ・ブルーベックさんに連綿と引き継がれているのです。

というより、クラシック音楽の専門教育を受けてその素養を身に着けているデイヴ・ブルーベックさんが、チャイコフスキーの交響曲第6番『悲愴』第2楽章の4分の5拍子の存在を知らないわけがないのです。


ということで、デイヴ・ブルーベックさんが、『トルコでブルガリア音楽の影響を受けたストリートミュージシャングループが演奏するトルコの伝統的な民謡が、西洋の音楽には珍しい9/8拍子で演奏されるのを見』て刺激を受けたたことはあったかもしれませんが、4分の5拍子の採用に当たっては、交響曲第6番ロ短調 作品74『悲愴』第2楽章の影響が大きかったであろうというのが眼とろん星人説なのでした。

スポンサーサイト



Microsoft 社のWindows 8.1に乗り換えたよ 【ファイルK10】2014.03.23 

【ファイルK10】2014.03.23 Microsoft 社のWindows 8.1に乗り換えたよ

XPからなので、ややっこしいねえ。

 当ブログの記事が少し滞っています。すみません。

 その一因としてWindows 8.1への移行作業が少なからず影響しているので、言い訳方々私の雑感を書かせてくださいね。

まず、この記事を書くにあたって、心を落ち着かすために、以前撮った、まだ元気だったころの王子動物園コウコウ君のお写真で和みます。【再掲】






『2014 年 4 月 9 日 (日本時間) をもちまして、Windows XP、Office 2003、Internet Explorer 6 のサポートが終了いたします』

というこのなので、最新のWindows 8.1に移行しました。


サポート終了すると、セキュリティの更新がなくなるので、ウィルス感染の危険が大きくなるということでは、仕方がありません。


 といっても、今まで使っていたパソコンの性能では、Windows 8.1は動きません。

 それで、パソコンも新たに購入しました。最新のWindows 8.1も、Office 2013、Internet Explorer11もセットになったパソコンなので、結構値が張りました。

 それで、ディスプレイは前のままでいいだろうと思って買わなかったら、ケーブルの規格が合わずにこれも買い替え。

 それから、性能の陳腐化がほとんどなく、経年劣化もそれほどないスキャナも、ドライバーがWindows 8.1に対応していないため、買い替えです。

 それと、スキャナのおまけでついてきたフォトショップも使えないので、買い直し!

 うへえ、勘弁してよお!

 性能が向上したのだから、それより古い製品は余裕で使いこなせるようにしてほしいものです。

電源を入れて、指示通りパソコンを登録設定していきます。

やっと初期画面が出たと思ったら、タッチパネル用のタイル画面。

XPとまったく違うので戸惑います。


それで、ワードの辞書機能を移行しようと思ったら、この状態では、Office 2013がまだインストールされていません。私はてっきりプレインストールされていると思っていたので、びっくり。

それで、マイクロソフトのOffice 2013のページをネット検索して、箱に入っていたプロダクトキーを入れてやっとダウンロードできました。


それから、タイルのような初期画面をXPのようなデスクトップ画面が出てくるように設定して、シャットダウンの仕方や、エクスプローラーの出し方やパネルコントローラーのありかを捜すのが入門書を読みながらでも結構大変でした。

まるで、ドラクエのオーブ探しの旅です。

それはまあよいのですが、移行といっても、Windows 8.1は著作権が厳格に守られるように設計されていて、システムファイルは古いパソコンから移行できません。

移行できるのはデータファイルのみです。


今までインストールしていたソフトは、再度、ソフトの入ったCD-ROMなり、DVD-ROMでえっちらおっちら入れ直しです。また、ネットでダウンロードしたソフトもダウンロードのしなおしです。


XP対応で Windows 8.1は非対応のソフトがあるのは分かっていたので、弾かれても何とも思わないのですが、


ある、CD-ROMなり、DVD-ROMのソフトを入れた時点で、CD,DVDドライブのドライバーソフトがクラッシュして、壊れてしまいました。


ハードは何ともないので、普通なら、ドライバーの入ったROMで入れなおすか【この場合、例えROMがあったとしてもドライブが効かないので無理】ネットでドライバーを捜しきて入れなおせば簡単に治ると思ったら大間違い。


Google検索して出てきた対処法はまったく役に立たず、結局、もう一度パソコンを初期設定に戻すしか方法がないようなので、パソコンを初期化してまた一から設定したら、CD,DVDドライブのドライバーが復活しました。


 入れては壊れということを3回ほど繰り返して、いやになりました。

よくよく調べてみると、Windows 8.1は、いろいろな設定変更したたびに、その時点の設定を保存する機能があって、不具合が生じたら、そこまで後戻りできるようになっているらしいのです。


ですから、まずOffice 2013を入れた時点で保存。それから、いろいろソフトを入れるたびに保存していて、ドライバーが壊れたら、壊れる前のデータに戻ってそのソフトは入れないようにして、快調でした。


 ところが油断していたのか、またもや途中で、いつのまにかCD,DVDドライブのドライバーが壊れていることが分かりました。

 まあ、また壊れた前の時点まで戻ればいいやと思って、履歴を捜したら、一番古い履歴に戻しても壊れたまんま。

?H1>実は、Windows 8.1は、上記のようにいろいろな設定変更をしたたびにその時点の設定を手動で保存することができるのですが、そのデータのファイルの容量は一定で【設定で容量を大きくすることができます】、その容量を超えると古い履歴から自動的に消去されるのです。

 それで、更新履歴のデータ保存領域を増やしてまた一からやり直し。

こういう機能が存在するということは、ドライバー等のソフトがクラッシュして後戻りしなければならないという事態が、Windows 8.1では往々にして発生するということです!かんべんしてよお!


 必要なソフトのダウンロードはひとまず終わって、やれやれです。

 パソコンのスペックも高めにしたので、サクサクと早く動きます。起動もマルチタスクをやってもフリーズしません。

YAHOOブログは広告バナーが多くて、記事は表示されているのに、広告を読み込むのに待たされるという本末転倒なことが起きていたのですが、それも解消されました。古いパソコンの時のストレスからは解放されてこれはとてもうれしく思います。

 

ということで、今は落ち着いているのですが、Office 2013の様式がOffice 2003とかなり違っているので、まだ慣れていません。


Windows 8.1はこういうことで、ネットではかなり酷評されています。


慣れればそれなりにとても便利にできているのですが、

慣れるまでの労力が大きすぎます!


パソコンは趣味のネットやブログやメール程度で良いという人にとって、この移行作業はかなりの負担だと思います。


 タブレットとデスクトップのOSを別々に作成する労力費用を考えたら、こうなるのも、いたし方ないとは思うですが、それにしても、それ以外の部分でも分かりにくいことが多いのはどういうことでしょう?

パソコンは一般の人にとって、情報処理の手段、または道具であって目的ではありません。

 文盲率がほぼ0%の日本ですらこれだけ混乱しているのですが、よその国は一体どうなっているのでしょう。

 XPを前提にシステム構築をした企業のソフトは、大変なことになっているようです。

マイクロソフト社はWindows XP、Office 2003、Internet Explorer 6 のサポートが終了を随分以前から告知していて、さらに期間も延長しているので、文句を言う方が悪いという人もいます。確かにその言い分もわからないではないのですが、基本的にパソコンは利便性を求めて購入するのに、このような企業姿勢には疑問を持たざるを得ません。


 行き過ぎた競争は独占につながり、結局それが私たちに不利益をもたらすことがあるということを、私たちは真剣に考える必要があると思います。

大阪の高麗橋野村ビルディングだよ。 【ファイルF58】2014.03.16

【ファイルF58】2014.03.16 大阪の高麗橋野村ビルディングだよ。

このビルも安井武雄氏設計だねえ。

 先日、安井武雄氏が設計した大阪ガスビル(大阪瓦斯ビルヂング)について書きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/54793872.html

大阪ガスビル(大阪瓦斯ビルヂング)、昭和8(1933)年に竣工【再掲】





 

その前に、安井武雄氏が設計した大阪倶楽部の記事も書きました。

http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/54430419.html

大阪倶楽部、大正13(1924)年施工【再掲】





 

それで、今回は近畿地方を代表する建築家安井武雄氏が設計して現存している三大建築の3つめ。

高麗橋野村ビルディング(こうらいばしのむらびるでぃんぐ)をご紹介します。昭和2(1927)年施工。





 

つまり、大阪倶楽部が大正13(1924)年、大阪ガスビル(大阪瓦斯ビルヂング)が、昭和8(1933)年ですから、その間に造られた作品です。


高麗橋野村ビルは、野村財閥の持株会社である野村合名の地所部が建てた最初の貸ビルとして設計・施工されました。


後の大阪ガスビルの大阪ガスも野村財閥系の企業ですから、きっと大阪倶楽部を利用して安井武雄氏の設計を気に入った大阪倶楽部会員の野村財閥の人が、高麗橋野村ビルも大阪ガスビルも依頼したのでしょうね。


高麗橋野村ビルは、当時としてはまだ珍しかった鉄骨鉄筋コンクリート構造で、戦前は地上は5階まででした。

戦後には6階・7階を増築して、外観・建築様式に変更がなされています。それで、6階・7階だけが直線的にできていて少し違和感があるのですね。

各階間の腰壁上端を外側に迫り出させた外壁形状はエーリヒ・メンデルゾーン( Erich Mendelsohn)が当時のドイツの建築でとった手法を採用しているということです。


エーリヒ・メンデルゾーンの作品『モッセハウス(Mossehaus)』, September 1923.





 
 Mossehaus is an office building on 18-25 Sch??tzenstrasse in Berlin, renovated and with a corner designed by Erich Mendelsohn in 1921–1923.【〝?”の文字化け部分はウー・ウムラウト; U-Umlaut】


 高麗橋野村ビルは、さらにその縁にオリエンタル調の装飾を施しています。

エーリヒ・メンデルゾーンに影響された外壁形状は大阪ガスビルでも踏襲されていますが、大阪ガスビルでは、装飾はそぎ落とされてより機能的なモダンな意匠になっています。


大阪倶楽部の土俗的な作風と、大阪ガスビルの近代的な作風の過渡期といった感じの建物ですね。

壁面のレンガや装飾の佇まいは大阪倶楽部の面影が残っていて、角の曲面は大阪ガスビルの前駆的デザインです。

 そういった意味で、私は安井武雄氏の特徴が一番出ているこの建物が一番好きかも。

概要

高麗橋野村ビルディング
所在地大阪市中央区高麗橋2丁目1番2号
竣工年月1927年(昭和2年)11月
設計 安井武雄
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造
施工 大林組
構造・規模鉄骨鉄筋コンクリート造 地下1階・地上7階建(竣工当時は6階建)
敷地面積428.13m2(129.50坪)
延面積2,859.01m2(864.85坪)
エレベーター2基

 ビルの入り口はこんな感じです。




 
 三日月のマークが不思議ですね。

 入口の装飾は大阪倶楽部よりも簡素になっています。

 曲線の角部分です。




 
 見上げたら、迫力があります。




 
 ということで、今回はとても個性的な安井武雄氏設計の高麗橋野村ビルディングでした。

池袋サンシャインの水族館のトラザメさんの卵だよ。 【ファイルC281】2014.03.11 

【ファイルC281】2014.03.11 池袋サンシャインの水族館のトラザメさんの卵だよ。

なんだか不思議だねえ

 連載第一回の池袋サンシャインの水族館のサンシャインラグーンでやっていた水中パフォーマンスから見られる方はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/53714951.html

 今回も、以前の蔵出し記事です。
 サンシャインに行ったとき、不思議なものが展示されていました。

トラザメさんの卵です。


 




 袋の中で赤ちゃんが動いていたよ。

 もうすぐ生まれるんだろうねえ。

 サメというのは、お母さんのお腹の中で孵化するものばかり思っていたのですが、こうやって卵で生まれる子もいるのですね。

 ゆりかごのような丸い袋の卵は、蔓のようなもので壁に固定されていました。

 海の中では、これで海藻などに絡みついて卵を固定します。

 うまくできていますね。

この卵は『人魚の財布』と呼ばれているんだって。


 卵の中の赤ちゃん(胎仔:たいし)は卵黄の栄養分を使いながら卵の中で約1年かけて成長し、5 ~10 cm の大きさで孵化します。

卵の前には、生まれて間もない子がいました。


 




 左の小さい方が3か月前に孵化した子で、右の大きい方が8か月前に孵化した子なんだって。

 小さいけれど立派なトラザメさんです。

 トラザメ(虎鮫)さんは、メジロザメ目、トラザメ科、トラザメ属で、

 学名は『Scyliorhinus torazame Tanaka, 1908』で、タナカさんが命名した“トラザメ”なのですね。

 英名は“Cloudy catshark”(クラウディ・キャットシャーク)。「雲のような斑紋のあるネコザメ」といった意味です。

 この模様は、生活している岩や石の多い環境に紛れて、敵の目を眩ませます。

日本ではトラなのに、英語ではネコなのですね。

 なお、英名で“Tigershark (タイガーシャーク)”だと、和名では獰猛な大型種イタチザメになるのでややこしいねえ。

 サメの映画といえば、スピルバーグ監督による1975年のアメリカ映画『ジョーズ』(Jaws)ですが、この映画の上映時に“Tigershark”の字幕がそのまんま『トラザメ』と訳されていて、「“Tigershark”は『トラザメ』ではなく『イタチザメ』の間違いでした」とパンフレットに書いてありました。

 『ジョーズ』の主人公はホホジロザメですが、映画の中では最初“Tigershark”(イタチザメ)が少女を襲った犯人だと濡れ衣を着せられていました。

 イタチザメが捕まって、一安心していたら、それからも被害が出て、やっとホホジロザメの仕業だと分かったのですね。

 “Cloudy catshark”のトラザメさんの体長は50 cm。しかもイタチザメと違って小さくて大人しいから大違いなのですね。

 一方、“Tigershark”のイタチザメさんの体長は平均で4~6mで、全長が8mに達することもあるのだそうです。

目がネコ類のようなスリット状だから、“『トラ』ザメ”さんなのだそうです。


 




 スリット状というのは、瞳孔のことなのでしょうが、小さいのでよくわかりません。

 でも、正確にいうと、ネコの瞳孔は縦長のスリット状ですが、トラの瞳孔は人と同じでまん丸です。

 トラザメさんのお住まいは、北海道以南から東シナ海、東南アジアまでの西部太平洋。海岸近くから水深100 m までの比較的浅い岩場などを好みます。

 底生(ていせい)性で、日中は岩の間などに身を潜めてじっとしているのですが、夜になると餌を求めてごそごそと動き出す夜行性です。

 性格はおとなしく、イタチザメやホホジロザメのように人を襲うことはありません。

 丈夫であまり泳ぎ回らず、小型種のため水族館はもちろん、一般家庭での飼育にも適していて、水族館での生育が12年に及んだ例もあるのだそうです。

 最後にご挨拶。

 




 さようなら、元気でね。

 ということで、池袋サンシャイン水族館の連載記事はひとまず終了します。

 ご愛読ありがとうございました。

 また機会があれば、またご紹介しますね。

羽生結弦選手がソチのシングル・フリースケーティング(FS)で使用した映画音楽『ロメオとジュリエット』 【ファイルMU12】2014.03.06 

【ファイルMU12】2014.03.06 羽生結弦選手がソチのシングル・フリースケーティング(FS)で使用した映画音楽『ロメオとジュリエット』

この映画のジュリエット役の主演女優オリビアハッセーさんは、布施明さんの元奥さんだねえ。

 遅ればせながら、羽生結弦(はにゅう ゆづる:Yuzuru Hanyu)選手の2014年ソチオリンピック男子シングル金メダルおめでとうございます。

 東日本大震災で罹災し、自らも避難所暮らしを余儀なくされ、罹災者の皆さんが大変なご苦労をなさっているこの状況で、自分がスケートをしていても良いのだろうかと悩み、あの若さで厳しい練習・トレーニングや精神的な重圧に耐えながらも、罹災地の皆さんをはじめ多くの人々の応援と期待を背にあの素晴らしい演技。

 本当に感動しました。彼はゴールドメダリストになった2014年2月14日時点で、弱冠19歳65日だったのです。

 今回のソチは、日本の選手みんな頑張りましたね。今の若い人はインタビューの受け答えもしっかりしていて本当に立派だと思いました、

 日本人の良い国柄を世界に発信してくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。

それにしても、何故か羽生結弦選手が百点越えしたショートプログラム(SP)の音楽、ゲイリー・ムーア『パリの散歩道』ばかりがクローズ・アップされていますが、私はフリースケーティング(FS)で使用された映画音楽の『ロメオとジュリエット』の方が印象に残っています。

 シェイクスピアの戯曲『ロメオとジュリエット』は、どうも作曲家の創作意欲を刺激するらしくて、チャイコフスキー、プロコフィエフ、ベルリオーズといった大作曲家も『ロミオとジュリエット』を題材にした名曲を残しています。

でも、ポピュラー・ミュージックの中で一番に挙げられる名曲といったら、イタリアの巨匠、ニーノ・ロータ作曲の映画音楽『ロミオとジュリエット』でしょう。


まず、その映画『ロミオとジュリエット(1968年)』の有名なバルコニーのシーンと、テーマ曲を編集した動画があったので、ご紹介します。

ロミオとジュリエット(1968年) テーマ曲 Romeo and Juliet




 うまくみられないときはこちら。↓
http://www.youtube.com/watch?v=z2AS5pJjuyg

 この動画では、演奏はニーノ・ロータ(オリジナル)のものではなく、ア­ンドレ・リュウのものが、あえて使用されているのだそうです。

この『ロミオとジュリエット』(原題:Romeo and Juliet)は、1968年に製作・公開されたイギリスとイタリアの合作映画です。

監督フランコ・ゼフィレッリ
脚本フランコ・ゼフィレッリ、フランコ・ブルサーティ、マソリーノ・ダミコ
原作ウィリアム・シェイクスピア
出演者レナード・ホワイティング(ロミオ)、オリヴィア・ハッセー(ジュリエット)
音楽ニーノ・ロータ
配給パラマウント映画
公開イギリス:1968年3月4日(ロンドン、プレミア上映)、アメリカ: 1968年10月8日、イタリア:1968年10月19日、日本:1968年11月23日

Romeo and Juliet (1968)
Director: Franco Zeffirelli
Writers: William Shakespeare (play), Franco Brusati (screenplay),
Stars: Leonard Whiting, Olivia Hussey, John McEnery

 監督はイタリアオペラの殿堂ミラノ・スカラ座で、演出を手掛けていたフランコ・ゼフィレッリ氏。

特筆すべきなのは、ジュリエット役を演じた本作の撮影時15歳だったオリヴィア・ハッセーの闊達(かったつ)で愛らしく初々しい演技。

 この動画でもその一端はお分かりになられると思います。

 これは原作のジュリエットの実年齢【原作では、ジュリエットがあと 2 週間ほどでやってくる収穫祭の夜(Eve)に14 才になるという設定】に近い彼女をゼフィレッリ監督が抜擢したということなのだそうです。この選択は大正解だったと思います。

 この映画は英国の戯曲というより、イタリア的な色彩が濃いロミオとジュリエットです。テンポが速くてスペクタクルで、三島由紀夫氏もエッセーで絶賛していました。

 当時は日本でも大ヒットしたそうです。

 作曲はニーノ・ロータ氏です。この人は数々の映画音楽の名曲を残した作曲家で、『ロミオとジュリエット』の他に、『ゴッドファーザー<愛のテーマ>』、『太陽がいっぱい』、『道』等々、皆さんきっと一度は耳にされたであろう映画音楽の名曲を多く生み出しました。

さすがに、羽生選手のソチでの『ロミオとジュリエット』の動画は見つからなかったので、別の大会の演技の動画を貼っておきますね。


羽生結弦2013 GPF FS 翻訳(B.Eurosports)




 うまく観られないときはこちら。↓
http://www.youtube.com/watch?v=RVPa-67Oj9s

“British Euro Sports(ブリティッシュ­・ユーロスポーツ)”が放映した2013年12月6日(金)に福岡マリンメッセで行われた『フィギュアスケート:GPファイナル・男子フリースケーティング(FS)』における羽生結弦選手の演技の解説翻訳字幕付動画です。

 解説は、クリス・ハワース(Christopher Howarth)さんとニッキー・スレイター(Nicky Slater)さん。

 お二人とも往年の名スケーターです。イギリスで放映するために、わざわざ福岡までやってきて解説したのですね。

※)↑この動画は解説の日本語訳字幕を表示することができます。

 まず、動画の中央再生 ▶ ボタンを押して再生が始まったら現れる赤矢印部の『CC』マークをクリックしてください。





 字幕の設定が表示されます。ここで『日本語』の『オン』にして、





 動画画面の適当な場所をクリックすれば、字幕が表示されます。





それにしても、二人とも選手の立場から観たとても技術的な解説で、羽生選手を手放しといっていいほど大絶賛していますね。


 スケート界に彗星のごとく現れた若くて素晴らしい才能を祝福し、『今この瞬間を楽しんで。これが、これからユズルを待っている、沢山の優勝の幕開けなんだから』という言葉は、さっそくソチ五輪で現実のものとなります。

 また、この解説での、冒頭のクワドサルコウ(4回転サルコウ)で転倒しても、羽生選手は十分高得点が取れるのだという評価はソチで証明されました。

 でも、前半でミスをしたら大きな動揺があって当たり前なのに、そのあとで盛り返す羽生選手の心身におけるタフさは驚異的です。解説のお二人もこのことに驚嘆しています。

 一流の選手が見れば、羽生選手がどれだけ凄いことをしているのか分かるのでしょうが、私のような素人でも、びっくりするような演技です。

 羽生選手は、ソチ五輪も含めた2013-2014のシーズンのFSで、この【映画『ロミオとジュリエット』より/作曲:ニーノ・ロータ/振付:デヴィッド・ウィルソン】を演じています。

 なお、浅田真央選手においても、かつてFS演技曲の候補として『ロミオとジュリエット』が挙がったことがあったそうですが、結局は取り上げられなかったようです。

 浅田真央さんファンの中にも、浅田真央さんが演じる『ロミオとジュリエット』が見てみたいという方が結構いらっしゃるんじゃないのかな?

ということで、この名画『ロメオとジュリエット』のジュリエット役のオリヴィア・ハッセーさんは、後にカネボウ化粧品のCMに出演した際、そのCM曲『君は薔薇より美しい』を歌った歌手の布施明さんと1980年に結婚。

"薔薇より美しい"彼女は、布施明さんと結婚した年の日本映画『復活の日 (1980)』で、その時代の日本を代表する二枚目俳優だった草刈正雄さん演じる主人公の恋人役で出演していましたが、『復活の日』のDVDのオーディオコメンタリーによると、撮影現場に布施明さんの写真を持ち込んでルンルンだったそうです。ハッセーさんは、とっても気さくで良い人なんだって。


 お二人は一男児をもうけましたが、その後1989年に離婚しています。

羽生選手は、この映画は観たのでょうが、オリヴィア・ハッセーさんが布施明さんの奥さんだったということは知っているのかな?

羽生選手が生まれたのが、1994年12月7日で、二人が別れたのがそれより5年前だから、きっと知らないのでしょうね。

 ということで、今回は羽生選手が金メダル獲ったソチ五輪のFPで使用した音楽『ロミオとジュリエット』についてでした。

四谷から溜池山王までお散歩したよ。(その11) 【ファイルET95】2014.03.04 

【ファイルET95】2014.03.04 四谷から溜池山王までお散歩したよ。(その11)

山王さまの山王日枝神社は江戸城の裏鬼門を守っているよ(日枝神社その1)。

 四谷から溜池山王までお散歩したよ。(その1)から読まれる方はこちら。↓

東京都立日比谷高校のすぐご近所に山王さまがあります。


 




 石標には『山王日枝神社』、鳥居の額には『日枝神社』と記されています。

 東京都千代田区永田町ですから、国会議事堂も首相官邸もあって、高層ビルに囲まれています。

以前、弁慶橋の記事の時にご紹介した位置図です(再掲)


 




 弁慶橋の記事はこちら↓。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/54668328.html


その時に一緒に掲載した『増補改訂 麹町永田町 外櫻田繪圖【嘉永三戌(1850)年新刻 元治元(1864)年甲子歳改正 影山致恭図之 麹町六丁目 尾張屋清七板】』です。


 




 山王日枝神社は森のように描かれていますね。

 だだっ広い大名屋敷があって、対岸は外堀の堤ですから、今のような賑やかな所ではなかったようです。


歌川広重(うたがわひろしげ)の『名所江戸百景』から『糀町一丁目山王祭ねり込(こうじまちいっちょうめさんのうまつりねりこみ)』【夏51景】です。


 




『-江戸切絵図で歩く― 広重の大江戸名所百景散歩 -嘉永・安政 江戸の風景119- :堀 晃明著 人文者社』より、この絵の解説を引用させていただきます。


※ ※  ※  ※

 糀町(こうじまち)は、江戸城の半蔵門と四谷御門との間の通りの両側に10町が、そして四谷御門の外には3町があった。

名前の由来は、昔ここに麹を作る店があったからとか、半蔵御門から昔国府(こくふ)のあった府中へ行く「国府路(こうじ)」が通っていたからとかいわれている。


山王祭(さんのうまつり)は、山王台地に鎮座する日吉山王権現神社(ひえさんのうごんげんじんじゃ)の祭礼をいった。

 この社の氏子は、徳川家を始めとし、麹町から日本橋以南160ヶ町におよんでいて、神田明神と江戸市内の氏子を二分していた。どちらの祭礼にも各町が趣向をこらした山車(だし)や屋台(やたい)などの練(ね)り物(もの)を出し、その費用は莫大となったため、両祭は1年おきに交互に執り行われていた。

 6月15日の祭礼には、45台の山車と踊り台が、未明に山下御門に集合し、長い行列をつくってまず山王権現社まで練り歩いた。

ここで神輿(みこし)が3基加わり、麹町1丁目から半蔵門を通って城内へ入り、吹上御殿(ふきあげごてん)で将軍や仕えの人々の御覧に供した。


この祭が天下祭(てんかまつり)といわれるのはこのためである。

 このあと行列は城内を練り歩き、その殿(しんがり)が常盤橋(ときわばし)御門から出る頃には夜になっていたという。

この絵では、行列の一番手の烏帽子狩衣(えぼしかりぎぬ)姿の猿の山車(南伝馬町)が半蔵門内に入ろうとしている。

手前に半分だけ見えている山車(だし)は二番手の太鼓の上に鳥を載せた諌鼓鳥(かんこどり:大伝馬町)である。これらの重い山車は、高輪のうし町の牛が2・3頭がかりで曳いていた。


※ ※  ※  ※(以上引用終わり)

この本は広重の美しい版画だけではなく、描いた場所が特定できる古地図と現代の地図と解説が載っていて、とても楽しくて、お勧めです。古地図もこの本から引用させていただいています。


それにしても、糀町(こうじまち)は麹町(こうじまち)で日枝神社(ひえじんじゃ)は日吉神社(ひえじんじゃ)でもあるのですね。


 糀町(こうじまち)は、現在の麹町(こうじまち)のことで、引用文の説以外にも、もともとは甲州街道の起点の町ということから甲斐路(こうじ)町と書いたという説もあるそうです。

 東京は麹町になっていますが、神戸市には西区糀台(こうじだい)という地名があるようです。

 神戸は『灘の生一本(なだのきいっぽん)』の酒どころだから、糀(こうじ)には関係深いんだねえ。

 でも、神戸といっても西区は、灘とは遠く離れた田舎の新興開発地のようですから、ひょっとして、このあたりは有名な酒米の『山田錦(やまだにしき)』が収穫されるところだったりして、酒米と縁の深い『糀』という名前がついているのかな?。


 ということで、天下祭りについては、神田明神の記事で以前ご紹介しましたね↓。
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/53454705.html

狛犬さんです。


 




お稲荷様の参道側から上ります。


 




上り詰めたところに、末社である山王稲荷神社本殿があります。


 





 横に、解説の立札が立っていました。

 私は、なるべくこういうものは、残しておこうと思っているので、書き写しますね。

※ ※  ※  ※

千代田区指定有形文化財  指定 昭和63年4月

山王稲荷神社本殿

概 要

名称 日枝神社境内末社 山王稲荷神社本殿

所在 千代田区永田町2-10-5

構造 一間社春日造、本瓦葺型銅版葺、南面

規模 身舎 正面柱間   真々 1.518米

   〃  側面柱間   〃  1.670米

   〃  向拝間柱間  〃  1.670米


 山王稲荷神社は、日枝神社が万治二年(1659)麹町隼町から現在地に移される以前、当地が福知山藩主松平忠房の邸地であった頃、すでに邸内鎮守として祀られていたと考えられる。この地主稲荷社と現存する建物との関係は不明である。

 『日枝神社史』『江戸名所図会』『甲良家文書』等の資料や棟札(昭和20年焼失)、細部絵様、同時期の公儀普請・浅草神社(慶安二年・1649建立)等との比較、技法の共通性から、万治二年山王社造営奉行板倉甚太郎重直・横山内記知清両人により日枝神社造営時に新しく造営されたものであると推定される。

 江戸時代の多くの災害のほか昭和20年5月25日の空襲による日枝神社社殿焼失の際、校倉とともに戦災を免れて残った唯一の社である。

 本社復興までの間、日枝神社の仮本殿として用いられた。

 現存の社の建立年代を示す直接資料を欠くものの、日枝神社末社として本社とともに公儀普請により建設された可能性が高く、17世紀中葉の江戸における幕府建設活動を示す数少ない遺構例のひとつであり、加えて関東地方には希少の縋形式の春日造本殿であることは特筆される。

 平成元年三月

   千代田区教育委員会


※ ※  ※  ※

 『縋形式』は、『縋(すがる)破風』という言葉があるので、『すがるけいしき』と読むのでしょうか。

 いかにも簡素なお社なので、そんな貴重な建物だとは思ってもみませんでした。

 米軍は宗教施設でも平気で爆撃するのですね。

 世界遺産のドイツケルン大聖堂ですら、第二次世界大戦時のケルン市に対する英米軍の大空襲で14発の直撃弾を受けたのですから。

 ドレスデンの大空襲なんて、非戦闘員の大虐殺でした。

 勝てば官軍とはよく言ったものです。
 
 それで、日枝神社は、戦後しばらくの間、ここに仮住まいしていたのですね。御見逸れしてすみません。

 ということで、次に続きますね。

プロフィール

眼とろん星人

Author:眼とろん星人
FC2ブログへようこそ!

年別アーカイブ一覧

訪問者カウンダ―

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR