FC2ブログ

京都水族館のダイオウグソクムシさん。 【ファイルC291】2016.08.24 

【ファイルC291】2016.08.24 京都水族館のダイオウグソクムシさん。

深海にすむ不思議な生物だねえ。

前回は、オネムなペンギンの赤ちゃんについて記事を書きました。↓

http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/folder/1518536.html

あれから1年も放置していた京都水族館の記事を蔵出ししますね。

今回はダイオウグソクムシさんをご紹介します。

深海生物なので光に弱く、光(特に日光)にあたり続けると弱り死亡する可能性があるため、通常水族館の展示は、こんな感じで暗くてオレンジ色の照明になっています。


 




ダイオオグソクムシさんは漢字で書くと『大王具足虫』で、『具足(ぐそく)』は、日本の甲冑(かっちゅう)や鎧・兜(よろい・かぶと)の別称です。

いかにも甲冑をまとったようないでたちの海生甲殻類だねえ。


英名は、Giant Isopod(巨漢の等脚類)で、命名がお座なりで、何の風情も愛想もありません。欧米人はあまり海洋動物に親しみがないようなのです。


動物界節足動物門軟甲綱等脚目ウオノエ亜目スナホリムシ科オオグソクムシ属ダイオウグソクムシで、

 学名はBathynomus giganteus(バティノムス・ギガンテウス)です。
 Bathyは深海を意味するラテン語で、フランスの鳥類学者、甲殻類学者、博物学者のアルフォンス・ミルヌ=エドワール=Alphonse Milne-Edwardsが1879年に命名しています。

こんにちは。


 




ダースベーダーみたいだねえ。


 ダイオウグソクムシさんの情報はあまりなかったので、Wikipediaを中心に参照します。

ダイオオグソクムシさんのお住まいは、メキシコ湾や、西大西洋周辺の深海200~1000メートルほどの深さの海底砂泥地です。

英名にジャイアントとあるように、世界最大の等脚類で、体長は20 - 40センチメートル。最大50センチメートル近くにもなります。


体重は1キログラムを上回り、日本最大の等脚類であるオオグソクムシでさえ最大15センチメートルほどであることを考えると、いかに巨大かわかろうというものです。


外見はダンゴムシのようにも見えるのですが、分類上はフナムシに近い生き物とされています。

目は、昆虫のように複眼で、約3500個の個眼から形成されていて、節足動物の複眼としては最大級です。

触角は2対あって、等脚類の特徴である第一触角は、フナムシ程度の大きさでは肉眼でも判別しにくいほど小さいのですが、本種はその大きさから容易に第一触角を見つけることができ、口部分は2対の格子状の顎が重なっています。


歩脚は、等脚類の特徴である7対の符節から構成されています。

脚の間には卵を抱く保育嚢があり、受精卵も節足動物としては最大級です。尾部に棘が生えており、一番後ろの脚のさらに後の末端部には、ヒレ状に発達している遊泳肢があって、それを用いて背面を海底に向けながら、身体をくねらせて遊泳を行います。

外敵や攻撃を受けた場合は背面にはならず泳いで逃げることもあり、不完全ながらダンゴムシのように身体を丸め、背甲で身を守るともいわれるそうです。


脱皮する過程が、日本の鳥羽水族館で2016年2月12日に撮影・記録されました。


↑その時の記事はこちら。↓


※    ※    ※


謎の深海生物ダイオウグソクムシが脱皮!!動画「ゆっくり、こんな動き」 鳥羽水族館で


 




鳥羽水族館(三重県鳥羽市)で13日、飼育中の深海生物「ダイオウグソクムシ」の脱皮が国内で初めて確認された。同館は脱皮時の動画撮影にも成功しており、ホームページで「謎に満ちたダイオウグソクシの習性を明らかにするデータのひとつになるのでは」と期待を寄せている。


同館のホームページなどによると、脱皮を確認したのは雄の「No.5」(体長約25センチ、体重約1・2キロ)と呼んでいるダイオウグソクムシ。正月ごろから徐々に体の前半分の白化が進行し、脱皮の兆候とみて観察していた。12日午前7時半ごろ、見回りに来た飼育スタッフが、体の後半部の脱皮に気が付いたという。


同館では、平成19年9月にメキシコ湾の海底800メートルで捕獲されて入館したダイオウグソクムシに「No.1」と名付けて飼育。5年以上の絶食記録を残して26年2月に死んだ。


水族館が死後まもなく解剖したところ、体内から正体不明の液体を検出。液体からは菌も発見され、食べなくても生きていける長寿に関係した“夢の酵母”の可能性があるとして話題になった。


今回脱皮が確認された「No.5」も24年12月以降、3年以上の断食を続けているという。



 上手くみられないときはこちら。↓
https://www.youtube.com/watch?v=EeJmz1Ng93E

 ※    ※    ※(以上引用終わり)

↑ 脱皮の過程を記録できた映像は少なくとも日本国内では初、世界初の記録の可能性もあったようですが、4月1日に亡くなってしまいました。死因は不明だそうです。

分からないことだらけで、水族館の飼育員さんも試行錯誤で飼育されているのでしょうね。


ダイオウグソクムシさんは、「深海の掃除屋」と呼ばれていて、深海底に沈降してきた大型魚類やクジラなどの死骸や弱った生き物等の有機物を摂食します。

他の等脚類のように弱った仲間や死体を食べる共食いを行っている可能性もあるらしいのですが、詳細は不明なのだそうです。


さらに、上記の記事でも触れられていましたが、ダイオウグソクムシさんは、大型の割に極めて少食で飢餓に強いという特徴があります。


鳥羽水族館において2007年9月から飼育されていた体長29センチメートルの個体「No.1」は、2009年1月2日に50グラムのアジを食べて以来、2014年2月14日に死亡するまでの5年1か月間(1869日間)にわたり餌を口にしませんでした。


↑ その時の記事がこちら。↓


 ※    ※    ※

鳥羽水族館の「絶食ダイオウグソクムシ」No.1死ぬ-絶食日数5年43日

 2014年02月14日 伊勢志摩経済新聞
http://iseshima.keizai.biz/headline/1962/

鳥羽水族館の「絶食ダイオウグソクムシ」No.1死ぬ-絶食日数5年43日(写真は元気だった頃のNo.1)






鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽)で飼育し絶食記録を更新し続けていた謎の深海生物のダイオウグソクムシNo.1が2月14日、絶食日数5年43日(1869日)、生存日数6年158日(2350日)の記録を残して死んだ。


丸5年の絶食記録を更新したダイオウグソクムシNo.1






2007年9月9日に入館したNo.1。2009年1月2日に約50グラムのアジ1匹を食べて以来絶食を続け、飼育員の森滝丈也さんを困らせていた。

この日は今年2回目のエサやりの予定でマスコミ各社の取材を受ける準備をしていたが、17時ごろエサを水槽に入れたが全く反応しないため取り上げたところ死んでいることが確認された。


今後、死因などについて調査・研究を行う予定。


 ※    ※    ※(以上引用終わり)

しかも、2013年2月に飼育を開始し、4か月間絶食した後に死亡した個体「No.9」を解剖したところ、さらになんと!消化管に未消化の魚が106gほど残っていたということです。


このように、餌の少ない環境でここまでの巨体になることは、ダイオウイカさんと並んで深海生物の巨大症(deep-sea gigantism)の例としてよく引用されるのですが、その巨大化のメカニズムについては未だに多くの部分が解明されていないそうです。


ことほど左様に、めったに餌を食べないので、餌を食べたというだけでニュースになってしまいます。↓


 ※    ※    ※

「びっくり」ダイオウグソクムシ餌を食べる


 2015年12月2日 22:09 日テレNEWS 24
http://www.news24.jp/articles/2015/12/02/07316373.html

 要約

三重県の鳥羽水族館で、5年以上もエサを食べずに生き続けたことで話題になった、深海に住む生物・ダイオウグソクムシ。名古屋市の水族館でエサを食べる珍しい瞬間が撮影された。

上記動画(©日テレ、名古屋港水族館提供)のスチル画像(レタッチ加工)


 




 ※    ※    ※(以上引用終わり)

↑ 食費が節約できてとても経済的ですが、ダイエッターの人にとっては、4か月も絶食しても、なおかつ胃に未消化物が残っているなんて、悪夢だねえ。


ダイオウグソクムシさんは1878年にオスがメキシコ湾の海底から発見され、1891年にはメスも、めっかっちゃいました。

漁網や篭にかかった有用魚類を食い荒らすことから、漁師達には嫌われているそうです。

あれ?!

“漁網や篭にかかった有用魚類を食い荒らす”って、小食だという説明と矛盾しているねえ。


ダイオウグソクムシさんは巨躯の割に肉が少なく、臭みも強いために食用には適さないといわれるようですが、地域によっては食用利用されるということです。また、素揚げにすると旨みが強く美味という話もあるようです。


“ダイオウ”グソクムシさんではなく、親戚筋の“オオ”グソクムシさんなら、静岡県 焼津市 (やいづし)で、001-173 駿河湾深海で獲れたオオグソクムシ2匹(7cm前後)を10,000円以上の寄附でもらえるそうです【現在品切れ中の模様】。↓

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/22212/94140#

“ダイオウ”グソクムシさんではなく、“オオ”グソクムシさんの食レポが、日刊SPAの記事『深海の奇怪生物「オオグソクムシ」を女性記者が食べてみた【試食会リポート】2014.04.02』でUPされていました。↓

http://nikkan-spa.jp/614524

↑ この記事によると、『「オオグソクムシ」の揚げ物、それはエビに近い。味噌はおろか身も非常に少ないそうだ。1匹あたり耳かき2匙程度しか身が取れないものの、味を聞かれたらほとんどの人がエビまたはカニと答えるだろう。』ということです。


身がスカスカだから、絶食しても大丈夫なんだろうねえ。


でも、普通、身がみちみちぱんぱんになって、これ以上このままの外殻のサイズでは成長できないから、脱皮するはずなのに、身がスカスカなんて、脱皮する意味が無いと思うねえ。


ということで、超省エネ絶食生物なので、殆ど動いてくれません。


最後に、やっと少し頭を上げてご挨拶してくれました。


 




さようなら、元気でね。

でも、飼育員さんが心配するから、たまには餌も食べてね。

スポンサーサイト



浅草『初小川』で鰻重を食べたよ。 【ファイルF64】2016.07.14 

【ファイルF64】2016.07.14 浅草『初小川』で鰻重を食べたよ。


江戸のうなぎ屋さんの名店だねえ。

浅草には、有名なうなぎ屋さんがいくつかありますが、今回は初小川さんに行ってきました。

以前は上方は大阪高麗橋(こうらいばし)の柴藤(しばとう)さんの大阪まむし(うな重)の記事を書き、その際に関西と関東のウナギの違いについても書きましたので参考にしてくださいね。↓

http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/53155928.html

事前に電話予約して、行きました。

入る筋を間違えて、予約時間に少し遅れて着いた『初小川』さん。






テーブル席に案内されました。

写真撮影の許可をお願いしたら、“料理のみの撮影なら”、ということで了承いただきました。

気が付くと座敷のところに『撮影禁止』という紙が張っていました。

有名人がお忍びで来ることもあるからかな?とにかく一般の人でも、写りこまないようにする配慮は当然のマナーですね。


そういえば、最近のネット社会で、芸能人、著名人のプライベートを拡散する人の神経って、なんなんだろう?それも、情報漏えいした張本人が、客として利用した店の店員だったりしてね。

もう、今は素人を巻き込んだ一億総監視社会ですよね。

ベルリンの壁が崩壊し、旧東ドイツが旧ソビエト社会主義共和国連邦【英語でUSSR=Union of Soviet Socialist Republics】の圧政から解放された時、東ドイツの監視社会の実態が白日の下にさらけ出されました。

それで、家族ぐるみでずっと深い親交があり、強い信頼の絆で結ばれていたと信じていた隣人が、自分の個人情報を詳細に公安当局に密告し、漏洩していたということが判明して、心の大きな傷を負い、人間不信から立ち直れないままでいる人が多く出るという深刻な社会問題が発生したということです。


旧ソ連をずっと称賛していた“日本の屑メディア”は、自分の商売にとって、こんな好都合なことはないので、自分たちに密告される個人情報については、人権侵害の重大問題なのに、ガン無視を決め込みます。


最近の芸能誌はその素人からのタレこみや、拡散されたネット情報ネタが多いっていうけど、あれで恐喝しようと思えばできるんですよね。


そういえば、昔『指三本女性スキャンダル』で宇野宗佑首相辞任のきっかけになったのは、神楽坂の芸妓の中西某嬢のすっぱ抜きでした。

当時はまだまだネット社会ではなかったので今思えば牧歌的な時代だったのですが。

それで、『指三本女性スキャンダル』のスクープ記事を書いて69日で総理を辞職に追い込んだ【日本政治史上4番目の短命内閣】サンデー毎日の当時の編集長が、

なんと!先の都知事選候補で、文春に女性スキャンダルをすっぱ抜かれた


鳥越俊太郎氏!!!


もう因果応報とはこのことだねえ。


この人、他人にはさんざん責任問題を追及しておきながら、同じことが自分の身に降りかかると、自分はだんまりで弁護士任せ。


だから、私はマスメディアは『恐喝産業』だって言っているんですけど、というか、昔も新聞記者の事を『羽織ゴロ』といって、取材されて「お車代です」って包まないと、何書かれるかわかったもんじゃないという逸話を山本夏彦さんがエッセイで書かれていました。


もともと、料亭政治というのは、明治維新の勤王の志士や、新撰組等の頃から、秘密が漏れないということで重宝され、密議の場として利用されていたのですが、不景気ということもあるのでしょうが、宇野首相の事件で信用が失墜したことも料亭衰退の一因ではないかという話もあります。


閑話休題(それはさておき)、


うな重の上3900円、きも吸50円を注文しました。






最近はシラスウナギ(ウナギの稚魚)乱獲等による激減でウナギの値段が高騰しています。

最近は総じて、うなぎは価格変動の可能性があるので、値段は直接確認してくださいね。

うな重には、きも吸ですね。










くせのない薄味で、ゆず、三つ葉、シイタケの風味共に、ぷにゅっとした、うなきもの食感を味わうことが出来ます。


お新香もついています。






やはり日本人の箸休めはお新香だねえ。発酵食品は体にいいし、美味しいし。


さて、メイン・ディッシュというかメイン重箱のうな重さんです。






ふわふわの身が口の中でほどけながら、脂とともに溶けていきます。薄味の上品なタレで、川魚独特の癖が後に残りません。浅草=下町というイメージを覆す高級なお味です。

この前回ご紹介した浅草『江戸前 天丼 まさる』さんの江戸前天丼と共通するところがあります。↓

http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/56111213.html

焼きと照りが美しいねえ。






やはり、この『おこげ』の部分が美味しいねえ。


いい塩梅にタレが、もちもとのご飯に染みています。






うなぎの骨せんべい350円がテーブルの上の籠に並べられていたので、お土産に買って帰りました。






『初小川』の字は江戸書体だねえ。相撲体かな?


袋から出してお皿に盛りました。






アップの写真。






こうやって拡大すると虫みたいにみえるねえ。

かりんとうみたいにカリカリした歯ごたえで、ピリリと辛い唐辛子味とともに、ウナギ独特のくせのある味が高濃縮されています。

お酒好きの人なら、恰好のアテなのでしょうが、そうでなくても、スナック感覚でいただけます。

ウナギ好きの人なら癖になるかも。


ということで江戸は浅草、うなぎの『初小川』さんでした。

浅草『甘味処 梅むら』さんで豆かん(豆かんてん)を食べたよ。 【ファイルS40】2016.08.04 

【ファイルS40】2016.08.04 浅草『甘味処 梅むら』さんで豆かん(豆かんてん)を食べたよ。


夏の涼感あふれる粋な甘味だねえ。

 以前、浅草の有名な甘味処、梅園さんをご紹介したことがあります。↓
http://blogs.yahoo.co.jp/metoronjr7/54095855.html

今回、ご紹介するのは、やはり浅草の名店、1968年(昭和43年)創業の「甘味処 梅むら」さんです。






お店は浅草寺の裏の言問い通りをさらに、北の路地に入ったとことにあります。場所は少し分かりにくいかも。


 有名店なのですが、14席 (カウンター6席、小上がり4席×2卓)のこじんまりしたお店なので、混むときは並ぶようですが、私が行った時間はいつも通り中途半端な時間だったので空いていました。

それで、でてきましたよ。ここのお店の代名詞のような存在の豆寒天の『豆かん』470円也です。






豆かんの豆は、甘味につきものの小豆(あずき)じゃなくて、北海道産で厳選した赤えんどう豆なのだそうです。

煮込んだ赤えんどう豆って、とっても綺麗!まるで宝石みたいだねえ。






この美しさだけでも値打ちがあります。

こんなに艶やかでピカピカに皮が張って破裂しない程度に煮るって難しいだろうねえ。

歯で軽く噛んで、ぷっちんと皮がはじけると、中の細かい粒子がほどけながら豆独特の風味が口の中に広がります。豆そのものの味はとても癖が無く上品であっさりしています。


角切りのカンテンは、伊豆七島で採れるイズクサと呼ばれる最高級の天草を使っているそうです。






適度な弾力があって、さっぱりしています。


それで、煮赤えんどう豆は、香ばしさと歯ごたえ、カンテンは食感と清涼感の担当で、お味は、甘い黒蜜で決まります。

口の中で、豆とカンテンを食べてかみ砕いていくうちに黒蜜が混ざり合い、その相乗効果を楽しむのが豆かんの醍醐味です。


実は暖かい田舎汁粉も食べたかったのですが、寒い時のシーズンの季節メニューのようでした。

豆かんは470円で持ち帰り購入もできます。(賞味期限3日)

おうちでゆっくり寛ぎながら味わうのも良いでしょうけれど、やはり、浅草の下町の雰囲気の中で食べるのもオツなものです。ただ、騒がしいお客さんがいたらぶち壊しですけれどね。


でも、この日は美味しく、浅草甘味を堪能できましたよ。


それで、付録です。


梅むらさんを出て、前の路地をそのまま東に歩いたらすぐのところに、『アニマル浜口トレーニングジム』がありました。






実は、随分と以前、浅草散歩をしたときに、雷門前に黒山の人だかりがしていて、男性のしわがれた野性的な咆哮が聞こえてきたことがありました。

その声は、

『嫌いだ~!』

と聴こえたので、てっきり酔っ払いが喧嘩でもしているのかと思って、恐いもの見たさの野次馬根性で近づいて行ったらば、その声の主はアニマル浜口さんで、『気合いだ~!』と叫んでいるのでした。

さすがにプロレスラーの体格で迫力のあるお父様の隣には、アテネ五輪銅メダリストの浜口京子さんが婦人警官の格好をして、佇んでいました。

浜口京子さんは、怪力と、俊敏さが自慢の世界トップクラスの格闘家なのに、こうやってみると、そんなことが信じられないような、ごく普通のとても感じが良くて、つつましやかな可愛い娘さんでした。

あとで調べたら、父娘で浅草署の一日署長を務められていたようです。


浅草に、『アニマル浜口トレーニングジム』があるから、地元なのですね。観光客も地元の仲見世の人も本当に暖かい激励とねぎらいとお祝いの声をかけておられました。

アニマル浜口さんも、浜口京子さんも、本当にみんなに愛されているんだなって、分かりましたよ。

アメリカ人観光客だと思われる若い女性が、『何の騒ぎ?一体だれ?』ってお店の人に聴いていました。

オリンピックのブロンズメダリストなんだよ。えっへん!


江戸の下町と言っても、由緒のある浅草寺、浅草神社の門前町で、やはり将軍様のおひざ元のプライドがありつつも、向こう三軒両隣といった昔ながらコミュニティーが残っている場所で、なおかつ日本を代表するような国際的観光スポットです。


技術立国で、世界一の債権国、つまり金貸し国家の経済大国である国の首都に、こんな場所があるなんて、日本人でも、新鮮なのに、外国から来られた方はさぞかし興味深いのだと思います。


今回は浅草の粋な甘味処の梅むらさんの豆かんでした。


ということで、浅草はまだまだ奥が深い街なのでした。これからもボチボチと紹介しますね。

プロフィール

眼とろん星人

Author:眼とろん星人
FC2ブログへようこそ!

年別アーカイブ一覧

訪問者カウンダ―

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR