FC2ブログ

左利きの音楽家、ポール・マッカートニーさんとチャールズ・チャップリンさん 【ファイルMU14】2014.07.15 

【ファイルMU14】2014.07.15 左利きの音楽家、ポール・マッカートニーさんとチャールズ・チャップリンさん

左利きは天才肌っていうけれど・・・。

 先日ソニーのウォークマンを買いました。
 なんか、凄く曲が沢山入るし、充電池は長持ちだし、音質が良いからびっくりしました。

 さすがは世界のソニー。なんだかんだ言われても、いまだに技術は健在です。

 それで調子に乗ってどんどん手持ちのCDを入れました。

その結果、気が付いたのですが、入れたアルバム名をアルファベット順に並べると、『B』の項目がやたらと多いのです。

Bach【バッハ=ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach )】、
Beatles【ビートルズ(The Beatles)】、
Beethoven【ベートーヴェン=ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(独: Ludwig van Beethoven)】、
Brahms【ブラームス=ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms)】
Bruckner【ブルックナー=ヨーゼフ・アントン・ブルックナー(Josef Anton Bruckner)】

まあ、バッハ・ベートーヴェン・ブラームスは、、ドイツ音楽における『三大B』と呼ばれるなんていうことを、音楽の授業で習った覚えがあるので、当然として、それにしても沢山入るねえ。

例えば、バッハの『マタイ受難曲』、ベートーヴェン9つの交響曲、ブラームスの4つの交響曲、ブルックナーの交響曲第3番~第9番・・・。


ということで、その中でも私がお気に入りの曲を上げてみて、Beatles【ビートルズ(The Beatles)】関係だと、

アルバム『リボルバー』から、ポール・マッカートニーさんの代表作のひとつで、ポールさんとジョン・レノンさんとジョージ・ハリスンさんの3人で多重録音したコーラスが美しい

『ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア』。

The Beatles - Here, There and Everywhere (Mono)




 うまく聴けないときはこちら。↓
https://www.youtube.com/watch?v=Vd9HrO1b7pk

それで、ポール・マッカートニーさんは左利きなんですよね。

左利き用の特製ベースを弾くポール・マッカートニーさん。






右手でフレットを押さえて、左手のピックで弾いています。


右利きだと、こうなります。

普通に右利きでギターを弾くジョン・レノンさん。






左利きの天才音楽家といえば、私が思い浮かぶのが、チャールズ・チャップリンさんなんですよ。

喜劇役者や映画監督としてまず有名ですが、チャップリンさんは天才作曲家でもあるのです。

映画『モダンタイムス』から、最近もCMなんかで使われているチャップリンさん作曲の名曲『スマイル』が代表作です。

 映画『モダンタイムス』のクレジットはこうなっています。
 監督チャールズ・チャップリン
 脚本チャールズ・チャップリン
 製作チャールズ・チャップリン
 出演者チャールズ・チャップリン、ポーレット・ゴダード、ヘンリー・バーグマン、チェスター・コンクリン
 音楽チャールズ・チャップリン、アルフレッド・ニューマン
 撮影ローランド・トセロー、アイラ・モーガン

『スマイル』の曲は男子シングル織田信成選手が2009-2010シーズンEX(エキシビション)で使ったことが記憶に新しいところですね。(歌唱はマイケル・ジャクソンさん)


ここでは、ナット・キング・コールがさん歌った音源で、チャールズ・チャップリンさん作曲『スマイル』をご紹介しましょう。

Smile♪Nat King Cole




 うまく観られないときはこちら。↓
 https://www.youtube.com/watch?v=V3Sk1ybG_-M

映画『ライムライト』で左利き用特製のヴァイオリンを弾くチャップリンさん(写真向かって右。左は当時経済的に困窮していたのを聞き知ったチャップリンさんが、あえて出演を依頼した、かつてライバルだったバスター・キートンさん)






左利きなので、利き手の左手で、弓を持ってボウイングをして、右手で指板(しばん)を押さえています。

 ちなみに『ライムライト』でも、チャップリンさんは、監督、脚本、製作、出演者と、そして美しい音楽を担当しています。

右利きでヴァイオリンを奏でる天才ヴァイオリニスト、五島龍(ごとう りゅう)さん。






【Ryu Goto:: ユニバーサル ミュージック クラシック】

オーソドックスな右利きなので、利き手の右手で、弓を持ってボウイングをして、左手で指板(しばん)を押さえています。

 五島龍(ごとう りゅう)さんのお姉さんも、やはり天才ヴァイオリニストの五嶋みどりさんだねえ。

それで、左利きは天才が多いとか言われますが、その超有名どころがレオナル・ド・ダヴィンチさんなんですよね。

デッサンを観ればダヴィンチさんが左利きだということが分かります。


レオナルド・ダ・ヴィンチさんの『馬と騎手』です。






影の部分を見てください。






斜線が左上から右下に引かれています。

左利きの人は、こう描いた方が書きやすいからです。右利きの人はこの方向の斜線は引きにくいのです。


右利きの場合はこうなります。

ご存知、イタリアルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティさんの『レダと白鳥』のためのデッサン(『レダの頭部習作』)。






普通に右利きだと、このように影の斜線は右上から左下に引かれています。






別に左利きだろうが、右利きだろうが天才さんは天才さんなのでしょうが、確かに左利きは目立ちますよね。


それにしても、左利きのことを『左ぎっちょ』と呼んでいたはずで、その語源に諸説あって、差別語ではないはずなのですが、なんか差別語扱いされているようです。

以前は左利きは矯正されていたのですが、最近は逆に天才の証拠だとか個性だとかいうことになって逆に褒めたりしているようです。

私は、直らない左利きを無理に直すことは無いとは思うのですが、不便なのは変わりがないので、直せるなら直した方が良いとは思います。

時代の風潮というのは、極端から極端へ飛んで、『良いころ合い』とか『良い塩梅(あんばい)』というものが無いのでしょうか?


私は以前、ラーメン屋さんのスタンドでラーメンを食べていて、やけに狭くて窮屈だと思ったら、右側に左利きの人が箸を持つ方の左の肘を思いっきり横に付きだして食べていて、左側に右利きの人が箸を持つ方の右の肘を思いっきり横に付きだして食べている状況に自分が置かれているということに気が付いて、びっくりしたことがあります。

よりによって、両脇に思いっきり横に肘を付き出してしか物を食べられないマナー知らずの人が座って、しかも右側に左利きの人がいるなんて不幸は、人生でそう滅多に味わえることではないのです。

そういう人たちですから、当然口を開けて、ぺちゃくちゃと音を立てて食べています。

本当に両側から肘でごんごん小突かれて、腹立たしくて窮屈で、うるさくて、せっかくのラーメンの味が全く分かりませんでした。


自分の右側の左利きのひなちゃんと、左側の右利きのつくねちゃんに肘で小突かれて、迷惑を被る真ん中のぴこりんさんの図






 (のれん君が描いた再現図です。3人とも、本当は、すごくマナーが良いのですが、当時の光景の再現のために、敢えて慣れないことをやってもらいました)

 ということで、音楽の部屋から外れてしまいました。いつものことだねえ。
スポンサーサイト



コメント

No title

実はアタシも左利きなんです。ただ、箸やはさみ、包丁、ペンなどはすべて右手で生活してます。カウンター席での食事は一番左端でないと不便なので。今ではすっかり右利きです。が、自転車や物を包装する時などはやはり左利きになってしまいます。自転車は、足をつく時とか完全に左利きの特徴が出てしまうのでバイクは免許取ってません、右折の信号待ちで違和感のある体制になるんで。このまま、矯正しなければ天才肌になれたのに…(爆)凸

No title

私の長男の子供、つまり孫なんですが、この子が左利きです。
2歳ぐらいの時から、絵を描くのが好きで盛んに左手で描いていました。
小学校に入って、硬筆の習字大会に出場して大賞を得たことがあります。もちろん左手で書いています。
今、6年生ですが、先日の硬筆大会でも入選していました。
左利きの人でも、右書き式の字が書けるんですね。

No title

むにゅさんも苦労されているんですね。刃物類は左手はなにかと不便でしょうね。
逆に左利きの人は一番左端だと御自身も隣も丼を持つ側の手だから楽でしょうが、それ以外は不便ですよね。
バイクはスロットルが右ですからそれも不便ですよね。
むにゅさんのブログは目の付け所とか、文章を拝見すると天才肌だと思いますよ。
やっぱり左利きは羨ましいかも・・・。
ポチありがとうございます。

No title

トマトさん、左利きのお孫さん、凄いですね。
文字は右利きの人が書きやすく作られていますからね。
右利きの人が引っ張る動作では左利きの人は押さなければならないし、はねとか、はらいとか、難しいでしょうに。
そうやって文字を書くたびに右利きの人がしなくていい苦労をするから頭を使っているのが良いのもしれませんね。
私も左利きの人が字を書かれていると、とても感心してしまいますよ。

No title

私の周りにも何人か左利きの人がいます。確かに、子供の頃に矯正させられたという話を、ほぼ全員から聞きます。
左利きの人は右脳をよく刺激するので、創造力があるとか言いますよね。
ただ、努力してきた人は天才にもなりうるけれど、のびのび生きてきた人は普通で幸せなのかも、と最近思うようになりました。
どちらの人生がいいか、は、本人次第なんでしょうね。

No title

こちらはすごい訪問者数ですね。今日、今のところ433名。

ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエアは、ジョン・レノンが「ポールにかなわない」と認めるキッカケになった曲ですね。

ジョンとポールは友人であるとともにライバルで、ビートルズ初期は、ジョンの才能の目立ち具合が、やや上回っていましたが。

この曲で、ある意味、ジョンは負けを認めたのです。ジョンが書きたくて書けなかった曲なんですね。

ビートルズの歴史のターニングポイント、ジョンがポールではないパートナーを求め始めたキッカケになっていると思います。

No title

寛野さん、直すんなら子供の頃にしないと、間に合いませんからね。

逆に野球の野手なんかは松井秀喜選手にしろ、イチロー選手にせよ、右投げ左打ちで、あれはバッターにとって、多数派の右投げ投手は左打者の方が有利だから右利きなのに打つときだけ左に無理やり矯正したのですよね。更にイチロー選手のような足の速い選手は左打席の方が一塁に近いから有利だし。

逆にピッチャーも左利きの方が有利とされているし。

天才は、孤独だし、才能が認められて世に出るのはそのひと握りですから、トータルで見たら、何が幸せか分かりませんね。ガリレオやコペルニクスなんてなまじ天才だったばかりに、あの悲劇ですからね。
人間は他人と人生を替れないから、比較ができないので、本人が納得できる人生が遅れたら最高なんでしょうね。

No title

カヲルさん、訪問者数の増減の要因は今一つ分からないんですよ。

ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエアは本当に名曲ですね。後年、武満 徹さんがギター曲にアレンジしたりしています。
ジョン・レノンとポール・マッカートニーはタイプが違いますからね。だからビートルズは成功したわけだし、それゆえに8年で解散してしまったわけだし。

改めて今聞くと、ジョージ・ハリスンも、リンゴ・スターも凄いですね。ジョージのギターやリンゴのドラムは言うまでもなく、音楽性も凄いし、リンゴののどかな歌声もビートルズのスパイスになっていますね。

ポールにもジョンには適わないと思った良さがあったと思います。

ビートルズは今の音楽シーンでも十分に影響を与えていますね。

No title

もちろん、ポールもジョンにかなわないところが、いくらでもあります。

最近ではジョンの人気が凄く、カリスマになっているので・・。

ポールは時々「いや・・実は、僕も、ビートルズのメンバーだったんだけど」みたいなことを言っていますね。

ジョンにはポールにはない種類の人気があります。

ポールにもジョンには無い種類の人気はありますけれども。

客観的に言って、「絵のうまさ」と「演技力」と「率直さ」ではポールはジョンにはかなわないと思います。

No title

カヲルさん、確かにそうですよね。
ジョンの方が少しとんがっていて、いろいろ機智に飛んだ発言も多いので、インテリ受けすることも多くて、カリスマになっている傾向がありますよね。

私も「おいおい、ちょっと待ってよ、ジョンの良さはそこじゃないでしょ?それにポールも天才でしょ?」って言いたい部分があるんですよ。

メロディーラインの美しさはポールですよね。

昔オノ・ヨーコさんがテレビで、紹介したジョンの自画像は簡単なものだったのですが、凄い才能だと思いましたよ。
映画、A Hard Day's Nightでのジョンは素晴らしかったと思います。
非公開コメント

プロフィール

眼とろん星人

Author:眼とろん星人
FC2ブログへようこそ!

年別アーカイブ一覧

訪問者カウンダ―

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR