FC2ブログ

特集『がんばれ受験生!』 東京大学安田講堂内学生食堂『ピラフセット』は美味しいよ 【ファイルF21】2008.01.18 

【ファイルF21】2008.01.18 特集『がんばれ受験生!』 東京大学安田講堂内学生食堂『ピラフセット』は美味しいよ

昔はこの建物で火炎瓶とか投石とか放水・催涙弾が飛び交っていたなんて信じられないねえ


 今回のお食事の部屋は、趣向を変えて東大の学食です。

 上野動物園横の不忍池(しのばずのいけ)の池之端(いけのはた)旧岩崎家別邸(三菱さんの岩崎さん)脇の無縁坂(むえんざか)をえっちらおっちら登って東大病院を抜けて安田講堂に向かいます。東大病院は東大の裏にあるので、いわば裏口入学です。

 しのぶ忍ばず無縁坂♪かみしめるような~ささや~かな~ぼ~くの母の人生♫

 ってさだまさしさんの歌を思い出して、病院の脇を通るとても悲しい気持ちになります。

 無縁坂の写真

 




 貫禄のある東大病院

 




 三四郎池の脇を通ります。東大の敷地はもともと加賀藩邸だった場所なので、美しい庭園の池です。本来は『育徳園心字池』だったのですが、夏目漱石の小説『三四郎』以降、『三四郎池』と呼ばれています。

 




 安田講堂は傾斜地に建っているので、正面から見た地下が、裏から見たら地上階になっているへんてこな構造です。

 表から見たら、地上1階・2階の大講堂が裏から見た地上3階・4階です。

 裏側の写真を見るとわかりますが、時計台の下は半円柱の建物になっていて、入ると丸いカーブで縁取られた天井のデザインがとてもかっこいいのです。

 裏から見た安田講堂

 




 表から見たおなじみの安田講堂【ジョン・レノンの奥さんだったオノ・ヨーコさんの母方の曽祖父安田善次郎さんが東大に寄付した講堂で国の重要文化財。東京大学建築学科の建築家、内田祥三(のちの総長)が基本設計を行い、弟子の岸田日出刀が担当した。1921年(大正10年)に起工、関東大震災による工事中断を経て1925年(大正14年)7月6日に竣工】

 




 私は裏口から入ったので、裏側の生協の脇から建物に進入します。床が食堂の上をまたぐ陸橋のようになっていて、メニューの見本が並んでいます。
 
 




 美味しそうで、ボリュームがあって、栄養のバランスのよさそうな定食が何種類もあって、迷います。日曜日なのに結構混んでいます。カメラを持った家族連れの姿も見られます。

 




 メニューにはそれぞれLとMとSがあって、受け取る窓口の番号が書いてあります。

 私はピラフセット550円也のMサイズに決めました。③窓口です。

 




 食券の自動販売機でピラフセットのボタンを押したら、切符が出てきます。このへんは普通の学食のシステムですね。

 




 階段で食堂の階に降りて、③窓口の列に並びます。写真左が食券を握り締めたはらぺこの人達の行列です。

 




 学生風の人も教授風の紳士も平等に並びます。
 
 トレイを取って、食券を学食のおばちゃんに渡してピラフセットをもらいます。『サラダとみそしるもついてます』っておばちゃんがトレイに乗っけてくれました。わ~い!

 ナイフとフォークとお箸とお茶を更に取って、空いているテーブルに腰掛けます。

 




 さあ、食べるよお!

 




 味噌汁は熱いのですが、食事は少し冷めています。

 鮭ピラフは細かくほぐれた鮭の身が、ぱらぱらと良く炒めたお米と混ざっていて、コンソメのだしが効いた塩味で美味しいのです。学食でこの味ならとっても良いと思います。

 ケチャップのとんかつも衣がさくっと揚がっていて、肉も程よく脂があって、美味しいねえ。

 鶏唐もかりっとして、肉が柔らかくて、私はこれが一番気に入りました。

 お味噌汁も辛すぎず甘すぎず、いいお味です。

 サラダも野菜がしゃきっとしていて、しなびた野菜サラダという学食のイメージを覆してくれます。

 さすがは、帝都一流大学の食堂です。それにしても、これが550円とはうらやましいねえ!

 食いしん坊の受験生の諸君、がんばってくださいね。
スポンサーサイト



コメント

No title

すごいボリューム!!この550円は安い!学食は入ったことないの。いつも食べてから食後の散歩で来てたからなぁ・・・食べずに来てここで食べればよかったなぁ・・・だけど、これ全部、食べられた??すごいボリュームよ!!

No title

そうそう、紫織庵ね、あさって行くことにしたの。
下見に行ったけど、よかったぁ~
2月の予定を繰り上げたの。あとでトラバさせてね~

No title

安田講堂か~。火炎瓶投げてた人たち、今はどうしてんのかな~?
きっとブルジョアジーの仲間入りやろけど…。

近所に大学あるっていいですね。学食で昼飯食べられるんや!

No title

むにゅさん、このボリュームは若い学生向けの量ですね。Sで普通サイズみたいです。全部食べたら満腹になりました。以前来たときは蓬莱屋でヒレカツを食べるつもりだったので、自販機のコーヒーを飲んだだけだったので、再チャレンジです。その時、天井の写真は撮りたいと思っていましたよ。

No title

むにゅさん、紫織庵にいかれますか。2月の京都は底冷えがするので、正解ですよね。むにゅさんの視線の記事、楽しみ~!

No title

カンチョ先生、東大全共闘は『来るべき70年安保に兵力を温存する』って敵前逃亡して安田講堂に立て籠もったのは、他大学の外人部隊だったみたいですね。いまだに何の総括も反省もしていないのが日本が道を誤った最大の原因ですね。この連中がバブルとその崩壊の元凶ですから本当に迷惑です。ご近所さんはよくご利用されているみたいで、周囲の景色も良いですから、絶好の散歩コースで羨ましい限りですね。

No title

安くておいしそうヾ(>▽<)ゞ食べてみたいな~特に鮭ピラフ!!!

No title

ミユキちゃん、安くて美味しいから、東大生は得だね☆鮭のどんぶりとかお茶漬けとか美味しいからお米に鮭が合うのは当然だけど、鮭ピラフは盲点だったよお!味が良く混ざってエビプラフより美味しいかも☆ぴこりんさんに作ってあげたら喜んでたよお!

No title

私は東京にながく住んでいたのに、東大の中はおろか、その前さえ通った事はありませんでした。東大内の学食は、普通の人が入ってもいいのでしょうか。それとも、眼とろん星人スジャータさんは、東大の卒業生なのかな。とにかく、安くて美味しそうな昼食ですね。

No title

afuro_tomatoさん、東大は、建物自体が文化財ですし、旧加賀藩邸なので赤門とか、三四郎池の名残があって史跡としても楽しめます。学食は、安くて美味しいですよ。普通の人も結構いたような…。

No title

これだけ食べたらおなかいっぱいですね。これはケータイカメラでの撮影ですか?

No title

BTGさん、見本は見たんですけど、やはりMでもボリュームがありました、やっぱり学生さんは若いですね。これはデジタル一眼レフの広角で移しました。けっこう普通のカメラを持った人が多かったですよ。

No title

東大の合格発表は3月10日ですね。
今年はどんな人材が、この食事を食べられるようになるんでしょうね。
ここで食べる皆さんは、日本の将来を担う人材になる可能性が高いわけで、将来を任せることのできる人材に育ってもらいたいなあ。

No title

ZENさん毎年この季節がやってきて、受験生の人は大変ですね。若い人にはいろいろ勉強して、好きなものを見つけて欲しいですね。
非公開コメント

プロフィール

眼とろん星人

Author:眼とろん星人
FC2ブログへようこそ!

年別アーカイブ一覧

訪問者カウンダ―

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR