FC2ブログ

去年の夏の沖縄旅行だよ。その25 金城町石畳道 【ファイルT70】2009.02.13 

【ファイルT70】2009.02.13 去年の夏の沖縄旅行だよ。その25 金城町石畳道

とっても綺麗な坂道だよ。

 金城町石畳道は、首里城から南西へ続く、琉球石灰岩で舗装された道です。

 尚真王(1477~1526)の時代に、首里から那覇港や沖縄本島南部へ通じる主要道路としてつくられた「真珠道(まだまみち)」の一部で、当時は22kmもあったといいます。

 そのうち、かろうじて戦火をまぬがれた約300mの石畳が当時の面影をとどめていて日本の道百選にも選ばれているとのことです。

 琉球王朝時代、冊封使はここを通って首里城に向かったそうです。

 NHK「ちゅらさん」に出てくる、那覇の古波蔵家はこの辺りだそうです。といっても、私は「ちゅらさん」観たこと無いけど・・・。

 結構急な坂道なので、登るより下る方が当然楽です。





 綺麗なお家の横を通ります。













 沖縄市の景観賞の看板が塀にかかっていました。道理で綺麗なはずです。

 石塀と組み合わさって、とても良い雰囲気です。





 石敢當(いしがんどう、いしがんとう、せっかんとう)って書かれた魔よけの石碑がT字路や三叉路に建っています。





 沖縄では、市中を魔物(マジムン)が徘徊していると信じられているそうです。

 その魔物は、直進する性質を持っていて、T字路や三叉路などの突き当たりにぶつかると向かいの家に入ってきてしまうため、「石敢當」を建てて、魔物の侵入を防ぐんだって。

 直進して曲がれないなんて、魔物さんはローラースケートでも履いているのかな?

 魔物は石敢當に当たると砕け散ると言われているそうです。少し情けないねえ。

 石敢當は大陸起源の風習で、福建省が発祥とされていて泰山の頂上にも石敢當が建っているそうです。似たような魔よけは台湾・シンガポール等の地域でも見ることができるらしいよ。

 沖縄本島を中心に、周辺諸島に数多く分布しているそうです。

 また、薩南諸島・奄美群島を含め、鹿児島県でも多くみられます。

 沖縄県では「いしがんどう」、「いしがんとう」と呼ばれ、鹿児島県では「せっかんとう」と呼ばれるそうです。

 日本では沖縄県、鹿児島県以外の地域にもあることはあるらしいのですが、数は少ないんだって。

 緑が石の隙間から顔をのぞかせています。





 












 坂を下ったら、登るのが大変なので、そのまま通りがかったタクシーを拾いました。

 沖縄らしい風景が楽しめて、よかったねえ。
スポンサーサイト



コメント

No title

長い石畳綺麗です~。
石の間緑が生えてますね~。壁も片側緑が沢山です。
日向と日蔭の差でしょうか?
これ徒歩だとしんどいですね~。
魔物はローラスケートか、スノボーでしょうか^^
綺麗な景色ありがとぅございます~^^ポチ☆

No title

もねもね☆さん、早々のコメントありがとうございます。
ここは本当に綺麗でしたよ。首里城と比べて、観光客がめっきり少ないので、写真も撮りやすいし、風情も感じることができました。
ご指摘いただいて、気付いたのですが、やはり東側の方が緑が繁茂しているようです。ガイドブックも、降りていって、タクシー利用を勧めていましたよ。
曲れない魔物は何をやってるんでしょうね。慌てものですね。
沖縄らしくて綺麗な景色、とても気に入りました。ポチありがとうございます。

No title

そうなんだ・・・そういうような話、どこかでも聞いている記憶があるんだけどどこだったんだろう??思い出せないんだけど・・・

No title

私も歩いてみたいな(ノ´▽`)ノ沖縄は行ったことないな~

No title

むにゅさん、石敢當っていう名前は他所で聞いたことはないんですけど、良く考えたら、石敢當って道祖神(どうそじん、どうそしん)のことですね。道陸神、賽の神、障の神、幸の神(さいのかみ、さえのかみ)、タムケノカミ、仁王さん(におうさん)と呼ばれる神様も同系統のお守りなんでしょうね。道というのは異界に通じていて、魔物が通るという話はアジアで広く流布されているんでしょうね。

No title

みゆきちゃん、沖縄は暑いよ!でも綺麗なところが多いから、とっても素敵でした。スジャータ、みゆきちゃんと一緒に沖縄の道をお散歩したいな~。

No title

うん、確かヨーロッパでも十字路がどうのっていうの、かなり昔、本で読んだんだけど何の本だったか覚えてないのよ・・・

No title

記事で見つつも眠くてそのまま。今までコメントするの忘れてました。
布団の中でめとろんさんの記事を何となく思い出し…。
そういえば石敢當って道祖神と一緒っぽいとか、辻には物の怪がでやすいとか何かの本で書いてたなぁって、寝ながら考えてました(^^;)
日差しがまばゆいだけに、影も濃いですね。陰のところはとても涼しそうです。

No title

むにゅさん、一橋大学名誉教授の故阿部 謹也さんなんかそういう研究をなさってそうですね。西洋も道は異界に通じますからね。

No title

みゆりんさん。私もお友達のブログの訪問は遅くなることが多くて、次の日ということがよくあります。物の怪のことを考えながら寝ると、夢に出てきそうですね。道にはいろんな物が出るので、四国のお遍路さんは弘法大師と歩くんでしょうね。
そうなんです。良い天気の沖縄は、陰影がきつ過ぎて、明るいところは飛ぶし、暗いところは潰れるから、写真には余り向いてません。レタッチで、影を少し明るくしてもこんな感じです。影は確かに涼しいのですが、湿気も多いので、汗が出てきますよ。
非公開コメント

プロフィール

眼とろん星人

Author:眼とろん星人
FC2ブログへようこそ!

年別アーカイブ一覧

訪問者カウンダ―

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR